ScreenKiss Vol.039

1999年 8月 26日 配信
ScreenKiss Vol.039

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.039

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆------------------------☆<   □Iris' detections:朝生 賀子   □銀座テアトル西友 >☆------------------------☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆Iris’ detections「朝生 賀子」☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 新コーナー「Iris' detections」  ScreenKiss って言うミーハーな名前の割には、結構マイナーな作品やくどい記  事をターゲットにしている我々ですが、映画を紹介する以外にも新進映画監督や  作品を世に広めようと言う目的もあるのです。  とは言っても、有名な作品や監督を紹介するのよりも大変だと言うことはご存じ  だろうか?たとえば、有名であれば事務所や連絡先がはっきりしているし、もし  マクドナルドで会ったとしても、勇気があれば声をかける事が出来る。  しかし無名の人間というのに知り合うのは、結構難しい。もしかしたら電車の隣  に座っている人間は映画監督をしているかも知れないが、どんな作品を作ってい  るかとか分からない。調べることも大変だ。過去の作品がビデオで簡単に見れる  ことはないだろうし、経歴なども調べることは難しいだろう。  実際横浜フランス映画祭では、ごく有名な人物を除き、誰が監督なのか?どんな  作品出来ているのか?分からない。サインをもらっても、これが誰のサインか後  で迷うことになる。「あなたは、誰だか知らないのですが、取りあえずインタビ  ューさせてもらえますか?」と言うのでは、いくら何でも失礼だろう。少なくて  も日本に来ているわけだから、本国ではそこそこの知名度があるに違いない。  こんな訳で、まだ無名の作家を取り上げるのは、なかなか困難なのである。そう  とは言えども、Iris' detectionsでは、まだ日の目を見ない、もしかしたら有名  になるかも知れない、映画人・作品を紹介していく予定だ。何しろ、インタビュ  ー対象の作品や経歴など全く知らないで、話してくることがほとんどであろうし、  だからといって辛辣さが無くなることは無いだろう。「ぴあ」などの記事などを  読んでいるときのように作家や作品を判断しないで頂きたい。  さて、第一回は新進映画監督の「朝生 賀子」を紹介しよう。  大阪出身で大阪写真専門学校(現在はビジュアルアーツ専門学校・大阪)を卒業  している。在学中に制作したものも含め7作目に当たる作品「キミタチニアイタ  イ」を9月に上映を行う予定だ。  この作品は、本人にとって初めて劇場で観客に見せる事を目的として制作したも  ので、今までの作品は学校の課題であったり先生などへ評価してもらうためのも  のであった事らしい。  監督以外にも、助手や製作サイドの色々な仕事をしているようで、たとえば「ガ  メラ2」の制作進行・企画VTRの助監督なども行っている。  彼女自身は色々な協力を自然受けることが出来、比較的スムーズに事が進んでい  ると言う印象を受けた。特に積極的に色々なところへのアピールをすることは少  なく、多くの方々から依頼をされたり上映なども好意的に受け入れられた様だ。  それだけに才能があるのかも知れない。  現在は静岡県浜松市にすんでいるのだが、これも非常に興味深い話だった。  僕自身映画監督にあこがれていた時期があり、在米中に何人かの映画監督に出会  った事があった。その時にやっぱり問題になることは、制作の費用である。  もし一本の作品を作るとすれば、最低2000万は必要だと言われたことがある  が、これだけのお金を個人で用意することは難しい。特に駆け出しの作家にとっ  ては、殆ど個人で用意する以外にないと思われる。  しかし彼女はスタッフを全てボランティアで揃え、制作費は殆どフィルム代程度  ですみ、普通かかる費用の10分の1程度ですんだ様だ。  当然26才の人間がいくら低額で作成できたとしても、経済的には苦しくなるこ  とはある。その時に手を差し伸べてくれたのは、浜松にあるシネマ・バリエテと  言う存在だ。  このシネマ・バリエテとは「ムーブメント」と言われる存在なのだが、20年も  続いているのは、この浜松のシネマ・バリエテぐらいだそうだ。  今回の作品は東京で撮影されたのだが、その終了後大阪で編集を終え、現在浜松  に住んでいるのは、このシネマ・バリエテとの関係からだ。  日本では映画業界は斜陽と言っても悪くないのだが、政府が映画業界に強力にサ  ポートしているフランスでは、有名な俳優がまだ名もない監督の作品に出演して  くれることもある。果たして日本ではどうなのだろうか?  彼女によれば、日本でもその様なことはあるというのだ。実際彼女の作品でもガ  メラシリーズ全作品に出演している蛍雪次郎などもノーギャラで出演してもらっ  ていると言う。日本でもしっかり話せば理解してくれる人間は多くいるのだと言  うことを感じた。  