ScreenKiss Vol.061

バックナンバー

1999年 11月 7日 配信
ScreenKiss Vol.061

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.061

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □エステサロン ヴィーナス・ビューティ   □東京国際映画祭:アジア映画賞   □東京国際映画祭:『シュリ』緊急追加上映決定!! >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆エステサロン ヴィーナス・ビューティ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  今年の「第7回フランス横浜映画祭 '99」ではクロージング作品として上映された  今作品。監督のトニー・マーシャル、出演のサミュエル・ル・ビアン、ナタ  リー・バイ、マティルド・セニエ等も来日して、作品に関する裏話などを残して  いってくれました。以下にプレスシートからまとめたものをお届けします。  また、この作品は'99年カブール映画祭で「今年のとってもロマンティックな映画  賞」を受賞。若手俳優2人にも賞をもたらしました。  ◆トニー・マーシャル監督の話から(インタビュアー:水原文人)  舞台となったエステサロンは、実際彼女が行っていたサロンから題材を得たとい  う。そして、巷の喧噪を取り入れるべく、パリにエステサロンを仕立ててしまっ  た。「本物」の通行人が外部を行き交っていたわけだ。撮影が進むにつれ、町に  馴染んでしまったこの舞台は、予約を入れようとするお客まで出る始末だったそ  うだ。  そして、エステシャン達の話題や、作品中の出来事は監督が本物のサロンに通う  度に取材した「実話」が元になっている。  この作品の構想は、そもそもナタリー・バイを主役に据えるところから始まった。  だから、元々の題は役名の『アンジェル』だった。その他の配役もある程度は構  想通りだったが、サミュエル・ル・ビアンだけは、彼女のイメージではなかった  らしい。が、彼に対して堅苦しいイメージを抱いていた彼女も、実際本人に会っ  てみるとそんな心配も払拭。彼に決まりとなった。  ◆サミュエル・ル・ビアンの話から(インタビュアー:吉家容子 )  と、次はそんな監督の期待に応えたサミュエル・ル・ビアンのインタビューから  です。彼はこの作品で若手の有望な俳優に与えられる「ジャン・ギャバン賞」を  受賞しています。  '94年以来コメディ・フランセーズに在籍していた彼は、この作品への出演をきっ  かけに劇団を離れた。マーシャル監督は「俳優にとって人生の選択の時」だとし  て、この決断を応援したそうだ。  今回の監督との仕事は、脚本の良さもさることながら、女性監督という事で特に  男性監督にない魅力を感じたという。  彼は俳優になる前は、何と口から火を吹いたりの大道芸人なども経験している。  そうした生活の中から決意して俳優という職業を選んだが、自分自身が演技に  よって別人になれるところに大きな喜びを見出しているという。  次回作はエリック・ロシャン監督の刑事もの。今後も様々な役所をこなしていき  たいと思っているそうだ。  ◇この作品では、彼の他に20才のマリーを初々しく演じた、オドレイ・トトゥが  「今年のロマンティックな新人賞」を受賞している。  リリースにナタリー・バイのインタビューがなかったのが残念でしたが、来日し  ていた彼女は優しい瞳の、美しい人で、アンジェルの芯のある優しさがこの中に  見えました。また、小柄なトニー・マーシャル監督は身体一杯にエネルギーが満  ちているような人で、周りを明るくしてました。  マティルド・セニエは画面からだと、かなり大柄な印象だが、意外とそうでもな  い。セニエ家の特徴なのか、太い眉が印象的でした。  サミュエル・ル・ビアンは、作品のアントワーヌのように大柄で鷹揚。少年の雰  囲気を未だに感じさせるフレッシュな人柄でした。初めての来日ながら、日本が  とても気に入って、ゲスト全員がサインをしたボードには、「ありがとう」とサ  イン。  この作品の上映前には日本語での挨拶も。また、歓迎会のお茶会では結構はしゃ  いでいたそうです。筆者が会った時は、何やらスーパーのビニール袋を下げてぶ  らぶらしていたのに、カメラをみつけるやすぐにポーズを。撮る気のなかった私  も、その人懐っこい笑顔に、ついシャッターを押してしまいました。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆アジア映画賞結果速報!!☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  アジア映画賞:『ダークネス&ライト』(チャン・ツォーチ監督)  スペシャルメンション:『DEAD OR ALIVE 犯罪者』(三池崇史監督) ■『ダークネス&ライト』(チャン・ツォーチ監督)  今年度のアジア映画賞受賞作品は『ダークネス&ライト』(チャン・ツォーチ監  督)に決定した。受賞式は午後5時より渋谷公会堂にて行われ、監督不在の為、主  演のリー・カンイが受賞式に臨んだ。監督からは受賞の喜びを綴ったメッセージ  が届いた。  審査委員長の映画監督の崔洋一氏からは、この作品について、以下の点が評価さ  れた旨の説明があった。  「新しい方法論に驚嘆させられ、また、ラストのどんでん返しが、とても映画的  で面白い。キャラクターのリアリティ感とヒロインの描き方が素晴らしく、ファ  ンタジーでありながら、自分達ひとりひとりの物語として捉える事が出来る」  受賞後にリー・カンイは「ヒロインから学んだことは、一種の楽観性でした。彼  女との共通点も、よく笑うという点で、監督からも“地のまま演じて”と言われ  ていました」と、よく動く大きな目を輝かしながら語ってくれた。  アート系の高校でドラマコースを選択していたが、主に舞台向けの授業だったそ  うで、映画は今回が初めて。今後の出演予定に関しては、具体的には、未定とい  う事だった。 ■『DEAD OR ALIVE 犯罪者』(三池崇史監督)  スペシャルメンション(特別賞)は、受賞からもれたので選んだ訳ではなく、映  画祭の性格上、トッププライズだけを良しとする固定観念を嫌うから。また、こ  の作品については審査員間で、今日の日本映画のとらえ方の点で激論が交わされ  たものである。(崔洋一氏)  「人々の好奇心を引き付ける作品」であり、「ジャンルを固定出来なく」「古い  概念より新しい試みを試作した」点を評価された。新しい世代感覚として、世界  へ影響していく事を期待しての特別賞となった。 ■アジア映画賞とは・・・  今年で3回目となる「アジア映画賞」。アジアにおける映画製作の振興と映画作家  の活動を支援すると共に、アジア映画人との交流を促進する事を目的としている。  アジア映画賞は、東京国際映画祭のコンペティション、シネマプリズム、ニッポ  ン・シネマ・ナウで上映される作品のうち、アジア地域で製作された35mm長編映  画を対象としている。  受賞作品には、当映画祭より賞金100万円を贈呈、渋谷区長よりトロフィーが併せ  て贈られる。  今年度は審査委員長の映画監督の崔洋一氏他、審査員は映画評論家のトニー・レ  インズ氏、映画祭コーディネーターのポール・イー氏、朝日新聞記者の深津純子  氏、キネカ大森支配人の平野博靖氏。  本年度の賞の対象は上記2作品の他13作品。上記以外でノミネートされていた3  作品(◇印)について、審査員の寸評を紹介しておく。なお、括弧内は監督名で  ある。  コンペティション部門から  『ナン・ナーク〜ゴースト・イン・ラヴ』(ノンスィー・ニミブット)  『紅鱒』(パク・ジョンウォン)  『マリアの息子』(ハミド・ジェベリ)  『スプリット・ワイド・オープン〜褐色の町〜』(デヴ・ベネガル)  『破線のマリス』(井坂聡)  『真夜中まで』(和田誠)  ◇『ルナ・パパ』(バフティヤル・フドイナザーロフ)  物語のスケールが大きく、好むべきホラ話。お伽話のような中にもリアリティを  感じさせる。  シネマプリズム部門から  『サティア』(ラム・ゴパル・ヴァルマ)  『正義の華』(マノップ・ウドムデート)  ◇『マラナ・シハサナム』  現代社会を普通に生きようとする主人公を、重い視点でクールに描いているもの  の、ケララという場所をモチーフに娯楽性も兼ね備えた作品である。  ◇『フラット・タイヤ』(ホアン・ミンチュエン)  個人の内面を掘り下げ、ドキュメントと虚構の融和がうまくはかられている。ヒ  ロインの心境が現代の台湾を反映してる。  ニッポン・シネマ・ナウ部門から  『火星のわが家』(大島拓)  『金髪の少年』(犬童一心)                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆『シュリ』緊急追加上映決定!!☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  本日上映された『シュリ』は、入場出来なかった観客約1500人程が会場周辺を取  り巻き、緊迫した状態になったため、急遽以下の予定で追加上映が決定した。  シュリ  監督:カン ・ジェギュ  出演:ハン ・ソッキュ、キム・ユンシン  1999年/124 min  11月7日(日)17:30〜(開場:17:00)渋谷公会堂   詳細はホームページwww.tokyo-filmfest.or.jp等でご確認ください)  アジア映画賞受賞式に引き続き、『シュリ』の舞台挨拶が行われた。会場には監  督と主役の二名が来場し、満席の場内を沸せていた。(冒頭に記載したように、  確かに外も物凄い人々が溢れていて、ダフ屋も声をかけまくっていた)  この作品は韓国では『タイタニック』の動員記録を、その半分の日数で塗り替え  たと言われる程の大ヒット。全国民の7人に一人は見たことになるという。タイ  トルの「シュリ」とは、朝鮮半島の川にのみ棲息する淡水魚で、映画ではスパイ  のコードネーム。南北を往復する自由と統一の象徴。  以下舞台挨拶の模様からのレポート  ◇この映画が大ヒットしたのは何故でしょうか?  カン ・ジェギュ監督:  理由はおおまかに3つあると思います。「観客の為の映画という試み」「南北問  題を扱っている事」そして「初めて韓国でつくられたスパイ、アクションもの」  という事です。  ◇最近は日本映画も解禁になり始めましたが、日韓の交流の点は如何でしょう  か?  カン ・ジェギュ監督:  早く全面解禁になるべきだと思います。そして、アジアにおける、韓国と日本と  のマーケットが出来ないかと思っています。技術や資本、共同配給という形での  交流や、共通のアイテムの開発などもいいと思います。  ◇主演のハン・ソッキュさんに伺います。貴方の出演作品は全てヒットするとい  われていますが、その人気の秘密はなんでしょうか。  ハン・ソッキュ:  『シュリ』の前までは独身だったけど、最近結婚したんで、人気が落ちてしまう  かな〜(笑)。観客の方との信頼関係の上での人気だと思います。  出演作は「まず、シナリオを選び」「選び方も視野が狭くならないように、気を  付け」て、「その作品が現在の韓国映画にどのような位置を占めるのか」「その  作品が今の映画界にとってプラスになるのか」を見極め、決定したら「信念を  もって仕事をして必ず、その作品がヒットするように最大限の努力をします」  ◇今回の『シュリ』への出演理由を教えてください。  ハン・ソッキュ:  今の作品で私の出演作は7本目になります。それまでは新人監督との仕事が多  かったのですが『銀杏のベッド』という作品で、カン・ジェギュ監督と出会い、  今回で2度めのコンビです。そこで、監督とは既に信頼関係を築いていましたし、  こういったジャンルの映画は韓国にはなかったので。  落ち着いた雰囲気の監督と、ちょぴりお茶目なハン・ソッキュ氏。日本でも『八  月のクリスマス』でお馴染みのせいか、登壇した途端、会場から歓声があがって  いた。  なお、この作品は2000年の正月第二弾映画として、渋谷東急、銀座シネ・ラ・  セット等での公開が決定しています。  P.S.  緊急速報ついでに、明日のシネマプリズムのクロージング作品『風が吹くまま』  (キアロスタミ監督)。お約束のジグザグ道と子供の登場、禅問答のような台詞  に、美しい風景が目の保養です。主人公のカメラマン氏が来日しています。昨日  の『キシュ島の物語』を御覧になっていたので、終映後につかまえて話をしまし  た。英語が少し苦手のようでしたが、とてもきさくで優しい人でした。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃F┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/entertainment/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/)   Le Petit Bouquet日本語版(http://www.metamondes.com/PetitBouquet/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】    中津川 昌弘     鳥野 韻子               立野 浩超               山下 裕               MS. QT MAI               hana ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-1999 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