ScreenKiss Vol.180

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.180

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □東京国際映画祭『弱虫』記者会見   □福原進監督に聞くモントリオール国際映画祭   □香港映画祭『12夜』   □イラン映画最新情報第3回   □アルメイダ劇場公演レポート >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆「弱虫(チンピラ)」記者会見☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     2000年/109min/カラー/ビスタサイズ     監督:望月六郎     出演:北村一輝、星遥子、田口トモロヲ、宮前希依     www.groove.jp/grv/movie     第13回東京国際映画祭:ニッポン・シネマ・ナウ     11月11日〜新宿トーアにて公開(順次全国公開) ストーリー  月島組子分のチンピラ、北爪修と彼を支える有美。内部の均衡と敵対する組との  抗争で揺れる月島組だったが、そんな中、修が助けた女は組長の愛人、景子だっ  た。景子を救いたい気持ちと、組の義理との狭間に悩む修・・・。  記者会見出席者:望月六郎監督、北村一輝、星遥子、田口トモロヲ、宮前希依  立原あゆみの漫画が原作という事で、最初から「絵」で表現されている事がイ  メージの固定に繋がるのでは?という質問に監督も出演者も否定的だったのがま  ず印象的だった。  特に漫画という事を知らなかった主演の北村氏は、一応原作も読んでみたあとで  の役づくりを以下のように述べた。「原則的に脚本と原作は別物と考えている。  あまりメリハリがない感じがしたので、とても難しかったが修という人間を群集  の一人として捉えてみた。弱虫というタイトルではあるが、実は彼は命の限りを  知っている事からくるクールさがあるようで、ある意味強い人間なのではない  か、という風に演じてみた」  これまでもヤクザものを多く手掛けてきた監督だが、今回はいかにもなヤクザで  はなく、同世代的な感覚を求めたという。そこで修の兄貴分を演じた田口トモロ  ヲも「ソフトなヤクザではあるけれど、ある意味エキセントリックな」役づくり  をしたそうだ。  修を大きな愛で包む恋人、有美役の星遥子は有美を「自己主張をしない大人の女  性」として理想の女性的に捉えたという。また、今作品がデビューとなる宮前希  依は今回の経験で「勉強になり、今後も女優としてやって行きたいという欲が出  てきた」そう。ちなみに芸名は、監督が中華料理を食べている時に命名したと  か。 最後に監督からのメッセージ。  「ヤクザ映画というより、これは女性で稼いでいる情けない男の世界。修の役は  セクシーな匂いのする北村さんに是非演じて貰いたかった。この映画で彼がセク  シーに見えれば成功だったと思う。宣伝文句は『出来れば修に抱かれたい』で  す。」  茶髪の監督と、その隣で照れくさそうに微笑む北村氏がなかなかホノボノしてい  たひとこまでした。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆福原進監督に聞くモントリオール国際映画祭☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  8月25日〜9月4日、カナダのモントリオールで国際映画祭が開催された。今回、初  の長編映画を手掛け、この映画祭に参加された福原監督に、映画祭のお話を伺っ  て来た。(www.ffm-montral.org)  福原監督の出品作品は『いのちの海』(2001年春公開)。帚木蓬生原作の(原作  は「閉鎖病棟」)映画化だ。重い過去を引き摺りながら身を寄せ合うように暮ら  す、精神病院の話だが、暗くなりがちなテーマにヒューマンな笑いやミステリー  的要素を巧みに織りまぜた秀作。  福原監督は博覧会等イベントの映像、「大英博物館」「日本の名宝」等TV番組を  始め「生命の水」「美しきテナーの響き」等の記録短篇文化映画など数多く手掛  けてきたベテラン。「お堅い」イメージのタイトルだが、ご本人は物腰の穏やか  な紳士。映画祭では作務衣や着物で通し、ひときわ目を引いていたようだ。  今作品は10のジャンルのうち、「World Cinema:Reflections of Our Time」部門  に出品、後半9月1日~4日の4日間4回の上映がなされた。毎回劇場や時間を変え  ての上映だが、ラストの上映は丁度コンペの表彰式の時間帯だったにもかかわら  ず、満席となったそうだ。カナダという土地柄、様々な人種の観客から上映後に  感動の言葉を寄せられ嬉しかったとか。  映画祭はメイン会場の他、幾つかのシネコンを使用して上映が行われるが、総本  数はかなりの数に及ぶ。しかし、各会場は比較的近接しているので移動は楽。一  般の入場料は約700円ほどだそうだ。また、監督のような関係者は皆同じホテルに  宿泊しているので、連絡通達には便利だったそうだ。  今回、日本映画は別ジャンルで『カラフル』(中原俊監督)、『御法度』(大島  渚監督)、『独立少年合唱団』(緒方明監督)、また新藤兼人監督特集などが上  映されている。  今年の審査委員長はアッバス・キアロスタミ監督。