ScreenKiss Vol.216

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.216
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □家庭教師   □リトル・ダンサー   □写真家の女たち   □懐かしのスクリーン:ナック   □DVDiscovery:マキュリー・ライジング >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< {magclick} >>☆1☆家庭教師☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ★★☆☆☆     1998/中国/90分     監督:リー・ホン     現代中国映画上映会にて  卒業間近の大学生・ジュウボウ。教職員の試験に落第した彼はがっかり。その  頃、親友の代わりに家庭教師を引き受けることになるが、その子供はできの悪い  いじめられっこマンマン。その少年の中に自分自身を見出したとき、お互いは共  感し始める。その後は勉強も順調に進み、卒業試験の模擬試験に挑むマンマン。  緊張のあまり暗記したことを忘れそうな彼に、ジュウボウはスネに公式を書いて  カンニングの準備をする。そしていよいよ卒業試験。マンマンは再度カンニング  の準備をして挑むが、他の生徒に見つかり、先生にしょっぴかれる始末。そし  て、職員室でめくられたそのスネには・・・。  さて、映画を見に行く理由の1つに、予告編や紹介文では読み取れないその『お  ち』を確認したいということがあります。スネに何が書いてあるか気になって、  この映画を見てきました。  若干24歳の女性監督が作った作品で、他の映画のいいところを勉強していること  がよく分かります。ただし、それはセンスがいいという事とは別問題で、真似し  すぎていてだめ。全体のバランスで考えると、もっとシンプルな作りの方がい  い。映像や編集に凝る必要なないよ。  ただ、単純な撮影手法は評価したいところがありました。映画の始めでは単に滑  稽な味をだす為の大げさなアップが、次第に迫力を持つ点は見ごたえある。  ロケーションも外国人が見ていて心地いい。  カンニングの準備が心理的にマンマンを助けるというアイデアと、大学卒業時に  上手くいかなかったからと言って落ち込んでしまうジュウボウ。2人は似通った  性格だからお互い惹かれていったのでしょうね。  現代中国映画上映会はいままで気になっていましたが、ようやく参加できまし  た。この映画「家庭教師」は、今回が最終上映となり、フィルムは中国に返却さ  れるそうです。独自企画でここまで充実している上映会も珍しいですね。引き続  き、応援していきたいと思います。詳しくは  http://www.parkcity.ne.jp/  ~gentyuei/ まで                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ {magclick} >>☆2☆リトル・ダンサー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Billy Elliot     ★★★★★     2000年/イギリス     監督:スティーブン・ダルドリー     出演:ジェイミー・ベル  貧しい炭鉱の町に暮らす11歳の少年ビリー。父親が「男らしく」とボクシングの  クラスに入れるが彼はたまたま同じジムで練習をしていたバレエに興味を持って  しまい…。  貧困、家族愛、夢といったテーマは『ブラス!』『フルモンティ』などブリ  ティッシュ・コメディの王道とも言える訳で、ワンパターンだしビリーが死んだ  母親の手紙を読むシーンなどヘタすればあざといお涙頂戴になりかねないシーン  もある。  しかし、それでも決して退屈もせず、『クサーイ』と鼻白むこともないのは、他  のイギリス映画にも言えるのだが地味でハンサムでも美人でもない役者たちの確  かな演技力と不幸の中に滲む絶妙なイギリス映画ならではのユーモアのセンスの  お陰だろう。  同じ映画をハリウッドで作ったらこまっちゃくれた子役が主役のお涙頂戴になる  だろうし、日本でつくったら『おしん』のようなど根性系にもなりかねない。  ビリーを演じるジェイミー・ベルも自然体でなかなかだが、父親役の演技は圧倒  的な存在感がある。特にラストの男泣きの表情はいつまでも心に残る。  ハリウッドではまだまだこういう普通のおやじ的な役を控えめにやれる人って少  ない気がする。(知名度の問題もあるが。)最近ではデビット・モースあたりが  頑張っていますが。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ {magclick} >>☆3☆写真家の女たち☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Guinevere     1999年/アメリカ/105min/カラー/アメリカンビスタ     監督・脚本:オードリー ・ウェルズ     出演:ステーブン ・レイ、サラ・ポーリー、ジーナ・ガーション     1999年サンダンス映画祭最優秀脚本賞、ドービル映画祭審査員特別賞     2月3日(土)〜銀座シネパトスで公開中  姉の結婚式にやって来た写真家のコニーと出会ったブルジョアの娘、ハーパー。  