ScreenKiss Vol.203

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.203
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □screenkiss.com宛のメールについて   ■TOKYO FILMeX特集   □ヴェルクマイスター・ハーモニー   □単純な出来事   □酔っぱらった馬の時間   □忘れられぬ人々   ■200号記念プレゼント・ScreenKiss映画大賞募集投票受付中    詳しくはVol.200で! >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆screenkiss.com宛のメールについて☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ScreenKiss.com宛のメールについて、一時の期間受信不可能であった物がありま  した。また、設定の問題でメール自体が長期にわたり取得できない状況になった  物があります。 ■プレゼント応募・ScreenKiss Awardに対するメール   おおよそ問題ないと思いますが、念のために再送信して下さいますと助かりま   す。 ■その他、お問い合わせメール   受信することが長期にわたって出来ませんでした。追ってご返事いたします   が、次のメールに関しては、この場でご返事させていただき、ご返信を致しま   せん。  ◇期限を大幅に過ぎた雑誌などへの掲載の許可    →ご返事が出来ず大変申し訳ありませんでした。基本的に掲載は問題ありま     せんが、是非掲載された場合は、発行済みの冊子を一部お送り下さい。  ◇その他期限の大幅に切れた問い合わせのメール  ◇送信解除について    →当方では個別に作業をしておりません。このメールの最後にある発行サイ     トで解除を行って下さい。  ◇どうしても解除が出来ない    →当方では登録解除はほぼ同様の方法で行っております。特別な方法がある     わけではないので、下記のことをチェックして下さい。   1)登録したメールアドレスが正確ではない     メールマガジン購読時に自分の登録したメールアドレスが現在自分で認識     しているメールアドレスと違う場合があります。たとえば、xyz@abc.comと     xyz@mail.abc.comの場合、xyz@mail.abc.comで登録した場合、xyz@abc.com     では解除できません。   2)転送メールアドレスを使っている     xyz@abc.comを登録した場合、xyz@abc.comがxyz@lmn.comに転送していた場     合、xyz@lmn.comを登録解除しようとしても出来ません。登録したメールア     ドレスを入力して下さい。     これらの内容は、こちらに相談されても解決することが出来ません。もし     現在送られてくるメールマガジンがどのメールマガジン発行サイトか、自     分の登録したメールアドレスを知りたい場合は、ヘッダー部分を見ればお     およその見当が付くはずです。     それでも解決できない場合は、登録したメールマガジン発行サイトへお尋     ね下さい。   3)注意:メルマについて     メルマは以前ClickIncomeと言う名称のサイトでした。このサイトは名称変     更しリニューアルしたのですが、そのためにClickIncomeのサイトではこの     メールマガジンの登録解除が出来なくなりました。新しいサイトは、     http://www.melma.com/mag/31/m00000031/     です。  ◇不明なリプライメール    →本文に発行した内容を引用しただけのメールを何通か受け取っています    が、特に返信は致しません。  ◇ダイレクトメール・日本語以外の言語で書かれたメール お手数かけますがよろしくお願いいたします。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆ヴェルクマイスター・ハーモニー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Werckmeister harmonies     2000年/ハンガリー・ドイツ/145min/モノクロ/35mm     監督:タル・ベーラ     出演:ラルス・ルドルフ、ペーター・フィッツ、ハンナ・シグラ     TOKYO FILMeX・特別招待作品  酔いつぶれた人々の酒場に現れたヤーツェク。