ScreenKiss Vol.101

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆

  .;^☆ S C R E E N K I S S

.’

Vol.101

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □ベルリン国際映画祭レポート8   □ニコラ   □NYPD15分署 >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆0☆お知らせ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ベルリン映画祭のパンフレット応募大変ありがとうございました。  沢山頂きましたが、住所・氏名などをご記入されていない方が多く見られまし  た。該当の方はご連絡ください。本当に欲しいのかな? __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆1☆ベルリン国際映画祭レポート8☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ □Teddy 2000  ユニークな賞を一つご紹介したい。「Teddy 2000」とはゲイ・レズビアン フィ  ルム フェスティバルを組織する9人の国際審査員によって選ばれる、ベルリン  国際映画祭で公式上映されたゲイ・レズビアン フィルムを対象とした賞であ  る。長編、ドキュメンタリー、短編それぞれ与えられる他、HIVとエイズをテーマ  にした作品への「審査員特別賞」が設けられている。「ティディ」の名の通り、  金熊賞・銀熊賞をもじった「くまさん」賞であり、トロフィもコミカルな顔立ち  の金色の太ったくまさんである。  少しでも「ゲイ」を匂わせるものであれば候補対象作であるようで、故に二人の  少年の友情を描いた「独立少年合唱団」も候補作であった(ほんの少しだが、女  の子に興味を持った主人公・道夫にもう一人の少年がやきもちを焼くシーンがあ  る)。  候補対象作はベルリンのゲイ・レズビアン情報誌「Siecessaule」の「Teddy  2000」特別号にて紹介され、この賞独自の受賞式、クラブ・イヴェントも開かれ  た。ベルリンはゲイ・カルチャーの盛んな街であるが、後援している  「Siecessaule」がシティ・マガジンとして有名なものであることもあり、この賞  自体もゲイ・ソサエティではとても有名である。街中で、この賞を告知するポス  ターを本当によく目にした。  この映画祭が市民レベルで根付いている一つの例であると思う。  ちなみに受賞作品は以下の通り。  ◇Teddy for 最優秀長編作品      「Gouttes D'eau Sur Pierres Brulantes ( Water Drops On The Burning   Rocks)」( Francois Ozon 監督)  ◇Teddy for 最優秀ドキュメンタリー作品      「Paragraph 175」( Rob Epstein, Jeffrey Friedman 監督)  ◇Teddy for 最優秀短編作品      「Hartes Brot ( Sticky Dough )」( Nathalie Percillier 監督)  ◇Teddy for 審査員特別賞      「Drole De Felix (Funny Felix)」(Olivier Ducastel,   Jacques Martineau監督)     「Chrissy」( Jacqui North監督)                                    Hana __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆ニコラ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    NICOLAS(LA CLASSE DE NEIGE):Vol.31参照    1998年/フランス/98min/カラー    監督・脚色:クロード・ミレール    原作・共同脚色:エマニュエル・カレール「冬の少年」    出演:クレマン・ヴァン・デン・ベルグ、ロックマン・ナルカカン    1998年カンヌ国際映画祭審査員特別賞    1998年フィレンツェ・フランス映画祭グランプリ    4月1日よりシネスイッチ銀座にて公開  クラス全員がバスで行くスキー教室。ニコラは一人、父の車で向かった。到着し  たものの、父はニコラの荷物をトランクに入れたまま、去ってしまう。内気で想  像力逞しい少年ニコラは、ここで憧れの先生や心を許せる友人に出会うが、彼が  友人に語った「お話」はやがて現実との境が曖昧になっていく。そして、願い事  のミサンガが切れた時・・・。  カンヌの受賞は「最も心を揺さぶられた映画に贈る」という注釈付きだったそう  だが、この「揺さぶられた」は感動した、というより、むしろ「驚いた」という  意味だろうか。確かにこれまでのミレール作品に比べ、かなりタッチが異なるか  もしれない。  冒頭に流れる軽快な音楽と、車の前に続く道。これが、少年の大人へ向かう道に  なろうとは、この時は誰も知らない。監督が、主演のクレマン少年を抜擢したの  は、作品の要にもなる「人魚姫」のお話が上手だったから、という。少年は、声  の代わりに足を貰った人魚のように、心の痛みと引き換えに、現実という真実を  直視出来る大人になったのだ。  監督はまた、この作品を一言で言えば「子供は何も知らないようで、実はよく  知っている」事だと言っていた。自分を溺愛する父なのに、時に殺意さえ感じ  る。少年の、父を乗り越える通過儀礼的な思いに加えて、どこか父に感じる疑  惑。観客はニコラの心になって、父への疑惑が真実かを見極めようとする。が、  彼の空想と現実につきあっているうちに、わからなくなってくるのだ。  雪に包まれた山の美しい光景。木々の間を縫う木漏れ陽や、目を射すばかりの白  い雪原。夢での殺戮シーンには荘厳なミサ曲が流れ、「神の小羊」の歌詞はニコ  ラの存在を象徴するかのようだ。少年の悪夢が悪「夢」で終わらない時・・・。  冒頭のポップな音楽に、ラストの重々しいクラシックを配する事で、更に効果的  になった。  クレマン少年は、作品では繊細でか弱いイメージがあったが、実際は、多少身体  的にも成長したのか、かなり大人っぽかった。一方ニコラの憧れの先生を演じ  た、エマニュエル・ベルコは、役柄より更に顔色が冴えず疲れて見え、なんだ  か、実年齢より老けた感じだった。でも、この2人、今度はベルコ監督で再度共  演するのだそうです。                                  鳥野韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆NYPD15分署☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛    The Corrupter    1999年/アメリカ/カラー/111min    監督:ジェームズ・フォーリー    出演:チョウ・ユンファ、マーク・ウォールバーグ、リック・ヤング    4月8日から丸の内プラゼール他、松竹系にて公開  ここ、チャイナタウンを管轄するニューヨーク市警15分署を仕切るのは、何度も  表彰された事のある、ベテランのニック。彼に新しくダニエルという白人の若手  がパートナーとして配属される。2大マフィアが争う中、実はニックは「トン」  側と通じている。ダニエルもこうした実情に慣れてきたある日、彼はFBIに召集さ  れる・・・。  White? and green? ・・・中国系ばかりの分署に、突然配属された白人の若者に  対しての侮蔑の言葉である。昔から、こうした刑事もののコンビといえば、「白  人&黒人」(『夜の大捜査線』)、あるいは「年輩&新米」(『セブン』)が大  体のお約束だった。が、近頃は『ラッシュアワー』のような「アジア&アメリカ  人」的なコンビも増えてきたようだ。アメリカは何故かいつまでたっても、「人  種」の枠にこだわる感じがする。  それに、どういう訳かアメリカメイドのアジアはステレオタイプ的なところがあ  る。この作品でもニック(ユンファ)が、ダニエルに「牛の腸が食えなきゃチャ  イナタウンで生きて行けないぞ」などと言って、これみよがしに箸を使ったり、  変な包丁さばきを見せたりしている。バックの音楽がアジア的なのは、よしとし  ても、何だって中国人は断末魔の叫び声まで、ブルース・リーのような、かん高  い雄叫びになってしまうのだろう。  と、細かなところは目をつぶるとして、二重、三重のトリックが仕掛けられ、サ  スペンスものとしても楽しめるし、カーチェイス場面はフランケンハイマーには  劣るにせよ、アクション映画としても堪能出来る。そしてお定まりの友情付きと  くれば、そこそこ満足感を得られるだろう。  折しも新潟や神奈川で警察のずさんさが取り沙汰されている、今日この頃。「贈  収賄」「堕落」といった意味あいの原題と、作品の人物や日本の現実とを比較す  るのも一興だろう。                                  鳥野韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               山下 裕               MS. QT MAI ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