審査員はポルトガル、フラン  ス、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアからの監督や女優で構成されて  いる。グランプリはフランス映画祭でも上映されたアニエス・ジャウイ監督の  『他人の味』(モLE GOUT DES AUTRESモ)とオーストラリア、ポール・コックス  監督の“INNOCENCE”。  福原監督から見たこの映画祭のイメージは、「全体的に現在各国が直面している  問題を取り上げたような、社会派の作品が多い」。商業主義的な要素よりもむし  ろ、そうした質の高い作品を選んでいるようだという。『いのちの海』が出品作  に選ばれたのも、そんな硬派なところが映画祭のカラーに合っていたのかもしれ  ない。  ほぼ1週間ほどの滞在で慌ただしいものだったようだが、それなりに刺激を受け  て帰国されたよう。『いのちの海』は地元の日本語新聞「日加タイムス」にも取  り上げられた。なお、初々しい主役の上良早紀さんは現在土曜日TBS系「王様のブ  ランチ」にレギュラー出演中なので要チェック。  お話を伺っているうちに、監督は大のクラシック音楽のファンである事が判明。  これまでの仕事の中でもクラシカルビデオシリーズの、ヨハン・シュトラウスや  モーツアルトといった音楽ビデオも手掛けられている。『いのちの海』は  「元々、帚木蓬生氏の大ファンだったから」という事だったが、「一生に1度は  絶対、クラシック音楽に関連した映画を撮ってみたいですね」との事。既にいい  ネタはお持ちのようで、次回作も今から楽しみだ。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆香港映画祭『12夜』☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Twelve Night      2000年/91min/カラー     www.hkta.org/japan/film/     監督:オーブリー ・ラム     出演:セシリア ・チャン、イーソン・チャン     第13回東京国際映画祭協賛企画・香港映画祭  クリスマスソングが流れる中、友人達と誕生日を祝うジーン。恋人ジョニーの浮  気を耳にした彼女は彼に別れを告げ、その夜家まで送ってくれたアランとベッド  イン。熱々の2人だったが、そのうち何故かすきま風。売り言葉に買い言葉的別  れをしたものの、ジーンの心はズタズタ。また誕生日が巡ってきて・・・。  「恋の病は熱が冷めれば自然に治る」「恋する者達だけが運命の出会いだと思っ  ている」「恋する者は御用心。正気を失っている」・・・心当たりのある人はこ  の映画を見ましょう。これは12のチャプターについている粋なタイトルなので  す。  別れ話は何故かコンビニが舞台で、主人公達はとてもトレンディだけど、恋愛は  今も昔も変わらない。追えば逃げ、心を探れば疑心暗鬼。ほんの少しのズレが  段々大きくなっていき、ついに破局。でもそうなってみると往生際が悪かった  り、逆に何故こんなに夢中になったのかと妙に白けてしまったり。  ただ、上のタイトルの続きがちょっと面白い。「男の威厳はありとあらゆるとこ  ろに現れる」「女の威厳はルックスで決まる」・・ちょっとアジアな感覚でしょ  うか。しかし、アランが休暇にジーンと旅行に行くくだりで、何度も「休暇に旅  行に行くなんて」と嘆いているのがよく理解出来なかった。香港の人って休暇に  旅行しないのでしょうか?  セシリア・チャンは癖のない美形。ノリのいいポップスや、可愛いピアノ混ぜた  りと音楽のセンスもなかなかいい。  協賛企画としての香港映画祭も今日(10/28)から開幕。文化村ギャラリーでは、  香港映画の助監督、スチールカメラマンとして活躍中の木星氏の写真展が開催さ  れている。題して「香港映画人の肖像」。レスリー・チャン、アーロン・クォッ  ク、ケリー・チャンなどの撮影合間の素顔が覗けます。香港映画ファンには是非  お薦め(11/5まで)。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆イラン映画最新情報第3回☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  第3回目はちょっと力の入った記事になりました。イランという国を少しでも理解  してもらえればうれしいですね。  Shokaran  監督:Behrouz Afkhami  A nurse; Hediya Tehrani has played in this role. I do not know the exact  meaning of title in English. But in dictionary it was a Hemlock. The  story is about a married man, who has children. He met a sin gle nurse  through some events, and fell in love with her. They have illegal r  elations for a limited period. It was the first time that we had such a  film after the revolution in Iran.  The film was faced with high objection of nurses in Tehran. They  demonstrated, and appeal that the film has insulted the entire nurse.  