彼女は自分で「映画作家」と言うのだが、それはイメージや実験的な映像を扱う  映像作家とは違うという事を話していた。ストーリーがあり登場人物がある作品  を作っていきたいというのだ。  今までの作品もタイトルや紹介文を見る限りでは青春とか恋愛映画である。雰囲  気的に彼女はZARDが好きだと見たがどうであろう。  最後に9月2日、3日に浜松東宝劇場で公開する「キミタチニアイタイ」を少々  紹介しよう。まだこの作品は見ていないので、パンフレットに書いてあるストー  リーのみを簡単に……  ケーキ屋さんでアルバイトを始めたトミオは、二人の女の子に引かれながらも出  会う事さえ出来ないでいる。全てが曖昧な「イマドキ」の、希薄な関係や痛み、  ゆがみをみつめる-たぶん「青春エイガ」。  なお、この作品は浜松を皮切りに全国で公開していく予定だそうだ。  ScreenKissでは、まだ駆け出しの映画人を積極的に応援していきたいと思ってい  ます。もし我こそはと思われる方、是非編集部までご一報を! __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆銀座テアトル西友☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  9月1日(水)より以下の作品をレイト並びに関連オールナイト上映する予定。  併せて、企画に当たった銀座テアトル西友の岩崎さんにお話を伺って来ました。 ?レイトショー:9月1日(水)~10月8日(金)         毎日 21:20~(終映23:00) <耳より情報 1>  特別鑑賞券(1500円)を劇場窓口で購入するとオリジナルポストカードをプ  レゼント! 『ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻』(‘98年香港/94分)  製作:ジャッキー・チェン  監督:ジングル・マ  出演: イーキン・チェン、チャン・シウチョン、ケリー・チャン  ストーリー   CIAが極秘に開発中のV.R.(仮想現実戦闘システム)は短期間でのスパイ養成が   可能だ。このシステム開発に当たっているのが、タンゴ(イーキン・チェン)、   C.S.(チャン・シウチョン)、そしてブルー(ケリー・チャン)の3人。   だが、このシステムを狙った凶悪な国際テロリストに、ブルーが誘拐されてし   まう。そこで、彼女の奪還の為自ら実験台となる二人だが、無事ブルーを救出   したものの、 V.R.による幻覚の副作用が起こり・・・。   一方、 V.Rのデータを利用したテロリスト達は、人類暴動化を実行に移そうと   活動を開始していた・・・。  コメント   監督は『ラブソング』の撮影等を手掛け、今作品がデビューとなるジングル・   マ。   V.R.のプログラマー役には、香港の人気俳優3人を配し、アクションあり、ラ   ブストーリーあり、の大盤振る舞い。1作で数度おいしい、を狙った、香港映   画ファンならずとも楽しめる娯楽作品。  (参考)   http://movie.kingnet.com.tw/channelk/hotwar/   http://www.cinemabox.com/filmarc/vertual-shadow.html ?『ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻』公開記念オールナイト  *以下のプログラムは連日23:25開場 23:40開映 3本¥2500  (但し、『ヴァーチャル・シャドー』特別鑑賞券利用時は差額¥1000)  *チケット販売:当日券22:30~(当日券のみ)  (注意)オールナイト開映後は終映まで入退場不可。      特別興業の為、招待券、株主券、各種割引は使用不可。      駐車場はありません。 1)イーキン・ナイト:9月4日(土)- イーキン・チェン出演作3本一挙上映!  <耳より情報 2>   入場者には抽籤でイーキン・チェングッズが当たる!   日本未発売の写真集、オリジナルポスター、ポストカードにイーキンのサイン   付き!・・・ファンには垂涎ものでしょう。   23:40~ 『ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻』    1:35~ 『欲望の街・古惑仔1/胴鑼湾の疾風』・・1    3:30~ 『欲望の街・古惑仔2/台湾立志伝』・・・2(5:05終映予定) 2)小春(チャン・シウチョン)ナイト:9月11日(土)   陳小春(チャン・シウチョン)出演作3本一挙上映!   23:40~ 『ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻』    1:35~ 『ダウンタウン・シャドー』・・・・・・・3    3:30~ 『君さえいれば/金枝玉葉』・・・・・・・4(5:11終映予定) 3)ケリー・チャン・ナイト:9月18日(土)   ケリー・チャン出演作3本一挙上映!   23:40~ 『ヴァーチャル・シャドー 幻影特攻』    1:35~ 『アンナ・マデリーナ』・・・・・・・・・5    3:30~ 『世界の涯てに』・・・・・・・・・・・・6(5:21終映予定) ?