彼は太陽系の動きを人々に教え  る。その町には移動サーカス団が来ていて、目玉は「世界一大きな鯨」とプリン  スという謎の男。人々は早く出し物を見たいがなかなか開場しない。プリンスは  「全て無」と預言し、人々は暴徒となって病院を破壊、残虐行為を行う。町には  戦車まで出動しリストに掲載されている者は殺されるという。ヘリに見付かった  ヤーツェクは・・。  揺れる電灯や、闇に光る金属、ガラスに映る薄影・・モノクロームの美しさを最  大に生かした作品である。ヤーツェクを目撃者にした一種の群集劇でもあるが、  何故かここには老人と子供しか登場しない。実は残虐な内容だといわれるグリム  童話を見ているような、時代も場所も特定出来ない「人間」の原罪のようなもの  が感じられる。つい『怪人マブゼ』を思い出してしまった。  その存在を「影」でしか示さなかった「プリンス」とは一体何者なのだろう。神  を語る偽善的先導者のようであり、ある意味真実を知っている賢者でもある。繰  り返される台詞・・「全ては無。完全な物は存在しない。人々は恐れから考える  が、恐れるのは無知のせい。だから考える事自体が愚かで馬鹿げた事。行いは偽  りと幻想。」それでも人々は考え行動する生き物だ。そして恐ろしさから時に暴  徒となる。  では「鯨」は何の象徴か?最後に囲いが焼け落ちてその全貌を現すまで、人々は  その姿を知らない。「群盲象を撫でる」という諺のように、人々は自分の触れた  部分でのみ、つまり自分で手におえる範囲でのみ物事を理解する。だからいち早  く、その目、その身体を知ってしまったヤーツェクは真実を知る者として権力者  からは要注意人物になってしまったのだろうか。  タイトルは台詞から拾うと「神の音楽に規則(音階)を与えた人の名前?」らし  い。とすると、人間の調和の脆さを表現しているのか。見る者によって幾通りに  も解釈可能な作品かもしれない。実際使用されているのは、妙にうるさいラデツ  キー行進曲と残虐行為のあとレクイエムのように流れる静かで荘厳な音楽だ。  ハンガリーの映画というと『カフェ・ブタペスト』位しか思い出せないが「こん  にちわ」にも「じゃあね」にも使っていた「チョッコロン」(と、私には聞こえ  ました)という言葉がつい頭に残響してしまった。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆単純な出来事☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     A Simple Event     1972/イラン/88分     監督:ソフラブ・シャヒド・サレス     TOKYO FILMeX・特集上映  小学生のモハマド・サマニ。母は病気で寝込んでいる。父は魚を沖合で仕入れ、  少年が街の食品屋に密売して日銭を稼いでいる。父の手伝いで毎日学校に遅れ、  父は手に入れた金で酒びたり。薬もない母は、わずかな生活費でスープとパンを  息子と共に食べる。サマニ少年にとっては単純な生活、変化などありえない単純  な毎日が過ぎていくだけ。  ある夜母は死に、埋葬されるがそこには墓石すらない。母のいなくなった息子  に、父は金を与えて「好きなものを食べろ」と言い放ち、別の日はバーで食事を  与えるだけ。少年の食生活は変わったかもしれないが、彼の毎日の行動には何も  変化がない。今日もまた密売の手伝いをし、学校に行く。母の死なんてなんでも  ないように。  ほとんど台詞のない映画。それは映画に必要ないからではなくて、こんな生活を  している彼らには会話がほとんどないからだ。無理して会話を入れることはしな  い。  決して視線を合わせない家族。視線が火花散る最近の『イギリス家族失業物』映  画とは一線を画す異質な迫力がある。いや迫力という言葉は適切ではなかった、  力のない虚脱感が広がる。モハマドの単純な毎日、そこには簡単に抜け出すこと  のできない狭い世界、だがその狭い世界は無限に広がっているかのようだ。  撮影は単純で、時たま数歩下がったところからカメラを回す時の空間の広さがあ  まりにも無情だ。狭い部屋、狭い教室が画面いっぱいに広がり、その壁に囲まれ  て寒々しい空気があまりにも無情だ。繰り返し映るのは1部屋だけの彼らの家、  学校の教室、バーの薄暗い明かりの中。  一方で湖のほとりで父を向かえる姿や、小船が岸辺につくまでの父の姿をかなり  遠方から写す時、そこには人間味のない世界が広がる。前者とは対照的な風景  だ。対照が生み出す明確な説明が映画を覆い、我々は単に眺めていればすべてを  理解できるかのようだった。  ところが、少年がポケットに両手をつっこみ歩く姿は父のそれにそっくりで、締  りのあるきつい視線だけが彼に希望を残すようでもあるが、野良猫と同じ事と気  付く時、さらなる無情は「レ・ミゼラブル」なみだ。  少年の生活は社会の深層にひそんでいるのではなく、表面にむき出しの現実。そ  れはいつの時代、どこの街でも見られるような真実の姿。だから時代を越えて今  でも我々を感動させる。監督はドキュメンタリーではなく作り話を使用しながら  も、フィクション映画という手法がいかに現実的なメッセージを伝える事ができ  るかを見せてくれた。本当にそういう生活をしている彼らを探して撮影するより  も、明らかに重要な作品になった。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆酔っぱらった馬の時間☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     A Time for Drunken Horses     2000/イラン/80分     監督:バフマン・ゴバディ     TOKYO FILMeX・特集上映     カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)  イラクとの国境近くの町に住むクルド人。冬には雪が降り、貧しい彼らには過酷  な毎日。イラクに密輸物資を運ぶ仕事でなんとか食費を稼ぎ出す父親と5人兄妹  の一家。家族総出で働くが、ある日父親が地雷で死ぬ。(これがオープニング  だ!)  3人の姉妹。年齢不詳の男の子マディは生まれながらの難病で、手術を受けて寿  命が延びても1年ともたない状態。それでも、父親なき一家で唯一の働き手であ  る長男アヨブは手術費用を稼ぐために最も過酷な労働・イラクへの闇物資輸送に  出かける。興奮剤代わりに酒の飲ませたラバと共に重たい物資を担いで運び、イ  ラク国境沿いではイラン側の警備隊の待ち伏せを潜り抜け、一歩道を外れるとそ  こには父や村人を殺した地雷が埋まっている。  長女ロジーンはマディを受け入れ手術させることを約束としてイラク人の村へ嫁  ぐが、国境でラバ1頭と引き換えにマディが送り返されてしまう。アヨブはその  ラバをイラクで売って、その費用で手術を試みようとする。マディを担ぎ、ラバ  には重たい物資を運ばせ、キャラバンに無償で加わりイラクを目指すが、いつも  より寒い日、ラバに酒の飲ませすぎて酔っぱらっている中、警備兵が彼らを追い  込む。そしてアヨブがとった行動は・・・。  今まで日本で流行ったイラン映画は子供が主人公だった。この映画も子供が主人  公だが、日本で上映された過去の作品とくらべると明らかに映画の主題が異なっ  ている。オープニング、お金を見つめる少年の視線という鮮烈な印象で、幕を開  けたこの物語は、イラン・イラク、そしてクルド人という問題を扱うとともに、  イランという国の映画がもつ力、映画によってなにかを動かしたいという目的意  識を感じることができる。ハリウッドばかりか他の国にはない感情がイラン映画  にこめられる。だから私はイラン映画が好きだし、まだ紹介されていない分野で  もっといい作品、驚きをもって迎えられる作品が生まれるだろうことを予感す  る。  映画は単なる娯楽と考えている人がいれば、この作品を見てもらいたい。しかし  そんな人にとってはつまらない娯楽としか思えないのかもしれないが、この映画  のストーリーはイランだけではなく、紛争地域に暮らす人の厳しさや、アメリカ  (国連)によって制裁の加えられている国がいかに貧しい状況にあるかといった  政治的な面をも映し出す。アメリカに対立してしまった自国の政治。しかしクル  ドの人にとってのイランやイラクという国と国境の意味はあるのか? 政治に関  係しない(できない)立場、その中の彼らを救う道はどこにあるのか。  絶対に今の世の中では解決できない問題を、感動というマジックを借りることで  平和な国送り込みながらメッセージを伝える。映画を見ている最中は映画の中の  子供達に感情を移入して終わりかもしれないが、その後、この映画をなにかの  きっかけで思い出す時、本来のメッセージが体に染みわたる感覚を得られること  だろう。  アメリカ・ヨーロッパではバッシングすらされそうな動物虐待に近い場面もある  が、あえて映画のためには無視できる範囲と考えた。馬に鞭売って走らせる競馬  が正しいならば、映画で馬の顔をけるくらいは正当だろう。(私はWWFの会員でも  そう思う)  原題を直訳している邦題。冴えない題名は観客動員を減らすだろう。もちろん時  間も権利もない映画祭ではそこまでできないが、公開されるときにはこの題名は  やめてもらいたい。すばらしい映画だが、商業的な面では公開されるのが難しい  この作品、この映画に感動し、皆さんに見る機会を作りたいだけに、それでなく  ても観客が少なさそうな映画がこれ以上悪い方に転がらないことを祈りつつ、こ  の文章を書いている。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆忘れられぬ人々☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Not Forgotten     2000年/日本/120min/カラー/35mm     監督:篠崎誠     出演:三橋達也、大木実、青木富夫、内海桂子、風見章子     TOKYO FILMeX・コンペ作品     2001年夏公開予定  嘗てペリリュー島で生死を共にした戦友、村田、伊藤。そして戦地で金山の命を  救えなかった自分を責め、質素に暮らす木島。最後の戦友会に金山の孫娘、百合  子が来ると聞き遺品のハーモニカを持って初参加する。百合子は看護婦で、末期  癌を患う村田の妻の入院先に勤務。百合子の恋人がユートピアコーポレーション  に就職するが、そこから老人達の運命が変わっていく・・。  この作品は先日、ナント映画祭で主演男優、女優賞を受賞したばかり。監督と受  賞者の2人が登壇した。飄々とした青木氏も、そそとした風見氏も作品の役柄そ  のものの雰囲気。「最近はボケ老人の役ばかり来ていたが、今回は小春という名  前も色っぽい役柄。華を感じさせる演技が要求された」という風見氏。  対する青木氏は「ナントで名前を呼ばれた時は、色々考えていたのに壇上でフラ  ンス人の女優にキスされた途端舞い上がって『初恋のキスより嬉しい』なんて  言ってしまった。これは自分一人の賞ではなく映画を支えた人々皆のものだと  思っている」と茶目っ気たっぷり。  一方、篠崎監督によればこの作品は完成までに3年かかっているが、構想自体は  10代の頃から温めていたそうで、その期間を含めると20年以上の歳月がかかった  という。企画が実現化したのはカメラマンの古屋氏、俳優の青木氏との出会いが  きっかけだが、プロデューサーのサム・ショー氏等多くの人々のお陰。映画はそ  れに携わる全ての人の力の結集だが、最後は観客への伝え方で完成する、と述べ  ていた。とても謙遜で静かな物腰の監督。ベテラン俳優への接し方も想像出来る  ようだ。  「戦争で多くのものを失ったけど、一つだけいいことがあった。お前達に会えた  事だ」という伊藤の発言に「お前、友達と呼べる人は何人いる?その中でお前の  為に死んでくれる友人は何人いる?」と聞かれて考え込んでしまう百合子の恋人  は対極をなしている。彼の入社した会社のいかがわしさは、丁度新興宗教と詐欺  を最悪にしたような、特に弱者を食い物にする現代の象徴のようだ。  しかし、前半の軽快さに比べ、この会社の出現から一気に悲惨な結末に傾れ込む  展開が少し無理がありすぎる気がした。1度は死んだ命だ・・戦争帰還兵がよく  口にする台詞だが(この作品では言っていない)、それにしても無惨。嘗て闘っ  た米国と日本。その混血児がラストで木島の大事にしていたハーモニカを譲られ  る。この子の存在が一抹の清涼剤となって物語に透明感を与えている。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、webmaster@ScreenKiss.comへ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:webmaster@ScreenKiss.com ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長中津川 昌弘 ┼                                   ┼