ScreenKiss Vol.207

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.207
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □Movies-High!   □演劇「真情あふるる軽薄さ2001」   □ハリウッド映画新作情報:ハート・オブ・ウーマン   □或る夜の出来事   □DVDiscovery:ボーンコレクター >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆Movies-High!☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Movies-High! NCWセレクション     期間:2001年1月13日(土)〜1月26日(金)     時間:連日9:00pmより1回上映     会場:BOX東中野  NCWこと、ニューシネマワークショップが、製作・配給・宣伝を手掛ける短編映画  の上映会が、今月、13日(土)より、BOX東中野で2週間にわたりレイトショー上  映される。  そもそも、ニューシネマワークショップ(以下NCW)とは? と疑問に思われる方  も居ると思われますので、ご説明しておこうと思う。  映画を「作る」、「見せる」、そして「経済的に成功させ、次の作品を手掛け  る」という『トータル・プロデュース』の理念の基、1997年にスタート。基礎ク  リエーターコースと基礎ディストリビューターコースの2つのコースがあり、前  者は映画製作、後者は映画宣伝・配給が学べる場となっている。また、両コース  とも、より実践的な事に取り組んで行く為に、主に基礎コース修了者を対象にし  たゼミも設けている。  今回ご紹介している「Movies-High!」は、そんなNCWのクリエーターコースのメン  バーが実際作った作品を、ディストリビューターゼミのメンバーにより宣伝・配  給されている。プロでない彼等が、プロと同じ事に取り組み、プロと対等に仕事  をしている点が、独創的であり、特筆すべき事柄に思う。  本上映会には、8作品が公開されるが、今までNCWで作られてきた30本あまりの作  品の中から、セレクトされたもの。8作品の中には、水戸短編映像祭でグランプ  リや審査員賞を受賞したものもあるなど、質的に高い内容のものが揃っている。  以下、上映プログラムを明記しておく。 ********************************************** ◎上映作品 ★Aプログラム[1月13日(土)〜19日(金)]  「一番列車が出る前に」監督:斎藤理香  「午前六時のゴムボート」監督:原正之  「こたつむり」監督:三橋寿美代  「ninoude-monkey」監督:泊貴洋 ★Bプログラム[1月20日(土)〜26日(金)]  「あのときかもしれない」監督:今西祐子  「ポイント」監督:モリヒト  「畳の桃源郷」監督:森義隆  「揚力の日」監督:和田浩之 **********************************************  また、作品の上映だけでなく、期間中毎日、映画業界人をゲストに迎えてのトー  クショーも催される。詳細を以下に記載しておく。 ★14日間連続トークショー「21世紀、映画で食えるか!?」  1/13 Aプログラム監督舞台挨拶  1/14 須賀大観(映画監督)「ブリスター」&原正之  1/15 塩田時敏(映画評論家)&松梨智子(映画監督)「サノバビッチ・サブ」  1/16 ラジカル鈴木(イラストレーター)&斎藤理香  1/17 水野晴郎(映画評論家&映画監督)「シベリア超特急2」     (今回はビデオ出演)  1/18 萩生田宏治(映画監督)「楽園」&三橋寿美代  1/19 田口トモロヲ(俳優)  1/20 Bプログラム監督舞台挨拶  1/21 塚本晋也(映画監督)「バレット・バレエ」      &大谷健太郎(映画監督)「アベックモンマリ」  1/22 石井聰亙(映画監督)「五条霊戦記」      &栗林忍(映像作家)「レッツゴーイチゴガール」&和田浩之  1/23 ダミーオスカースペシャル(山田広野氏&ホリケン氏)  1/24 古厩智之(映画監督)「この窓は君のもの」&今西祐子  1/25 上野彰吾(撮影監督)「コキーユ〜貝殻」&森義隆  1/26 大嶋拓(映画監督)「火星のわが家」&ムービーズ杯授賞式  選りすぐりの作品、多彩なゲストで奏でられる「Movies-High!」