オールナイト上映作品ミニガイド  1『欲望の街・古惑仔1/胴鑼湾の疾風』   アンドリュー・ラウ監督/'96年香港     ナン(イーキン・チェン)、サンカイ(小春)ら幼馴染みの5人は暴力団、洪   興社の使い走り。組の抗争に巻きこまれた末、組内部の裏切り行為に遭って1   度は足を洗ったナンだが、執拗な嫌がらせについに怒り爆発。丁度、台湾から   ヤクザとして一旗挙げたサンカイが戻ってきて・・・。   2『欲望の街・古惑仔2/台湾立志伝』   アンドリュー・ラウ監督/'96年香港     『欲望の街・古惑仔1/胴鑼湾の疾風』の中で台湾に渡っていたサンカイ(小   春)。彼はこの時、当地の暴力団、三連会組長ライの下で信用を得ていた。が、   彼の帰国後、ライが洪興社にマカオ進出の後押しを依頼し、洪興社が断わった   事から板挟みに追い込まれる。そんな折、ライの愛人の策略で、ライ殺害の犯   人に仕立て上げられたサンカイとナン(イーキン・チェン)は・・・。   *古惑仔(こわくちゃい=チンピラヤクザ)を主人公にした人気漫画の映画化。   早いテンポで作製されている好評のシリーズで、香港で大ヒット。  3『ダウンタウン・シャドー』   テディ・チャン監督/'97年香港   ジャッカル(金城武)とキャッシュ(小春)は、世界を股にかけた企業スパイ。   ヨーロッパでの仕事の帰り、香港公安局情報部に逮捕される。釈放の条件は、   英国情報部の保管する偽ポンドの奪還だが・・・   *昨年銀座テアトル西友で公開した作品。金城版ミッションインポッシブル。  4『君さえいれば/金枝玉葉』   ピーター・チャン監督/'94年香港   音楽プロデューサー、サム(レスリー・チャン)が企画した男性歌手オーディ   ションに、サムの恋人で、歌手のローズ(カリーナ・ラウ)逢いたさに男装し   て応募してしまったウィン(アニタ・ユン)。合格したウィンと3人の生活の   中で、正体を知らないながら、何故かウィンに惹かれるサム。そんな関係を心   配したウィンの幼馴染みのユーロウ(小春)は、女の子に戻ってサムに逢うよ   う勧めるが・・・   *バックに流れるディック・リーのバラードも印象的な、ちょっとおかしな、    ラブストーリー。ユーロウがウィンに「男らしさ」を教えるところは、最近    公開した『イン・アンド・アウト』の中でゲイ疑惑を払拭しようと、マッチ    ョマン講座を聞くケビン・クラインのようで、笑える。  5『アンナ・マデリーナ』   ハイ・チョンマン監督/'98年香港   ピアノ調律師、ガーフ(金城武)の仕事先で出会った自称小説家のモッヤン(   アーロン・クォック)。ガーフの家に居候を決めたところ、階上にマンイー(   ケリー・チャン)が越してきて毎日のように下手なバッハのメヌエットを弾い   ている。   3人の関わりの中、マンイーの元へ落ち着いたモッヤンだが、とうとう口に出   来なかったマンイーへの想いを小説に託すガーフ。そして・・・。   *タイトルはバッハの妻の名前。アンナに寄せたラブソングだ。劇中でも何度    も効果的に使用されている。(嫌でもこのメヌエットの旋律が数日、頭を占    領しますよ)    主題歌の「残された炎」(日本語)と、同曲の広東語ヴァージョン「厳重・    重苦しい恋」はケリー・チャンが歌っている。    監督は先の『金枝玉葉』の美術監督で、今回の『ヴァーチャル・シャドー』    でも美術を担当。アニタ・ユン、レスリー・チャンの『金枝玉葉』コンビが    ちらっと出てるのもご愛嬌。  6『世界の涯てに』   リー・チーガイ監督/'96年香港   行方不明の妻を探す男(小春)や、近所の子供がたむろす事務所で、探し物屋   を営むチュン(金城武)。彼は街で出会った大会社の令嬢ケリー(ケリー・チ   ャン)から、テッド(マイケル・ウォン)という男性の捜索を依頼される。   実はケリーは余命いくばくもない身体。捜し出したテッドはスコットランドの   ホテルを継いでおり、近くには“世界の果て”と呼ばれる死者の魂が集う場所   があった。   テッドを求めてこの地迄やって来たケリーだったが、本当に自分が探していた   のは、彼女を心配して追ってきたチュンだった事に気付き・・・。   *ケリー・チャンはこの作品の主題歌「風と花と雪と」も日本語で歌っている。    それにしても、逃げた女房の置き土産の赤ん坊をいつも背負っている、情け    ない小春や、お人よしでどうにも憎めない金城君を見てるだけでも、心が暖    まるような小品。    スコットランドのロケーションも素晴らしい。 ?出演者の主なフィルモグラフィー(上記以外)  <イーキン・チェン> Ekin Cheng   『男たちの挽歌4』('94)『キング・オブ・ギャンブラー』('94)  <チャン・シウチョン> Jordan Chan   『晩9朝5』 ('94)『Kitchen』('97)     <ケリー・チャン> Kelly Chen   主な作品は今回公開のものだが、日本では、宇多田ヒカルのカバーや、CM等   で有名。CDも発売されているので興味ある方は是非聞いてみて。 ?テアトル西友 岩崎さんから  情報を連絡してくださった、岩崎氏は今回のレイトショー、オールナイトの企画  に携われました。その辺りを中心にお話を伺って来ました。 > ScreenKiss >>
 今回の企画はどのようにして決めましたか?

