ScreenKiss Vol.182

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.182

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □香港映画祭公式セレモニー   □2000・限りある日々   □ガールファイト   □点子ちゃんとアントン君   □インビシブル >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆香港映画祭公式セレモニー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     10月30日/オーチャードホール     ゲスト     アンソン・チャン(香港特別行政区政府政務長官)     チュン・マンイー(香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部主席代表)     セリーナ・チャウ(香港観光協会会長)     イーキン・チェン(『東京攻略』主演)     ジングル・マ(『東京攻略』『星願 あなたにもういちど』監督)     スー・チー(『わすれな草』主演)     レスリー・チャン(『流星』『戀戦沖縄』主演)     トニー・レオン(『花樣年華』『東京攻略』『ロンゲスト・ナイト』主演)     マギー・チャン(『花樣年華』主演)     ウォン・カーウァイ(『花樣年華』製作・脚本・監督)  まずは上記のゲストをじっくり眺めて頂きたい。香港の偉〜い方々から、当代の  人気俳優までずらりと顔を揃えている。日本側からは、日本香港友好議員連盟会  長の羽田孜議員が登場していた。  それにしても兎に角凄い人気だ。オーチャードホールの入り口では多くのファン  が詰め掛け、中には「永遠支持張國栄」などという横断幕を掲げる人もいて、熱  気ムンムン。車が止まる度に黄色い声が上がる。中には香港からの追っ掛けツ  アーの人もいるという。だが、比較的整然と列を崩すことなくエントランスでの  顔見せは終了した。  マスコミの取材陣も大勢で、レッドカーペットの両側がぎっしり。係りの人も日  本語、英語、広東語?となかなか大変だった模様。フラッシュに眩しそうにしな  がらも、笑顔でマギー・チャン、ウォン・カーウァイ監督ととポーズをしてくれ  たトニー・レオン、途中で何度も立ち止まってファンを振り返っていたレス  リー・チャンなど、ゲストもなかなかのファンサービスだった。  セレモニーでは、まず白いワンピースで登場したチュン・マンイー氏や華やかな  パンツのセリーナ・チャウ氏から香港映画や香港の魅力などのスピーチがあり、  その後映画関係者が次々に登壇した。  『東京攻略』と撮ったジングル・マ監督は「東京というロケーションが気に入っ  て」タイトルの作品をつくったといい、スー・チーは今既に日本の映画の撮影に  入っているそうで(言語は中国語)、香港映画と日本の結びつきの深さが伺え  た。イーキン・チェンも以前日本のCMい出演した事があり、その時のプロデュー  サーがもし映画を撮るのなら是非出演したいと述べていた。  一番人気のレスリー・チャンは「チケットが5~10分で完売したというのには嬉し  かった。サポーターやファンの人には本当に感謝している。5年前にも来日して  いるが、また来日出来て嬉しい。とても映画を愛しているので、もう若手という  年齢ではないが、機会があれば製作にもかかわっていきたい」とのこと。さすが  にベテランの余裕が見えた。  会場の外では入り切れなかったお客さんが、未だ名残り惜しそうに立ちすくんで  いたのが印象的だった。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆2000・限りある日々☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Two Tousand and None      1999年/94min/カラー/1:1.85     監督:アルト ・パラガミアン     出演:ジョン ・タトゥーロ、キャサリン・ボロウィッツ     第13回東京国際映画祭・コンペティション  古生物学者のベンジャミン・カスパリアンは妻のアマンダとの離婚成立後、タル  ボット症候群と診断される。脳の肥大化に伴い記憶が減退し、死に至るという治  療法のない病気だ。残された命は5週間。彼は行動を開始する。水のある所に彼  の過去が投影される。不仲だったアルメニア人の両親が喧嘩の最中、子供の彼を  残して事故死したこと、幼く幸せだった頃・・そして・・。  