ScreenKiss Vol.159

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆

  .;^☆ S C R E E N K I S S

.’

Vol.159

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □MTV Movie Awards 2000   □顔   □イギリスから来た男   □ギャべ >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆MTV Movie Awards 2000<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  今年のMTVムービー・アワードの結果を、解説を交えて2回に渡ってお伝え致しま  す。  今年の司会はアメリカの人気ドラマ「Sex And The City」に主演しているサラ・  ジェシカ・パーカー。(彼女はこのドラマの役で今年のゴールデン・グローブ賞  も受賞しており、今、TV界の時の人である。)  さすがMTVだけあって、賞にノミネートされた面々に加え、メル・ギブソン、  ジョージ・クルーニ、マイク・ウォール・バーグ、ジャネット・ジャクソン  等々、プレゼンターもとにかく豪華。オスカーとは又違うリラックス・ムードで  あり(会場に来ているスターの面々が予め授賞を知っているのでは?)、会場そ  のもののお祭りムードが見ている側にも伝わってきた。  冒頭の「Sex And The City」+「マトリックス」のパロディ(キアヌの物真似ア  クターの演技が、キアヌのしぐさや発音を大袈裟に真似ていてかなり笑える。)  にはローレンス・フィッシュ・バーンが大真面目に大出演!  又「トム・クルーズのスタント・替え玉」をフィーチャーする、というパロディ  には、替え玉役のベン・スティラーのトムとのそっくりぶりも素晴らしかった。  (勿論このパロディにはトム・クルーズ本人に加え、ジョン・ウーも出演してい  た。)  MTV視聴者の投票によって決まる賞だけあって、ティーン向けの作品に焦点が当  たっているのは否めないが、プレゼンターも含め、「今が旬」の映画人を束で垣  間見る事が出来る賞である。故に「先物買い」を自称する方にはチェック必須で  あるはず。  テレビ放映を見る限りでは、「マトリックス」と「クリュエル・インテンション  ズ」の二人勝ちの感があった。「オースティン・パワーズ」や「スター・ウォー  ズ」も複数賞を受賞しているのだが、上記2本に比べて何となく地味に写ったの  は、番組そのものの作りや、会場に来ていたゲストの雰囲気も関係していたは  ず。 最優秀作品賞  「マトリックス」(ノミネート:「アメリカン・ビューティー」「オースティ  ン・パワーズ2」「アメリカン・パイ」「シックス・センス」) 最優秀男優賞  キアヌ・リーヴス「マトリックス」(ノミネート:アダム・サンドラー「ビッ  グ・ダディ」、ブルース・ウィルス「シックス・センス」、ジム・キャリー「マ  ン・オン・ザ・ムーン」、ライアン・フィリップ「クリュエル・インテンション  ズ」)  (メモ:「休みになると太る」と評判のキアヌであるが、今撮影中なのかスリム  な体をキープしていた。「マトリックス」は大所帯だったせいか、キアヌを含め  楽しげだった。) 最優秀女優賞  サラ・ミシェル・ゲラー「クリュエル・インテンヨンズ」(ノミネート:ジュリ  ア・ロバール「プリティ・ブライド」、アシュレー・ジャド「Double  Jeopardy」、ドリュー・バリモア「Never Been Kissed(25年目のキス)」、ネ—  ヴ・キャンベル「スクリーム3」)(メモ:今年はこの人「サラ・ミシェル・ゲ  ラー」の年だったのかもしれない。隣に座っていたフレディ・プリンズJrとのい  ちゃいちゃぶりも含め、女王様の貫禄さえ伺える佇まいの彼女だった。) 最優秀スクリーン・デュオ賞  マイク・マイヤース+ヴァーン・トロイヤー「オースティン・パワーズ2」(ノミ  ネート:アダム・サンドラー+コール&ディラン・スプラウス「ビッグ・ダ  ディ」、ブルース・ウィルス+ハーリー・ジョエル・オズモンド「シックス・セ  ンス」、キアヌ・リーヴス+ローレンス・フォッシュバーン「マトリックス」、  トム・ハンクス+ティム・アレン「トイ・ストーリー2」)  (メモ:受賞した二人のスピーチがなかなか良かった。トロイヤーに花を持たせ  るためか、マヤ—スは自分のスピーチはそこそこにトロイヤーにマイクを向け、  トロイヤーの長めの謝辞の最後に「そして今ボクはここにいるんだ」と言ったの  が印象的だった。) 最優秀悪役賞  マイク・マイヤース「オースティン・パワーズ2」(ノミネート:レイ・パーク  「スター・ウォーズ:エピソード1」、サラ・ミシェル・ゲラー「クリュエル・  インテンションズ」、マット・デイモン「リプリー」、クリストファー・ウォー  ケン「スピーピィ・ホロウ」) 最優秀コミック・パフォーマンス賞  アダム・サンドラー「ビッグ・ダディ」(ノミネート:アイス・キューブ「Next  Friday」、ジェイソン・ビッグズ「アメリカン・パイ」、マイク・マイヤース  「オースティン・パワーズ2」、パーカー・ポージィ「スクリーム3」)                                 hana __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆顔☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     1999年/カラー/ビスタサイズ/123min     監督:阪本順治     出演:藤山直美、豊川悦司、國村隼、大楠道代、牧瀬里穂、内田春菊     8月12日(土)よりテアトル新宿にて公開  毋の営むクリーニング店の2階で、今日も少女漫画を読みながらミシンを踏む正  子。ホステスの妹に罵られ、赤いソックスカバーのまま電車に乗った彼女は降り  立った駅で声をかけた男に一目惚れする。そして、毋の死。通夜の夜、妹を殺害  し香典袋を手に家を飛び出すが、その日に起こった阪神大震災がこの逃亡を容易  にした。名前と職を点々としながら初めて知る生きる喜び。しかし遂に警察の手  が迫る・・。  長尺ながら飽きさせず最後まで見せる。監督得意の『トカレフ』的ハードボイル  ドの色を残しながら、どこか『ビリケン』的ファンタジーが融合して、絶妙の仕  上がりとなっている。  藤山はその立派な?体躯を生かし、閉じこもり症候群時代の鈍臭さ、逃亡生活の  うちに徐々に芽生えた自信、そしてラストの島での素直さ等、女性の持つ様々な  表情を見事に演じ切り絶大な存在感を見せる。ほとんどのシーンがすっぴんで奮  闘しているのも凄い。  一方、表記のキャストの他、酔っぱらいのレイプ男に中村勘九郎、正子の一目惚  れの相手に佐藤浩市、経営不振で自殺するラブホテル経営者に岸辺一徳、母親に  渡辺美佐子・・と彼女に関わる人々も贅沢な事この上ない。  正子の逃亡の一助となる「自転車」と「水泳」。親切に教えてくれる人々に吐く  言葉は「教え方悪いんとちゃいますか?」。段々と外界との接し方を身に付けて  いく正子だが、こんなところに自己中心なシッポをつけている。  登場人物達は、時々どこかのシーンでゲーゲーと吐く。まるで自分の中の鬱積を  吐き出すかのように。奇しくも殺人、という手段で35年目にして自分の殻を脱皮  した正子。この作品を端的に表現している監督の言葉を紹介しておく。『人はま  たやり直せる。逃げる事は何かを追うこと也』 阪本順治                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆イギリスから来た男☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     The Limey     1999年/アメリカ/カラー/ビスタサイズ/89min     監督:スティーブン・ソダバーグ     出演:テレンス・スタンプ 、ピーター・フォンダ、        レスリー=アン・ウォーレン     8月19日(土)より恵比寿ガーデンシネマにて公開  ロス空港に降りた一人のイギリス人、ウィルソン。刑期を終えた彼に届いた愛娘  の事故死の真相を知るためにやってきたのだ。手紙の送り主、麻薬密売人、娘を  良く知る女優、そして漸く辿り着いた先は大物音楽プロデューサーのテリーだっ  た。  原題のThe Limeyとは「英国人(船員、水兵)」の事。イギリス人が壊血病予防に  ライムジュースを飲んでいた事に由来する、米国人からみた蔑称なのだそうだ。  さて、この作品にはある仕掛けがある。『蒼い記憶』で見られたようなソダバー  グ特有の過去と現代、そして未来が交錯する手法に加え、この作品では更に、主  役のテレンス・スタンプの過去の作品と、ストーリー上の彼の過去とを巧く重ね  合わせているのだ。ケン・ローチユ60年代の作品『夜空に星があるように』に登  場するテレンスはギターで弾き語る、優しい目をした若々しい青年だ。1度に比  較出来るのが面白い。  テレンス・スタンプと言えば『プリシラ』での女装が印象的だったが、TVシリー  ズ『ハンガー』でのホスト役も凄かった。毎回ストーリーに似合った扮装で登場  するのだが、怪優ぶりを遺憾なく発揮していた。  対するピーター・フォンダは華やかな表の顔と裏腹にシンジケートとの繋がりの  暴露を恐れる小心者。この人、3年程前に来日した際の印象はとても穏やかなナ  イスパパ。そのせいか、鏡に向かって歯の点検をするナルシストぶりはとても  根っからの悪人には見えない。この2人の共通点は愛した女性が娘であり愛人で  あった訳だ。  中心となる父娘の心の絆、彼等に脈打つ潔癖症がもたらした事件。この辺が場面  繋ぎにこりすぎて、少々ぼやけてしまったところが惜しい。しかしユ60年代のカ  リスマ達のスタイリッシュでファッショナブルなおじさまぶりを見るには最高の  作品だ。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆ギャべ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Gabbeh     1996年/イラン・フランス/73分/ヴィスタ     監督:モフセン・マフマルバフ GOOD 1)現実的思考を無視した映像のつながり   黒板の前での叔父さんが色について語るシーンなのだが、   あまりの強引さが逆に強いインパクトとなった NOT GOOD 1)全体として話が理解できない部分も   この作品にそんなのはタブーなのかも知れませんが POINT  作品全体で考えると、面白味という点では物足りなかった気が。映像表現とその  作品性でいえば独自性は大いにあるのだけれど、映像もしくは作品として言うな  らば、やはり正直なところ寂しい気もした。 ユタカ __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               ゆたか               MS. QT MAI               吉田 浩二 ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