>> 岩崎 >>>>
 「配給のキングレコードさんからお話がありました。なるべく早めに公開したい
 というお話でしたので、8月には公開したかったのですが、同時期にモーニングシ
 ョー(『それいけ!アンパンマン』の上映があり、時間が取れなかった関係で、
 1ヶ月遅くなってしまいました。

 「昼間の番組だと、本社サイドで作品の上映が決まってしまうのですが、レイト
 ショー等は各館独自で決める事が出来ます。

 今回は9月1日が丁度水曜日だった事もあって(水曜はテアトル系は1000円で鑑
 賞出来る)景気づける為にも良いかと思い、この日からの開始にしました」

> ScreenKiss >>
 レイトショーの特徴等はありますか?

>> 岩崎 >>>>
 「銀座独自のカラー、というのはまだありませんが、最近ですと『クジラの跳躍
 』や、『Kino』(10月9日・土より再上映)、また今度上映を予定しているグ
 レン・グールドのドキュメンタリーフィルム(11月頃予定)など、やはり昼間の
 プログラムとは毛色の違った夜向けの作品が中心になっています。銀座という立
 地もあるので、大人向けのアダルトな感じの作品を並べられれば、と思っていま
 す。」

> ScreenKiss >>
 今までのレイトショーではどんな作品に人気がありましたか?

>> 岩崎 >>>>
 「最近では、『ダウンタウン・シャドー』、『クジラの跳躍』、『Kino』がヒッ
 ト作です。特に後の2本では、初日に舞台挨拶があった事もあり、札止めになり
 ました。あとは上映最終日も混みますね。」

> ScreenKiss >>
 オールナイトではどうですか?

>> 岩崎 >>>>
 「オールナイトは数自体少ないのですが、『ボンベイ』上映時のインド映画オー
 ルナイト、『ウイズ・ユー』上映時のケビン・ベーコンオールナイトが、それぞ
 れ満席になっています。」

 オールナイトは大体20~30代が多く、今回のようなラインナップでは、女性
 の来場者が多いのでは、との事でした。

 今後、先述の11月予定のレイトショー、グレン・グールドのドキュメンタリー
 フィルムに合わせて何か音楽関係の作品での企画も考えてみたい、と仰っていま
 した。

> ScreenKiss >>
 最後にメールマガジンを購読してる方へ何かメッセージはありますか?

>> 岩崎 >>>>
 「オールナイトは混雑しますが、レイトショーでの新作1本だけでも面白いです。」

?今回、上映の合間を縫って答えて下さった、岩崎氏はてきぱきとした話し方で、
 爽やかな印象の方でした。30分程の予定が、気が付くと1時間になっていました。

 ご本人は映画が大好きで、また、いわゆる”ふつーの”サラリーマンは時間的に
 向かないと思ってこの世界に就職を決めたそうですが、現在、早番は朝8:30~と
 「ふつーの」会社勤務よりも早く、「失敗した!」としきり。

 「好きな事を仕事にすると辛いとこもありますね」との事。

 ちなみに彼の好きな映画ベスト3は『レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメ
 リカ』、『ワイルド・アット・ハート』、『トゥルー・ロマンス』だそうです。

 う~ん、結構渋い趣味。

 岩崎氏への質問があればScreenKissまで送ってください。テアトル西友に行けば
 ご本人にも会えますが、ね。

?劇場最新情報を御覧になりたい方は以下のメールマガジンに登録してください。

 銀座テアトル西友のメールマガジンが登録出来るURL
 http://www.cinemabox.com/contents/th guide/index ginza.html

?今回、このスケジュールの紹介の為に香港映画を必死に思い出しました。こうや
 って並べてみると面白いラインナップ。9月も初頭はまだまだ暑いかも。そんな
 時、涼みがてら、夜の香港映画三昧もおつなものでしょう。時間の許す方、是非
 会場へ足を運んでみては如何?

 テレコを忘れ、メモも一部紛失し、1度岩崎氏には原稿チェックをして頂きまし
 た。そのリスポンスの早い事!いささか自信のなかったオールナイトの作品の資
 料も御用意くださって、とても助かりました。この場をお借りして御礼申し上げ
 ます。

                                鳥野 韻子

__________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____
                                    □

┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃F┃登録・解除・お問い合わせなどについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出
  来ます。こちらでの作業は一切しておりません。

  まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)
  マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/
          mail_backnum?freemail_id=412)
  フライヤー  (http://flier.jcss.net/itiran/00000095.html)
  メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008
  ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007
  ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)
  Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)

◇◇サービス______________________________◇

  ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。
  http://www.ScreenKiss.com/

  Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。
  http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585

◇◇広告募集______________________________◇

  ScreenKissでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]

◇◇協力・提携_____________________________◇

  AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/)
  Le Petit Bouquet日本語版(http://www.metamondes.com/PetitBouquet/)

◇◇お問い合わせ____________________________◇

  色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお
  願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。
  mailto:[email protected]

◇◇スタッフ______________________________◇

  【編集長】      【記事執筆】      【編集】
   中津川 昌弘     鳥野 韻子       岡田 美保里
              立野 浩超
              山下 裕

◇◇ScreenKissについて_________________________◇

  映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・
  論評するメールマガジンです。

  Copyrights(C), 1998-1999 ScreenKiss
 掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。

┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク