ScreenKiss Vol.197

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.197

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □DVDiscovery:Matrix(特別版)   □DVDiscovery:007 The World is not enough   □パリの確率   □レスリー・ニールセンの2001年宇宙への旅   □サイレンス >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆DVDiscovery:Matrix(特別版)☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ★★★☆☆  新シリーズDVDiscoveryは、近年レンタルも出来るようになったDVDの主に特典映  像や機能などについて紹介して行きます。  一般のビデオは、始めに10分ほどの映画予告などが入っています。「劇場に  行っている」気になる人はいないと思いますが、DVDでは殆どすぐ作品が始まりま  す。また、監督が考えていた別のエンディングや英語字幕など作品を他の方法で  楽しむ方法があります。  原語の字幕が出るために有る程度語学力のある方ならば、日本語字幕が随分違う  ことが解ると思いますし、より作品の内容を理解することが出来るかもしれませ  ん。勿論語学学習にも利用できるでしょう。  アメリカなどのクローズドキャプションを再生できるデコーダーを買ってアメリ  カ製のビデオを購入して、英語の学習に使うと言うこともDVDなら標準で出来るの  です。  衛星放送の映画チャンネルかテレビ局とタイアップした作品でしかなかなかお目  にかかることが出来ないメイキングも見ることが出来る物も多くあります。作品  を見る前にメイキングを見るよりも、見た後にメイキングを見る方がずっと良い  と思いますが、如何ですか?  また、DVDディスクの値段も随分安くなり、セルビデオよりも買いやすい様になっ  ています。2000円以下の物も随分あります。それでもコレクションとして揃  えるには、やっぱり作品の内容だけではない、その他も部分にも目を向けていく  ことにします。  ★は作品の出来ではなく、DVDとしていかに良くできているかを表している物で  す。普通のビデオと同じ構成の場合は★は1つです。DVDとしての特長を生かした  構成や特典映像の豊富さ、ナビゲーションなどで増えていきます。  ドルビーデジタル対応のスピーカーシステムを持っているならば、まずアクショ  ンの作品を見たくなるに違いありません。そこで第1回目はDVDプレーヤーを持っ  ている人ならば、必ず持っているのでは?と行っても良いくらい見かけるMatrix  です。今では2000円台の物もありますが、2000年前半ではMatrix(特別  版)が唯一3000円台で販売していた作品だったことやタイムリーなリリース  で手にした人が多いようです。私の友人でDVDを持っている人は全員持っているの  です。  さて、映画「本編」の他に特典映像が66分入っています。メイキングや話題の  Bullet Timeの解説が見ることが出来ます。また、作品を見ながら、メイキング映  像があるときには、右下にサインが現れその場面の制作のビデオが見れ、終了す  るとまた本編に自動的に戻ると言うシステムもあります。  その他、キャスト・制作の紹介が、写真と文字のみで見ることが出来ますが、こ  れと言って深い情報ではありません。インターフェースの部分は、これぞDVDと思  わせる様で、驚きとうれしさがこみ上げます。  その他は特に目新しいこともなく、字幕選択も日本語と英語、音声も日本語と英  語です。一般的には音声が英語で字幕を日本語で楽しむでしょうが、英語音声に  英語字幕、日本語音声に英語字幕など自由に組み合わせることが出来るでしょ  う。日本語字幕と吹き替えの字幕は全く違うので(翻訳者も違う)、日本語字幕  に日本語音声としてもおもしろいかもしれません。  DVDならではの機能は特別充実しているわけではありませんが、現状の市場では比  較的よく出来ています。サウンド面でもドルビーデジタルを体験するには最高で  しょう。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆DVDiscovery:007 The World is not enough☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ★★★★★  一般にDVDは全体にその作品のテイストで工夫されて作られていますが、特にこの  DVDはその雰囲気が伝わって来ます。