協奏曲。映画を  愛し、映画の世界で生き抜こうと奮闘する者たちが、互いにぶつかり合いながら  も1つの楽器として音を奏で、やがて個々が合わさり1つの曲となる。オーケスト  ラのようなメンバーと、日替わりゲスト指揮者の競演が繰り広げられる14日間。  この小さなコンサートから、あなたの感じる21世紀の映画の才能を、見つけ出し  てみてはどうでしょうか。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆演劇「真情あふるる軽薄さ2001」☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     演出:蜷川幸雄     渋谷文化村・シアターコクーンにて、1月6日から28日まで公演中  当日券なら公演の1時間まえから売出し。さらに30分前に並べばなんとか入手で  きそうです。チケットの種類は、最前列の「参加型自由席」と、その後ろの「見  物型指定席」共に7000円。  「参加型自由席」とは劇に一部参加することのできる位置付けです。残念ながら  私の見る限りたいした参加はできなさそうですが、それでも同じ料金で最前列と  いう位置からすると、見ごたえある席です。参加型という言葉から遠慮している  ようで、当日券での販売もあるようですし、入手した場合さらに会場時間と共に  入場すれば、まさしく自分の好きな椅子をその最前列から選ぶことが可能です。  さてあらすじは、「何かのチケット販売の列に並んでいる老若男女。そこへ1人  の若者が暴言を撒き散らしながら、列という秩序を破壊していく。しかし、それ  は権力によって収集に向かうように見えたが・・・」  この演劇は見て損のない作品です。7000円が高いって?映画よりは確かに高いで  すね。でもライブですから、我慢しましょう。  残念ながらセリフは説得力やパワーがない、時代性の古ぼけたものでした。厚底  靴などに象徴されるように独特な風貌の登場人物たちは明らかに現代の姿なので  すが、その態度がいまいち垢ぬけていない。暴言を吐くその言葉も「青年の主  張」のようなセリフで、そのセリフに共感するなり嫌悪を感じることも少ないた  めに、劇中に入り込めない。  それでもこの作品はすごい。セットは青と白で描かれた単純だが大胆な美しい青  空を背景に階段が置かれ、奥行きと立体感をだしている、シンプルだがミニマ  ル・アートのような構成。そこへ列を構成する数十人の人々が配置されること  で、シュルレアリスムのようになる。彼らが前後へ、時たまスローモーションに  動くことで映画で見られるようなスピード感と迫力を演出する。しかも1人1人  が異なった行動をしている為、我々は人物を選んで視線を向ける必要がある。そ  の結果頭の中では編集された作品を見ているような錯覚をしてしまう。「戦艦ポ  チョムキン」の階段シーンと言えば分かりやすいだろう。  約1時間30分という公演時間は、飽きがくる前に最大の盛り上がりを迎え、しか  も驚愕のエンディングに導かれる。  思わず拍手です。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆ハリウッド映画新作情報:ハート・オブ・ウーマン☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     What Women Want     ★★★☆☆     2000年/米(2001年2月公開予定)     監督:ナンシー・メイヤーズ     主演:メル・ギブソン、ヘレン・ハント     http://www.heart-of-woman.com  大手広告代理店で働くニックは、金持ちで仕事も出来て女にもモテるため自身  満々。が、今やマーケットの中心は女性、女心の解らない彼は、熱望していたポ  ストをドロシーという名のキャリア・ウーマンに奪われてしまう。なんとか挽回  を図ろうと女心を探る彼だが、突然、女性たちの心の声が聞こえるようになって  しまい・・・。  今まで調子こいてた男が、とまどいつつも女心を解るようになり、ヘレン・ハン  ト扮するバリ・キャリ女の心をも開いていくというベタな展開でも楽しめてしま  うのは、さすが女性監督!と唸らされる女性の本音のリアリティ。  セクハラまがいの行為に『サイテー』と思ったり、コトに及ぶ前に『軽く見られ  るかしら・・・』と思ったりは女性なら誰しもうんうん、と頷いてしまうはず。  心を読みながらのエッチシーンは大爆笑!  