But the director sa id in an interview that the film just shows a social  problem.  It was not real story but a very technical film. In Iran we have  censorship f or films. So we could not understand the film completely,  because they censor ed this film. We know the directors was forced and  limited to make the films in special fields. They are not free in  choosing the subject and making it. We hope you can see in spite of  these limitations.  By L.J. __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆アルメイダ劇場公演レポート☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  http://www.horipro.co.jp/(Screen kiss Vol.176参照)  時代背景も、その役柄も全く異なる『リチャード二世』と『コリオレイナス』。  しかし、どちらのヒーローも自己中心が孤独と身の破滅をもたらしてしまう点が  共通していて、演出のJ・ケントの言う「双子のような作品」というのが理解出来  る。  ただ、どちらも頂点を極めた者であるものの、一方はある意味デリケートで優美  な王様、他方は怒りと名誉欲をエネルギーにしているような戦士、と性格は大き  く異なる。言い変えれば、それぞれの素質が権力と結びついた為に起こった悲劇  かもしれない。  全て同じキャストでの公演(しかもマチネとソワレで演目が異なる日もある)  で、俳優の力量は相当のものだ。息子の運命を握る点で、ある意味共通して母親  が影の主役とも言えそうだが、両方を演じたバーバラ・シェフォードは特に印象  深かった。  シェイクスピアの悲劇作品とされながら、今回の演出では何故か笑いを誘われ  る。あまりにマザコンな戦士と、あまりの馬鹿殿。特に後者は歴代の『リチャー  ド二世』の中でもかなり女々しくコミカルだそうで、これはレイフのアイデアだ  とか。刺繍入りの白いロングコートに身を包み、優雅な仕種と丁寧な言葉遣いの  大人子供。舌を突き出し、唇をひん曲げて我侭を通す。こんなレイフは舞台でし  か見られない。  英語版のパンフレットの表紙は一見同一人物のようで、実は横顔のライナス・  ローチと正面右だけのレイフ。背丈もほぼ同じ。(勿論別個に見れば全然違う  し、役ではライナスは髭を生やしている)各々の作品で敵同志だが、実は派手に  振る舞うレイフに対し、冷静にして着々とその地位を狙う立場がライナス・・と  常に表裏一体の立場と言える。この2人のキャスティングの効果は絶妙だ。  『リチャード二世』では一面の本物の芝を敷き詰め、奥には果実の実った樹木を  配した華やかな第一部に対し、第二部では彼のその後の運命を暗示するかのよう  に、中央の芝は枯れ葉散る土に変わって樹木も枝だけ。一方『コリオレイナス』  では中央をガラスにして無機質な感覚・・・とモダンな舞台作り。加えて渋い色  調をベースとした衣装。低音のヴォーカルを主にした前者と、効果音中心の後  者。椅子を巧く使用した小道具も見逃せない。  これらの作品は日本ではあまり上演される事が少ない上に、当然ながら全編英  語。しかも原文のままだから耳が馴染むまでが結構大変だった。そこで、英国王  室の系図と原本をスピード学習の上2度目にトライしてみたところ、かなり理解  出来ました。イヤホンガイドに頼って、折角の彼等の生の声を聞き逃してしまう  なんて勿体無い。また同じ演目でも上演毎に微妙に印象が異なっていたのも舞台  の醍醐味だ。  たまたま、楽屋を出てきたライナス・ローチに出会った。たちまちファンに囲ま  れた彼はとても気さくにサインや写真撮影に応じ、好感度アップ!しかもさっさ  と車でお帰りかと思いきや「地下鉄で帰る」。(他の役者さんもほとんど地下鉄  組)  舞台では衣装の為かがっちりと見えた彼も、実際はとてもスリムで、優しいブ  ルーの瞳が魅力的。とてもカッチーン!と凄まじい音をたててレイフ相手に闘っ  ていた(『コリオレイナス』)本人と思えません。そう言えば『リチャード二  世』で彼が神に向かって手を合わせる度に、ふと『司祭』を思い出してしまった  のは私だけでしょうか?                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:[email protected] ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               ゆたか               MS. QT MAI               吉田 浩二 ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク