ScreenKiss Vol.168

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.168

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □ベネチア映画祭情報 5   □サルサ   □黒いオルフェ   □60セカンズ >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆ベネチア映画祭情報 5☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  9月4日ベネチアの地元紙「La Nuova」からの映画祭関係記事。本文・翻訳は全て  ミラノ在のTVコーディネーター川田真由美さんによるものです。  *クリスティーナ・リッチの大アップのカラー写真がヴェネチア映画祭の特集記  事のトップ。以下彼女のコメント:「ジョニー・デップとは11年来の友達。当  時彼はウィノナライダーと付き合っていて、私は彼女と一緒に「恋する人魚た  ち」(シェールが母親でウィノナライダーが姉の役)を撮影中だったの。だから  こんなふうに過激なシーン(ラブ・シーン)をやるって、2人とも笑っちゃう。  だって私達はまるで兄と妹みたいなものだから。」  *いまのところ、賞レース候補として挙がってるのは2本。ともに女性監督作品。  サリーポッター監督の「The Man Who Cried」と、クララ・ロウ監督の「La  Divina del 1967」  *ジョン・タトゥーロのコメント:「ジョニーデップとならラブシーンも撮影す  るね」  *出品されている短編作品「Sound」の出演者として、クラウディア・シファーも  リド入りする予定。その到着が待たれる。  *シドニー五輪の混雑を避けるため、ケイト・ブランシェットは来月一杯イタリ  アにとどまることを決めた:「オリンピックがあるからオーストラリアには戻ら  ないわ。がさつで汗をかいた選手達の群れって大嫌い!」  *イタリアのジャーナリストの間で最も評判がいいのはマヌエル・デ・オリヴェ  イラ「Palavra e Utopia」。評判が悪いのは、上から、「Denti」(イタリア作  品)「The Isle」(韓国作品)「I Cento Passi」(イタリア作品)「Dr. T   And The Woman」(ロバート・アルトマン監督、米作品)                                  hana __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆サルサ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Salsa     ★★☆☆☆     1999年/100分/ビスタ/フランス・スペイン     監督:ジョイス・シャルマン・ブニュエル     出演:ヴァンサン・ルクール、クリスティアンヌ・グゥ  髪を後ろで結び黒縁メガネの地味なナタリー。そんな彼女もクラーク・ケントの  ような婚約者からレミ(ボンゴ)に恋心をうつしていくあたりから風貌と性格が  かわり、一瞬にして髪をおろし胸もあらわにサルサを踊る。どちらの格好も魅力  的な女優です。  ちょっと展開が強引?いいえ、この映画の娯楽性を高める為にはしかたのないこ  とです。もちろんお約束のハッピーエンド?どんなエンディングかは直接見て確  かめてください。  老人の恋を交えながら3世代にわたる恋模様もオツなものでしょう。それでも、  単純なストーリーにはがっかり。踊りにも迫力が足りない。汗をかかないからだ  ろうか、もうすこしカルロス・サウラ監督の映像を研究しろってか。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆黒いオルフェ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Orfeu Negro     1959年/フランス・ブラジル/107分     監督:マルセル・カミュ     音楽:アントニオ・カルロス・ジョビン     59年カンヌ国際映画祭パルム・ドール     60年アカデミー最優秀外国語映画賞  今見ればこれはストーカーが巻き起こした不幸な事故死の物語。浮気な男が女を  たぶらかしたあげく、不幸な末路を向かえるといういつの時代も変わることない  若者の肖像。  しかしここにサンバの熱気とボサノヴァのリズムが入ると、美しくも悲しき悲哀  物語へと変わってしまう。永遠の愛に向かえいれられた男女の運命を見てとれ  る。  ストーリー  怪しい男に追われ身の危険を感じたユリディスは従姉の元に逃げてくる。そこで  市電の運転手オルフェに出会う。オルフェには婚約者ミラがいたが、止めること  のできない一目惚れとカーニバルの熱気が彼らを結び付ける。  ユリディスは死神に扮した男に追われたあげく、オルフェの手で事故死してしま  う。亡骸を手に抱き丘の上の家に帰ってきたオルフェだが、そこでミラの手から  放たれた石は2人を永遠の愛の淵へ突き落とす。  9月9日から10月6日まで、渋谷のシネマライズにて上映  ニュープリント・ポルトガル語(原語)版の公開、しかもリメイク「オルフェ」  の公開に合わせたモーニング・ショー上映。なんと映画ファンのことを考えた企  画だろう。リメイクを見るときはついビデオで昔の作品をチェックしてしまう人  も多いことでしょう。そんな時、ビデオとスクリーンを比べることの難しさに実  感している人にとってはこういった企画で同じスクリーンで2本の映画を比べる  ことができるとは、幸せだよね。これからの映画館は企画で勝負してもらいま  しょう。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆60セカンズ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     GONE IN SIXTY SECONDS     ★★★☆☆     2000/118分/シネスコ     監督:ドミニク・セナ     出演:ニコラス・ケイジ、アンジェリーナ・ジョリー、        ロバート・デュバル  中盤までは多いに不満の残る映画。退屈なストーリー。おおげさな演出と、迫力  のない撮影。むだな小道具、炎や火花。  ちょいと頭のたりない弟。彼の兄貴をもてなす姿は誇張された行動でばかばかし  い。見ていて恥ずかしくなってくるよ。  演技に癖のあるニコラス・ケイジはこの映画でも同じ動作を繰り返すばかり。サ  ングラスの形が変わっても同じ顔に見えるし、微妙な表情の変化もいつも同じ。  彼を毛嫌いしている私にとって、この映画を見に行くのにどれだけの勇気を必要  としたことか。それでもなぜか★3つ。  そう、前半のけだるさを打ち消す後半の素晴らしい動きはなかなかのものです  よ。  男の好みはお国が変わっても一緒なのか、私の好みが丁度一致しただけか、67年  型マスタング。理想の車はあれですよね。フェラーリもポルシェも格好いいし、  私の収入では決して手に入らない代物ですが、真にあこがれる車はあのマスタン  グ。ちょいと上がったダックテールの格好よさは皆さんと同意見です。ぽこっと  取れてしまうシルバーで丸いサイドミラーもたまらない。  しかも中盤、車を本格的に盗み始めると映像の色が変わる!物語が本題にはいっ  たことを感じさせる訳だね。セピア色のように60、70年代の色相にしている。色  だけじゃない、カーアクションを撮影するカメラの位置もいいよ。  そしていよいよ懐かしの『洪水調整路』でのアクション。幸せな瞬間です。子供  のころ、「アメリカの川はあんなコンクリートでできているんだ」と訳もしらず  に思っていたあの映像です。最近ではターミネーターなんかでもでてたよね。こ  こんところでさらに★1つ加えました。  それに何といってもこの映画でスフィンクス役のヴィニー・ジョーンズはいい役  者です。「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のでかい彼だ  と言えばすぐにピントくるでしょう。もちろん最近すっかり男を虜にしつつあ  る、アンジェリーナの唇もたまらない。個人的にはあの両腕のタトゥーとやせた  鎖骨のあたりが嫌いですが。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:[email protected] ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               ゆたか               MS. QT MAI               吉田 浩二 ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