ディスクをスタートするといきなり宇宙船の  コンピューターシステムに進入したかのよう。  ナビゲーションは非常にこっており、かなりこの制作にはお金がかかっているに  違いないでしょう。おなじみのメイキングビデオや本編再生中にメイキング映像  を見れる機能があります。また先日亡くなった007シリーズ17作に主演した  Qことデズモンド・リューウェリンの追悼映像や劇場予告編やガービッジの  ミュージックビデオなども見れるのです。何と言っても目玉は監督の音声解説と  プロダクションデザイナー、第二班監督、音楽監督の音声解説です。映像は通常  の本編道理に進むのですが、初めから最後まで殆どずーと撮影秘話などを話して  くれます。何しろメイキングをその都度切り替えて見るよりも場面を見ながら監  督本人が話してくれるので大変おもしろいのです。記者会見のティーチインもな  かなか貴重な情報を得られるのですが、実際の場面が分からなかったりするの  で、いまいちピンときませんが、これは素晴らしい方法です。  目立つ特撮やCGの部分だけではなく、細かな撮影上の工夫やアイディアなどを  色々解説してくれるので映画を作る人にも見ると大変為になるはずです。  字幕・音声は通常の英語と日本語ですが、会話もなかなかおしゃれでウィットの  きいた物であるために、色々な方法で試してみるとおもしろいかもしれないで  しょう。日本ではだじゃれと言われるような物でも007では、やっぱりおしゃれに  なるようです。関西弁版でも作って欲しいところです。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆パリの確率☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     PEUT-ETRE     ★★☆☆☆     2000年/フランス     監督:セドリック・クラピッシュ     出演:ジャン・ポール・ベルモント、ロマン・デュリス  時はミレニアムを向えるパリ。パーティの最中に恋人から子供が欲しいと告げら  れ、動揺する(ロマン・デュリス)。ふと天井にある穴(マルコビッチの頭の穴  ではない。)に気づいた彼はそこに上ってみると、そこは何と未来の世界で、彼  の息子だというアコ(ジャン・ポール・ベルモント)と出会うのだが…。  冒頭のTV番組、SFなのだが日本のアニメ的なキャラといい明かにポケモンを意識  したマークといい、キッチュな感じがいかにもクラピッシュらしく可愛らしい。  ところがひとたび物語がはじまると、彼の作品とは思えない騒々しさが鼻に突き  出す。  優柔不断の主人公を追い掛け回す子供たちとのやりとりもドタバタとしか思えな  いし、パーティでの壊しまくりシーンにいたってはやりすぎでウンザリするほ  ど。  未来の子供が『生んでくれ』と頼むという設定はユニークだが、過去が現在を、  現在が未来を変えるという発想は古くは『バック・トゥー・ザ・フューャー』か  ら、最近では『オーロラの彼方へ』などでも使われており、新しさが感じられな  い。  未来の風景も砂漠風の景色や不思議な生き物が『スター・ウォーズ』を思い出さ  せてしまう。これならむしろ冒頭のTVのようなオモチャっぽいSFにしたほうが彼  らしい作品になったんでは。  このままだとリュック・ベッソンのようになってしまうんではと気がかり。『猫  が行方不明』で見せたあの絶妙な間や、静かな笑いは何処へ?  ヒロイン役のジェレルディン・ペラスは、デュリスと並ぶといやにおババ臭く、  魅力薄。主演の男たち2人の魅力に免じて2つ星。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆レスリー・ニールセンの2001年宇宙への旅☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     2001 A SPECE TRAVESTY     ★☆☆☆☆     2000/99分/カナダ・アメリカ     監督:アラン・ゴールドスタイン     出演:レスリー・ニールセン、        オフェリー・ウィンター(「男と女、嘘つき関係」)  しょっぱな、ファミリーレストランで「ネゴシエーター」風のパロディーから始  まり、舞台は一気に月面の秘密基地へ。スペースシャトルを壊さんばかりのくだ  らないネタが「2001年」を彷彿と・・・させないかな。