また、今までならケビン・コスナーやリチャード・ギアが演じて総スカンを食  らってそうな役どころを硬派でマッチョなアクション俳優のイメージが強いメ  ル・ギブソンが演じたのも成功の鍵だろう。今までの彼に魅力を感じなかった人  でも彼の捨て身の演技(パンスト履いたり。)に目からウロコだろう。ちなみに  この作品でゴールデン・グローブにノミネートされた。  「彼が全然自分の気持ちを解ってくれない!」と不満のあるあなた、是非この映画  のチケットをプレゼントしてみて。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆或る夜の出来事☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     It Happened One Night     1934/アメリカ/105分/白黒     製作・監督:フランク・キャプラ     出演:クラーク・ゲイブル、クローデット・コルベール     1934年度アカデミー作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞  映画館でのリバイバル上映、またレンタルビデオや衛星テレビ等で観る事が可能  な過去の作品群。現在に至っても影響を及ぼし続けるそれらの作品を、連載する  形でお伝えしているが、第6回目の今回は、3回にわたりイタリア移民のアメリ  カ人監督フランク・キャプラの作品をお伝えしていく。先ずは、アカデミー作品  賞受賞作『或る夜の出来事』。  結婚を間近に控えた令嬢エリー(C・コルベール)だが、父親の猛反発を受けな  かなか自由が得られない。意を決して恋人の待つニューヨークへ旅立つ。その旅  の途中に出会った、新聞記者のピーター(C・ゲイブル)とひょんな事から一緒  に旅する事になるが、互いに意地の張り合いでケンカばかりしている。だが、  ニューヨークに近づくに連れ、2人の距離も縮まっていく。  今作は、名監督キャプラの代表作ばかりでなく、主演のゲイブルとコルベールを  も一躍スターダムに押し上げた作品。アカデミー賞5部門受賞しているが、3度  にわたり監督賞を受賞したキャプラの1回目の受賞作。恋愛映画とコメディ映画  の2つの要素が詰まった作品。また、この後作られた映画のお手本となるほど  の、絶大な影響を与えた作品としても知られる。  監督キャプラは、常に社会的メッセージを織り込む作風として知られる。ただの  ラブ・コメディ映画として観るだけでなく、その底辺にあるメッセージを汲み  取って観てみるのもいいのではないかと思う。  ある有名なエピソードをお話する。監督キャプラは前年に、『一日だけの淑女』  で作品、監督賞でノミネートを受け、受賞のチャンスがあった。授賞発表の瞬  間、司会者から「フランク」と呼ばれた。キャプラは、自分の名前が呼ばれ意気  揚々と壇上に向かったが、スポットライトは彼でなく他の人物を照らしてた。受  賞者はキャプラでなく、彼と同じ名前のフランク・ロイドだった。呆然と立ち尽  くすキャプラに、背後から「邪魔だ」という罵声が浴びせられる。「人生の中で  最も屈辱的な歩み」と自伝に記すほど落胆したキャプラだが、その屈辱をバネ  に、翌年の今作『或る夜の出来事』で雪辱を果たす事となった。  キャプラ同様に、主演のゲイブルにも、今作にまつわるエピソードがある。後  年、名作『風と共に去りぬ』で、ハリウッド・キングと呼ばれるほどの大スター  になる彼だが、当時は無名の俳優だった。その彼が、今作で大ブレイクする事と  なる。その理由を挙げると、当時の男性は、スーツを着用する際、シャツの下に  下着を着るのが定番スタイルであった。しかし、劇中のゲイブルは、シャツの下  に下着を着用しておらず、肌の上に直にシャツを着ている。このスタイルが、当  時の男性に圧倒的に支持され、下着が全く売れなくなったという。男臭いゲイブ  ルだからこそのエピソードに思う。  冒頭で述べたように、今号より3回キャプラを取り上げるが、1つ意識して見て  欲しいシーンがあります。彼の作品には、必ずと言っていいほど人々が歌うシー  ンが出て来ます。その箇所を探すだけでなく、そのシーンの意図も考えると、  キャプラの主張が十分理解出来るのではと思います。  また、以前、第169号でお伝えした『卒業』で、花嫁奪還シーンの事をご紹介しま  したが、その時に今作の事を書いています。両作品見比べてみてはいかがです  か?  最後に、今作はアカデミー史上僅か3作品しか成し得ていない、作品、監督、主  演男優、主演女優、脚色賞の主要5部門を受賞する快挙を成し遂げています。ち  なみに、残りの2作品は、1975年度の『カッコーの巣の上で』と1991年度の『羊  たちの沈黙』です。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆DVDiscovery:ボーンコレクター☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ★★★★☆  注目の音声解説では、色々な発見や驚きを得ることが出来る。この作品は通常の  カメラ撮影のみで完成したように見えるが、いかに多くの部分でCGI(Computer  Generated Imagenary)を使われているか知ることが出来る。監督が逐一ブルース  クリーンを使われた場所を紹介してくれる。舞台はニューヨークだが、撮影の大  半はカナダのモントリオールで行われ、CGIなどを含む編集はロンドンのスタジオ  で行われている。窓から映るニューヨークの風景も合成で実際はカナダのスタジ  オの物だそうだ。また、天気の関係で思い道理の映像を取れなかったときでもコ  ンピューターで調整した部分などを紹介してくれる。  作品の解説の合間を縫って彼が映画監督になったいきさつや影響を受けた環境や  エピソードを語ってくれる。シーン部分が影響を受けた映画のシーンや逆にある  映画のシーンの二番煎じにならないように変えたかったが、プロデューサーとの  対立で叶わなかったこと、キャスティングの時の思いでや、どうしてこの映画に  彼らが必要だったのかなどの理由を1つ1つあげてくれる。これらの話を聞いて  いると数年前にフジテレビの深夜番組の「アメリカの夜」という映画製作のテク  ニックを紹介してくれた番組を思い出す。  この映画では、首から下が動かない四肢麻痺の主人公だ。そのためにアメリカや  イギリスで四肢麻痺患者を取材し役作りやストーリーに影響を与えている。たと  えば、この作品は四肢麻痺患者であることをテーマにした映画ではなく、女性と  のロマンスの部分も表現したかったと言う。  映画にはテレビと違い幾つかの画面のサイズがある。勿論観客もその画面サイズ  によって映像の印象が変わってくるのだが、この監督がどうしてこのサイズを利  用したのかと言うことも語っている。主人公などの心の変化をいかにして、表し  ていくかのカメラワークの説明、監督自身が率いる第1版と助監督が指揮する第  2班がどの映像なのか、カットが変わるたびに教えてくれるシークエンスもあ  る。そしていかに欲しい映像を作り上げていくか、このシーンが幾らかかってい  るのか、そして今回採用したCGIのおかげで幾ら節約できたのかなど、映画製作の  現実的な部分もなかなか細かく話し込んでいき面白い。  作品が世に出るまでに、数回の試写会を開き、このアンケートなどを元に幾つか  のシーンの修正などを行う。監督は、この作品の興行成績の良かった今でも最後  のシーンは変更したかったのだが、この試写会での評価が高かったために、「無  駄な経費は使うな」と言うことで見送られたとのことだ。現在の映画はマーケ  ティング会社の行う試写会の反応で作品のない用が左右されると言っても過言で  はないそうだ。  監督自身がヒッチコックを意識して作品上に登場する場面がある。良く映画祭な  どで制作や俳優などの舞台挨拶で明かされることが多いのだが、正直フィルムが  回り始めてしまえば、そんなことまで気を付けてみてられないが、音声解説で  は、その場で分かる。  現在の映画は何本ものフィルム・ロールを上映中に切り替えて最後まで流される  のだが、この最後の1本にさしかかったときに、未来はデジタル配信で映画館に  映画が配給されるだろうと予想し、こういったことも無くなるのでは語った。  その他のDVD特典は特に無く、出演者のプロフィール、過去の作品の予告編など。  特別期待できる物ではない。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、info@ScreenKiss.comへ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   info@ScreenKiss.com ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長中津川 昌弘 ┼                                   ┼