過去の遺物の権威が自分の過去を失くしていく、それでいて遺物の筈の両親が彼  のなかでイキイキと甦る、彼を最後まで気遣っていた叔母が先に亡くなる・・・  なんとも皮肉で矛盾だらけの最後の人生。お年寄りのボケと似て、記憶の減退が  死の恐怖を緩和しているのか、呆然とする前妻や友人をしり目に一人「つまらな  い」洒落を飛ばすベンジャミン。  「アルメニア人のユーモアセンスはシリアスな事を笑ってしまうんだ」・・・と  は、アルメニア人である監督の言葉だが、「にも拘わらず笑うこと」がユーモア  だ、と定義したデス・エデュケーションを提唱するドイツ人のアルフォンス・  デーケン教授だに通じるものがあるのかもしれない。  ティーチ・インには監督の他、プロデューサーのアーニー・ゲルバート、撮影監  督のノライール・カスパーが登場。現実にはなかなか製作資金等の面で苦しいア  ルメニア映画界の事情などを説明していた。また、主役のジョン ・タトゥーロは  脚本を気に入り実に細部にまで丹念に演じてくれ、それがこの映画の仕上りを完  璧にしてくれたそう。(ちなみに前妻役は『天井桟敷のみだらな人々』でもおし  どりぶりを見せていた、タトゥーロの実の奥様)  タルボット症候群は監督の産物で、実際にはない病気らしい。しかし、もし自分  がこの主人公と同様にあと5ヶ月の命、と宣告されたら東京に来てたらふく食べ  るとか・・。なかなかお茶目な監督でした。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆ガールファイト☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Girlfight      2000年/アメリカ/110min/カラー/ヴィスタサイズ     監督:カリン ・クサマ     出演:ミシェル ・ロドリゲス、サンティアゴ・ダグラス、        ジェイミー・ティエリ     WWW. SHOCHIKU.CO.JP     サンダンス映画祭グランプリ     第13回東京国際映画祭協賛企画・カネボウ国際女性映画週間     2001年春公開  家では父親と口論が絶えず、ハイスクールではすぐに暴力を振るって要注意な女  の子・・そんなダイアナが青春を賭けたのはボクシングだった。「男のスポー  ツ」と誰も本気でトレーニングさえさせて貰えなかった彼女だが、メキメキ上  達。ついにアマチュアフェザー級の王者決定戦でリングに上がる。が、対戦相手  は恋人のエイドリアン・・・。  カネボウ国際女性映画週間の初日とあって、雨の中でも会場は立ち見が出る程。  上映に先駆け、多才なゲストを紹介しつつ簡単なセレモニーがあった。しかし今  回は「いつも元気印の」(本人のメッセージから)ジェネラルプロデューサー、  高野悦子氏が体調を崩して入院中という事でちょっと寂しい感もあった。  この作品のゲストはカリン ・クサマ監督、主演のミシェル ・ロドリゲス、そし  てプロデューサーのマーサ・グリフィン。日本文化に興味を持っていたという、  足のなが〜いミシェルは、フォトセッションに戯けてポーズをとるなど新人と思  えない余裕の登場だ。  ボクシングと言うと『レイジング・ブル』だの『ボクサー』だの、どうしても男  の映画が浮かぶ。女の子が絡んでいたとすれば、せいぜい『マイライフ・アズ・  ア・ドッグ』位なものか。が、この作品はやや重たすぎる感もあったが、かなり  のファイティングシーンも盛り込まれている本格派女性ボクシング映画だ。  「勝者は決して諦めない」「王者はつくられるものである」などと、時々写るジ  ムのご教訓も含めて単なるスポコンものに終わらないのは、ダイアナのパンチが  実は毋を自殺に追い込んだ嘗ての父の、またそれが今は父への彼女なりの復讐の  拳でもある点だろう。そして愛する男との一騎討ちは、彼女にとって肉体以上に  精神的なリングだ。仲間に言われた言葉、「愛に生きればリングで死ぬぞ」・・  これ以上のプレッシャーはないだろう。  また男達にとってのボクシングが『フープ・ドリームス』に通じる貧困から脱却  の手段になっている点が、ある意味アメリカの素顔を照らしているといえよう。  パンチにかぶさる軽快なカスタネットのリズムの取り合わせがいい。また、化学  の教師として、監督の恩師?ジョン・セイルズが顔を出しているのもご愛嬌。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆点子ちゃんとアントン君☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ANNALUISE AND ANTON      2000年/ドイツ/108min/カラー     監督:カロリーヌ ・リンク     出演:エレア ・ガイスラー、マックス・フェルダー、        オーギュスト・ツィルナー     2001年公開     第13回東京国際映画祭協賛企画・カネボウ国際女性映画週間  点子ちゃんは裕福な家庭の女の子だけど、心臓外科医のパパと、世界中の子供の  為に飛び回っているママはいつも忙しくて寂しい思いをしている。病弱なママを  持つアントン君は、パパは「死んだ」と聞かされていて家計を支えるためにバイ  トも厭わない。この2人は大の仲良し。でも大人は自分勝手で、2人の言うこと  なんかちゃんと聞いてくれない。そんなある日事件が起きて・・・  『罠にかかったパパとママ』『ファミリー・ゲーム』etc.とケストナーの「ふた  りのロッテ」の翻案は数多いが、これは双子でもなく男女の子供を使っての新  バージョン。世界の子供の心配は出来ても、一番身近で大切な子供の存在を忘れ  てしまった「出張好きの」点子のママや、養育費を拒否するアントンのパパ等、  現代の子供を取り巻く社会環境を子供の目線でみつめている。  とはいえ、彼女が見ようとした映画が「エミールと探偵」だったり、点子が選ぶ  新しい家庭教師の写真に(多分)監督自身の顔があったりと、遊び心もいっぱ  い。ラストでひらひらと飛んで行った100マルク紙幣は『フォレスト・ガンプ』の  羽みたいだし、家政婦が策を弄して捕まえる泥棒の下りは、まるで『ホーム・ア  ローン』。  この家政婦さんがいい味を出している。大きな身体で家庭教師(いまやリンク  組?のシルヴィ・テステュー)としなやかに踊る様は必見。『ビヨンド・サイレ  ンス』で見せた音楽と映像のコンビネーションは健在で、なかなか楽しい仕上が  りになっている。  上映前のゲストに、女優の香川京子氏が登壇。「子供向け、大人向けと枠が多い  映画の中で、これは年齢に関係なく見られる映画」と述べていた。まさに親子で  見てほしい映画です。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆インビシブル☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     The Hollow man     ★★★☆☆     2000年/アメリカ     監督:ポール・バーホーベン     出演:ケビン・ベーコン、エリザベス・シュー  何を隠そう、私はポール・バーホーベン作品大好き!なのです。ラジー賞受賞作  品の『ショーガール』もあの徹底した下品さと、男まで蹴り倒すヒロイン、ノエ  ミの小気味良さがたまらなかった。  そしてラジー賞を嬉々として受け取りに行った監督の姿に彼の映画作りの姿勢が  見えた気がした。『下品で何が悪い?自分の好きなようにやるさ』とい  う・・・。  そして続く『スターシップ・トゥルーパーズ』では巨大昆虫型エイリアンの内臓  は飛び出すわ、デニス・リチャーズは戻すわもう大変なことに。いいぞ、バー  ホーベン!とますますハマってしまった。  さて今回はどれだけ飛ばしてくれるのだろうか。  ケビン・ベーコン演じる主人公、セバスチャンの下品なキャラはいかにもバー  ホーベン作品らしい味。なにせ透明人間になるやいなや真っ先にやるのは覗きや  ら痴漢行為やら。いままでの研究の苦労って一体?!  ケビン・ベーコンが全身石膏で型を取られたり、グリーン・スーツでモジモジく  んになってまで、まさに身を張った甲斐あって特殊技術も、彼の声だけの演技も  良い。  ただ、話の展開がみえみえで、とくに前半のやりたい放題や、透明化実験の場面  の面白さに比べると、後半はただのホラーのような追いかけっこに徹してしまっ  ているのが残念。  折角の演技派アンド、ナイス・バディのエリザベス・シューもキャラの描き方が  薄いため生きてこない。  それにどうせならお得意のお色気場面や、スプラッターをもっとやってほしかっ  た!変に一般受けをねらってしまったような気がして、ものたりなかった。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:[email protected] ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               ゆたか               MS. QT MAI               吉田 浩二 ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク