ScreenKiss Vol.046

バックナンバー

1999年 9月 19日 配信
ScreenKiss Vol.046

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.046

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆------------------------☆<   □フォールームス   □上海ルージュ   □ラスト・アクション・ヒーロー   □バダック・砂漠の少年   □マンハッタン殺人ミステリー   □「日本映画名作鑑賞会」とプレゼントのお知らせ >☆------------------------☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆フォールームス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ★★★★  9/21(火) 深夜1:50~フジテレビ  タランティーノ、ロバート・ロドリゲスなど今をときめく4人の監督のオムニバス  作品。  見所はティム・ロス(大好き!)の軽妙な身のこなしと、バンデラスの濃ゆ~い  演技。  バンデラスというと,つい男前系の役を想像しがちですが、この映画のような濃す  ぎるよ~って役をもっと演ってもらいたい。ちょっとサリーちゃんのパパに似て  ると思うのは私だけか?!  あと、あの「フラッシュ・ダンス」のジェニファー・ビールスがアブナイ役で出  演しているのも笑える。ヘンタイ夫に椅子に縛り付けられるような役をやろうと  は当時誰が想像しただろう・・・  作品全体の出来としては監督個人の差もありそんなに良いとは思いませんが、四  星なのは個人的なタランティーノへの思い入れから。ラウンジ風音楽のサントラ  もオススメです。                                 MS. QT MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆上海ルージュ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ★★★★★  9/24(金)深夜1:00~NHK総合  1930年代、上海を舞台にマフィアの愛人をめぐる切ない物語を愛人の付き人と  なった  少年の目を通して描く。アカデミー賞にもノミネートされた撮影の美しさが見所。  ふだん可愛らしい印象の主演のコン・リー(ラーメンのCMでもお馴染み)がこ  こでは気性が激しいながらも本当は一人の恋する女である愛人の役を見事に演じ  ている。  まさに彼女の演技の見事さに魅せられる一本だ。また一人の少年の目を通して描  いたことで、暗黒街に生きる男女達の非情さ、哀しさなどをよりいっそう引き立  てており  文句のない演出。中国映画初心者でも解り易く、観やすい作品である。私自身大  のお気に入りの作品で劇場公開時に2回映画館で観てしまった。                                 MS. QT MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆ラスト・アクション・ヒーロー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ★★★★ 9/25(土)午後9:00~フジテレビ  映画だけが友達の少年が、ふとしたことから映画の中に迷い込み、憧れのヒー  ロー(シュワちゃん)と共に冒険を繰り広げて行く、というまさに映画ファンの  ための映画。  映画の中が舞台なだけに、ゲスト出演も豪華。また映画のパロディ的な要素も  多々みられ、映画オタクな私やあなたにとってはそれを見つけるのも楽しみの一  つになることでしょう。やはりハリウッド映画は夢がなくっちゃ!と思わせる一  本。  ちなみに余談ですがこの映画でシュワの娘を演じたブリジット・ウィルソンとい  う女優さん、アメリカ娘!って感じでなかなか可愛かったのに、その後B級映画  でしかお目にかかっていない。極めつけは松田聖子のハリウッド進出作「サロ  ゲート・マザー」。  とほほ…                                 MS. QT MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆バダック・砂漠の少年☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  キネカ大森のイラン映画特集より  ストーリーの評価:★★★  総合点 :★★  この映画は、『運動靴と赤い金魚』のマジッド・マジディ監督が92年に撮った  映画。面白味はあるが、多少編集の強引さが気になる。7年前で且つ、イランで  作られた映画と考えると十分大作だから、アジア・インド映画に興味がある人は  ついでに見る事をお勧めしたいが、公開が終了後はビデオもないだろうから、お  目にかかることが難しいだろう。  イラン映画というよりも、インド・パキスタン系の味が混ざっているストーリ展  開で、いままで日本で見られてきたイラン映画の系統からは離れている点にも興  味がもてる。  イランの日常的な風景はテレビや旅行のガイドブックなどでもなかなか知る機会  がなく、特にテヘラン以外の田舎町の映像は目にすることが少ない。また、経済  制裁を受けている国や、貧困国に旅行をする人も少ないだろうから、何を着て、  何を食べて、どんな町の雰囲気なのかといったことを知る事もむずかしい。イラ  ン映画を見るとほんの一部であれそれを目にすることができる。  この映画の中では、悪玉の親分が子供達を使って国境線にはられた有刺鉄線の隙  間から密輸取り引き(貿易tいってもよかろう)をしている。イランという国は、  貿易が制限されているため現在でも外国製品を輸入したり、持ち込んだりするこ  とが難しい。しかし実際は多くの製品、それこそコーラから、布地までが手に入  る。ごく普通に商店で売られている。ただし、輸入をする事はまだまだ難しく、  そこでこうした密輸が影では頻繁に行われているのが実情だ。その一例を垣間見  れるわけだ。  また、労働力の為の人身売買、少女を買っていくサウジアラビア人、走っている  バイクや、ピックアップトラック、衣装など一つ一つがドキュメンタリーのよう  にリアルだ。そんな問題行為を主体に、少年達が相変わらず頑張っている姿は最  後まで印象的で、飽きがこない。  今年のモントリオール映画祭ではマジディ監督の作品『カラー・オブ・ゴッド』  が、97年の『運動靴を赤い金魚』以来の2度目のグランプリをとった。これは  世界的なブームといってもいいのではなかろうか。引き続きイラン映画に関して  ScreenKiss上でもお届けする機会が増えるだろう。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆マンハッタン殺人ミステリー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ キネカ大森のウッディ・アレン特集より マンハッタン殺人ミステリー (私は、冷静にアレンの作品に★をつけることができない。) とにかく映画館でアレンの過去の作品を見直す、いい機会がやってきた。キネカ大森だ けでなく、常に映画館のアンケートでは「アレンの特集を!」と書いてきたのが効果 あったというわけではないだろうが、最近の作品をメインに10本再上映。 隣人が心臓発作でなくなった。それに疑問を感じた夫婦が始めた探偵ごっこが思わぬ展 開に…というストーリは良くできている。コメディーファンだけでなく、ミステリー ファンでも楽しめるのではないだろうか。 尚、撮影(カルロ・ディ・パルマ)を始め、美術(サント・ロクアスト)、衣装(ジェ フリー・カーランド)、編集(スーザン・モース)など、アレン映画に欠かせないス タッフがそろっており、毎回見事な作品を生み出す連中に拍手喝采。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆6☆「日本映画名作鑑賞会」とプレゼントのお知らせ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ここ数年秋に文化庁の主催で開催されている「日本映画名作鑑賞会」が、今年も  11月2日(火)~20日(土)に京橋の東京国立フィルムセンターで開催されます。  会期中は、古今の37作品の上映に加え、今年は新藤兼人監督の講演や、トーク  ショーも予定されています。  毎年大好評のこの企画は、入場無料の上に各回150席と限定されている為、入場は  原則的に葉書応募者からの抽選のみとなります。  そこで、今年は日本映画製作者協会からのご厚意により、「ScreenKiss」の読者  の方から、各日10名様を特別にご優待して頂ける事になりました。  何と合計150名様を優先的にご招待。この機会に日頃見慣れない作品、また見損ね  た、もう1度見たい作品に是非チャレンジしてください。  【チケットプレゼント応募要項】  ■官製(普通)葉書に以下につき明記の上、お申し込みください。   1)郵便番号   2)住所   3)氏名(フリガナ)   4)年齢   5)職業   6)E-mail address   7)ご希望の日(1枚につき1日)   8)好きな邦画   9)好きな監督(邦画に限定)   10)ScreenKissへのご意見、ご要望等  ■応募締切 :10月1日(当日消印有効)  ■応募者多数の場合は抽選になります   当選者の発表は10月25日までに招待状の発送をもってかえさせて頂きます。   当選者には「1日フリーパス」が送られます。  ■お申し込み   〒107-0052 東京都港区赤坂5-4-16シナリオ会館6F   (協)日本映画製作者協会 芸術祭係(ScreenKiss)    ■お問い合わせ    作品に関して:03 (3582) 2654 (協)日本映画製作者協会   その他   :03 (3544) 5115 芸術祭 '99事務局   何れも土曜、日曜、祭日を除く11:00~16:00 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃F┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/)   Le Petit Bouquet日本語版(http://www.metamondes.com/PetitBouquet/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】    中津川 昌弘     鳥野 韻子               立野 浩超               山下 裕               MS. QT MAI ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-1999 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