連邦保安官ディックス  (おチンチンの複数形)の彼に与えられた仕事は、エイリアンの手によってク  ローンされ、本物とすり替えられた米国大統領クリントンの救出と、入れ替え作  戦。クローンだけに、クローン羊ドリーネタもあります。  そう、これがアメリカの代表的なコメディアン!?、レスリー・ニールセン主演  の最新作です。今年の東京国際映画祭(ファンタスティック映画祭)で上映され  ましたが、まったく噂や評判は聞きませんでした。どうせ面白くないと聞かされ  ても、「2001年宇宙の旅」が好きで、隠れニールセンファンの私にとっては、  やっぱ行かなくてはならない1本でしょう。記事にはしなかったもの、6月の  「アウト・オブ・タウナーズ」以来今年2本目。笑えないコメディー映画は座っ  ているのもつらいのですが、懲りずによくまた見るものです。ファンの鏡で  しょ。  L・ニールセン映画にありがちな大統領からマルクス兄弟まで有名人のそっくりさ  んと共演、おおげさなパロディーシーン、セクシーな美女とのカラミ(?)とお  約束ですね。日本代表か、中田風の役者もいましたが、あれは中田か???  ギャグが冷えびえしているのと、ニールセンがすっかり老けこんでいて、元気が  なかったのが残念。路線は一生変更しないで欲しいが、歳相応な脚本が欲しい。  脚本のネタも最悪だよ。ここらへんでW.アレンが彼に声をかけてくれればいいの  に。  まだまだ精力旺盛というか、長生きしそうな彼だけに、今後も期待だけは持ち続  けるつもりです。  いつになったらオスカー受賞の知らせが届くことやら。こんなんじゃ無理か。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆サイレンス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     le silence     ★★★★★     1998/イラン/76分     監督:モフセン・マフマルバフ     98年ヴェネチア映画祭上院議長金メダル賞  2年前の第10回東京国際映画祭で上映されて以来ようやく上映されました。  「映画は芸術」であるという証明をこの映画は見せてくれます。それでも決して  堅苦しい映画ではなく、盲目のコルシッド少年(実は少女が演じてます)に聞こ  える音を巡る神秘の旅に我々を連れていく。  過剰な芸術的ストーリーではなく、戦争で行方不明の父親と、仕事のない母親、  少年の調弦から得られるわずかな稼ぎが一家を支えるという厳しさ。家賃を払え  ず、追い出されて行く現実。その生活の中に芸術的な調べと映像をちりばめる手  法は、イラン人の詩的なセンスを感じます。イスラム教の持つ詩的感覚が生かさ  れているのではないでしょうか。  少女は花びらを爪につけ、サクランボを耳飾りにし、コルシッド少年の調弦の調  べに合わせて踊る。その伝統的な衣装と三編みの先につけられたビーズ飾り。反  面、少年の服装といえば、薄汚れた『忍者タートル』のTシャツにセーター。正反  対な対象がそれぞれを引き立てつつ、印象を高める。貧しさも、伝統の持つ豪華  さも。  ただの騒音も、「ダダダ、ダーン」とベートーベンの『運命』をモチーフにした  音楽へと昇華していく。2つに割れた鏡に写る2人の顔、バスの車窓にぶっかけ  られる水しぶき。無音と雑音が交互に衝撃を与えつつ、「ロリータ」を超えた官  能的な少年少女の顔のアップ。唇、耳、後ろ髪、このエロチシズムがイラン国内  で上映禁止にされた噂の映像です。  尚、上映中のシブヤ・シネマ・ソサエティではこの映画のスチール写真集が売ら  れています。ペルシャ語と英語の併記で脚本が採録され、写真集としてみても超  一流の芸術的センスでお勧めします。  さらに、この映画館では現在『あなたも、マフマルバフ中毒』と題して、「ギャ  ベ」「パンと植木鉢」のレイトショーが。ちょっと前に千石の三百人劇場で上映  されましたが、見逃した人はビデオなんかではなくて、この映画館に行きましょ  う。スクリーンの位置が高めで頭がかぶることもなく、ゆったりした椅子は座り  心地も上々。女性の為だけの指定席もあります。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               ゆたか               MS. QT MAI               吉田 浩二 ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