ScreenKiss Vol.050

バックナンバー

1999年 10月 7日 配信
ScreenKiss Vol.050

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.050

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆------------------------☆<   □デザート   □マトリックス   □マトリックス   □ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ   □ノッティングヒルの恋人 >☆------------------------☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆desserts デザート☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛   ジェフ・スターク監督   ユアン・マクレガー主演   99年ベルリン映画祭・短編映画部門・銀熊賞作品   ビスタサイズ・カラー・4分間の短編  「リトル・ボイス」の初日・翌日の各日初回、先着300名に配布されたビデオに  て。  ストーリー  (お目にかかる機会がないと思われるため、完全に解説します。)  ユアン・マクレガーが波打ちぎわの砂浜を口ずさみながら歩いている。画面は、  青空と砂浜が上下半分に別れている。  そこにふと、エクレアが押しているのを見つけた。音楽は鼓動を表すかのような  曲。臭いをかぎ、生クリームをなめてみるとどうやら新鮮でうまそう。  ついつい、ばくっとかぶりつくと突然砂浜にロープが現れる。そして、そのエク  レアに隠れていた釣り針がユアンの頬を突き破る。  そのままロープに引かれてユアンはもがきつつも波の中に消えていく。釣られて  しまったのだ。  最後に、彼の足跡は波に打ち消されてしまう。  感想  人が釣られてしまうという皮肉がおもしろい。セリフはなく、最後にユアンの叫  び声だけが響き渡る。  ユアンの表情は多少大袈裟だが、短編でこういった一発芸的な話には効果的に印  象を高める。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆マトリックス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  マトリックスとは何か?  matrix  1.母体、基盤 2.母型 3.[電]マトリックス、行列 4.[電算]マトリックス  (入力導線と出力導線の回路網)                         <リーダーズ英和辞典>より  こんな意味である。  予告編は何回見ただろうか。でも・・・ついに、「マトリックス」を観る時が来  た。そして、何かが分かる時が来た・・・  ・・・素直に面白い。何よりもカッコイイ。かといって、ハリウッドの近未来映  画によく見られがちな、空虚な単純さはない(・・・ストーリーが少々ややこし  い、深いというのか)。とても広がりのある世界を体感する。  さらにアクションは、CGやワイヤースタントなどを織り交ぜながら、ストレー  ト、スピーディー、そして強烈なインパクト。そして何でか、カンフーや柔術が  出てきて、しまいには、アクロバットや空を飛ぶ始末。  ・・・何でもあり。  映像に関しては、一つ一つのショットがきまっていて、とても絵になる。CGの  使い方も効果的で、映画にうまく溶け込んでいる(現実の世界であるネブカドネ  ザルはどことなく「エイリアン」的では)。そして、アクションシーンの編集に  ついても、実に上手い。  ・・・目を奪われる。  個人的に特に印象に残るシーンは、何といってもビルでの銃撃戦。とにかく撃っ  て撃って撃ちまくり、さらにはスローモーションの乱れ撃ち。側転しながらマシ  ンガンを撃ちまくるショットには、思わずイッツクール。ここでは、もはやサム  ・ペキンパーやジョン・ウーもかすんでしまう。  ・・・圧倒される。  役者に関して言えば、特にキャリー・アン・モスがすばらしい存在感。スタイル  が良いので、黒ずくめのコスチュームも良く似合い、アクションについても、動  きが美しく、様になっている。もちろん、キアヌは言うまでもなく。  ・・・文句なし。  で、・・・マトリックスとは何か?  映像的な部分でのマトリックスについては、実は・・・、すでに映画を観る前に  大部分は分かっていた・・・。  要するに、私にとっての目新しい印象深い映像は、もう予告編でかなり見てしま  っていたのであった・・・・・・。  映画を観終わり、ふと・・・、続編とは果たして期待できるのか?  どうも大味になりそうなストーリー展開。さらにこれを上回る、インパクトのあ  る映像を果たして見せてくれるのかどうか・・・・・・。  ウォシャウスキー兄弟さん、どうか頑張ってください。                                  山下 裕 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆マトリックス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  この映画はSFXものに当たるかも知れないが、スターウォーズのような映画を毛  嫌いする人間でも、一見する価値はありそうだ。  このコマーシャルも上手くできており、この映画にはしっかりとしたストーリー  があるが、この広告を見た限りではそれは分からない。むしろこの作品で使われ  ているCGを駆使した部分はこのコマーシャルで全て見れてしまうと言っても過言  ではないが、もちろんこれは映画館で見たいものだ。  この作品を見ていくと、始めのうちは主人公の男性が混乱するのだが、これは見  ている僕らも混乱し、どうなっているのか?と言う気持ちになる。後半の部分で  はストーリーが見えてきて単調になりがちだが、この映画の特徴でもある最新の  SFXが使われより楽しめる。  このストーリー、確かに新しいのだが、こういう近未来的な物語にはどこか共通  するものがあるような気がする。昔見たアニメーションの映画の「地球へ」とか  テレビの銀河鉄道009の哲朗が永遠の生命を手に入れるために旅をするが、それは  ただ単に建造物の一部にされてしまうだけというのだ。  今回の作品で、キアヌ・リーブスは復活したように書かれているが、はまり役な  のかどうか分からない。確かにコンピューターのプログラマーという点では良い  のだが、カンフーのシーンはもう少し迫力が欲しかった。しかし、その穴を埋め  るべくキャリー・アン・モスやロレンス・フィッシュボーンがアクションを補完  している。  ところでこの監督、ウォシャウスキー兄弟なんて今までほとんど聞いたこと無い  はずだが、それでお金がかかるSFXの作品を撮れたと言うこともかなり驚きであ  る。多分次回作も期待されているだろうし、物語もそれを臭わせる終わり方をし  ている。  彼らがもっとビッグになって、帰ってくることを願いたい。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆マトリックス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    聖書や理論数学を下敷きにし、ギリシャ神話や不思議の国のアリスを引用して、  実に複雑な世界を創っている。物語が終盤へと進むにつれて、予言者ヨハネ、裏  切者ユダ、キリストの奇跡と死そして復活と、まったく聖書をなぞっていく。こ  れは科学が先端的にってきた現代に、時代が精神性を要求し宗教への郷愁を孕ん  できたことの反映だろう。現実が仮想空間だという設定は、「トゥルーマン・  ショー」を思い出させるが、ヒューマンなタッチの「トゥルーマン・ショー」と  は異なり、この映画は無機質でばりばりのSFXである。  手や足が切断されても、あたかもその手や足があるかのように痛いと感じるとい  う。それは脳が、かつてあった手や足を覚えており、その部分が痛さを感じるか  ら、すでに失ってしまった手や足にも痛さを感じるらしい。だから、脳内を走る  電気的な刺激と脳を含めた肉体を別のものと考えることが可能になる。しかし、  仮想社会でも人間が実感をもって生活している以上、それが現実ではないとは言  えないだろう。この映画は全面的な整合性があるわけではないが、論理的な矛盾  を差し引いても充分に楽しめる。  この映画の凄いところは、CGIやSFXを多用して仮想空間の話にしていなが  ら、その背景には精神的な物語がたっぷりと隠されていることである。ヒロイン  の名前が三身一体のトリニティ(キャリー=アン・モス)だったりだけではなく、  まずネオという設定が新たな社会の救世主である。コンピューターという原罪で  汚染された人間を救うのが、またコンピューターオタクの人間である。これはキ  リスト教がユダヤ教から生まれながら、ユダヤ人とは一線を画していることによ  く似ているし、単なる過去への回帰とも違うスタンスである。そうでありながら、  キリストのように救世主が人間を救うのではない。ネオに救世主の役をやらせな  がら、現世を救いきれない終末は、むしろユダヤ教的な世界ですらある。  演技の下手なキアヌ・リーブスには、喜怒哀楽を微妙に表現せずに済むこうした  映画がはまり役である。また、ヒロインを演じたキャリー=アン・モスが、無機  質な映画の雰囲気と合って、とても格好良かった。そして、エージェント・スミ  スを演じたヒューゴ・ウーィービングの演技が抜群に上手かった。  ラリーとアンディー・ウォシャウスキー兄弟は、「バウンド」を1本撮っただけ  のほとんど新人である。これほど金のかかった映画を、それほど実績のない若い  監督に、ハリウッドは良く撮らせるものである。若い監督でも、上手い売り込み  と才能があれば、大金を投資するアメリカの体質がこうした映画を作らせるのだ  ろう。それにしても、アメリカの監督たちはよく勉強している。それは画面の  端々から充分に感じる。彼等の愛読書に、ゲーデルが入っているというのも理解  できる。                                  匠 雅音 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  今のイギリス映画には大外れがない、・・・こんな言葉を最近耳にする。  ストーリー  人物など全体が軽いテンポである。そして、軽いテンポで人も死んでいく。これ  なら、軽い頭の人でも楽しめる。だからか、ハリウッドでもまた作られる。  「トレスポ」的であり、「シューティングフィッシュ」的であり、「シャロウグ  レイブ」的でもある、よく見かけるような最近のブリティッシュムービーである。                                  山下 裕 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆ロックストックアンドトゥースモーキングバレルズ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  今のイギリス映画には大外れがない、・・・こんな言葉を最近耳にする。  ストーリー  人物など全体が軽いテンポである。そして、軽いテンポで人も死んでいく。これ  なら、軽い頭の人でも楽しめる。だからか、ハリウッドでもまた作られる。  「トレスポ」的であり、「シューティングフィッシュ」的であり、「シャロウグ  レイブ」的でもある、よく見かけるような最近のブリティッシュムービーである。                                  山下 裕 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆6☆ノッティングヒルの恋人☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ある日、映画を観ていて、ふと、こんなことを思ったことが?  こんなこと起きるはずがない、どうせこの先の展開はこうだよ、こんなの出来す  ぎだ、やっぱりハッピーエンドか、・・・・・。  まさにこれです。  しかし、この映画はラブコメディで、そして、この映画はハリウッドである。こ  れらを理解して観る人なら、きっと面白いはず。さながら現代版「ローマの休日」  (ラストは全く違う方向だが)。  そして何よりも、この作品はジュリア・ロバーツの映画である。ファンであるな  らなおさら必見です。で、これが終わったらすぐ「プリティブライド」です。                                  山下 裕 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃F┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/)   Le Petit Bouquet日本語版(http://www.metamondes.com/PetitBouquet/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】    中津川 昌弘     鳥野 韻子               立野 浩超               山下 裕               MS. QT MAI ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-1999 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