彼の不思議な魅力に、大学進学をも辞めて同居を始める。彼はハーパーに写真家  としての才能を見い出すが・・・。  はっきり言って、ちょっと現代風にアブノーマルな味付けをした「マイ・フェ  ア・レディ」にほかならない。決定的に異なるのは、男が自分の思い描く理想の  女性を彼女達の「才能」を開花させる事で成就させると、さっさと自立させてし  まうこと。  『スィート・ヒアアフター』で見せた透明感のある美しさと、子供っぽさを混在  させたサラ・ポーリーが、彼に翻弄されながらも次第に自己の世界を確立してい  く女性へ脱皮していく樣を好演している。対して、コニー学校?の先輩ジーナ・  ガーションは相変わらず中性的魅力がいい。  一方、才能があっても世渡りが下手で、いつも金に困りつつもアルコールを手放  さない写真家役のスティーブン・レイ。どうしても若い女性(しかも複数!)が  惹き付けられる「苦みばしった中年のセクシーさ」を振りまいているとは思えな  いが、年の功で男性経験の少ない女性を虜にする「おやぢ的」部分の前半と、本  気で恋し、娘のような彼女に甘える「男」な部分を垣間見せる後半のコントラス  トはさすが。ドライブの途中で入れ歯が取れてしまうシーンには、中年男の悲哀  が滲んでいた。  それにこういう人っているんですよね。才能ある人が必ずしもいいコーチになれ  ないのと同様に、その逆というのも。彼の場合はどちらっかと言うと後者かも。  ラストで余命幾ばくもない彼を看取るべく集合する、女性達。ライバル意識もな  く、それぞれに彼の為に語る彼女達は、その葬式に前妻達・・B・バルドー、J・  フォンダ、C・ドヌーブ・・が集合して泣きぬれたというロジェ・バディムを思い  出してしまった(彼もまた彼女達の魅力を引き出しては大女優へ仕立てた人だっ  た)。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ {magclick} >>☆4☆ナック☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     The Knack...And How to Get it     1965/イギリス/86分/白黒     監督:リチャード・レスター     出演:リタ・トゥシンハム、マイケル・クロフォード、        レイ・ブルックス、ドネル・ドネリー     音楽:ジョン・バリー     1965年カンヌ国際映画祭グランプリ  映画館でのリバイバル上映、またレンタルビデオや衛星テレビ等で観る事が可能  な過去の作品群。現在に至っても、影響を及ぼし続けるそれらの作品をご紹介し  ているが、今回は、フランスのヌーヴェル・ヴァーグのように、若者の文化、ス  タイルを描いて支持を得たアメリカ人監督リチャード・レスターの『ナック』を  ご紹介する。  教師をしているコリンは、アパートに友達のトーレンを住まわせているが、女に  モテモテの彼の所には何人もの女が出入りしている。コリンは、迷惑に思いなが  らもそんなトーレンが羨ましい。彼に、女をうまくひっかけるコツ=ナックを教  えてもらう事にする。そんなコリンは、田舎からロンドンに出て来たナンシーと  出会う事になる。  ヌーヴェル・ヴァーグのようなドキュメントな作り、スピード感溢れる画面、床  から天井に至るまで全面に白色を用いたセット、と若者映画に見られる新感覚な  面が随所に用いられている。ロンドンという雰囲気とモノクロ撮影がマッチして  いるだけでなく、モッズ・スタイルのトーレンに見られるファッション性、アカ  デミー作曲賞4度の受賞歴のJ・バリーの音楽など、現在の若者のハートを捉える  だけの魅力が満載している。  ロンドンという雰囲気が伝わっていると話したが、監督はアメリカ人というのが  面白い。しかし、R・レスターは、前年の1964年にビートルズ主演の映画『ビート  ルズがやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』を監督、今作『ナック』の後にもやはり  ビートルズ主演の『HELP!四人はアイドル』を監督するなど、イギリスとの関係が  密接。60年代イギリス発信の若者文化を描いた映画の代表監督と言っていい。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ {magclick} >>☆5☆DVDiscovery:マキュリー・ライジング☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     ★★★☆☆  日本で流通している洋画DVDの多くは外国版の素材を日本語したものが殆どだろ  う。しかし普通はコンテンツ自体は殆ど日本語化されており、幾ら英語が不得意  と行っても全く分からなくなることはないだろう。  しかし、このDVDはそのような翻訳作業は極最低限しかされていない。デザイン的  に英語の方がかっこいいとは思うが、もしそうならば、日英切り替えが出来るぐ  らいの配慮が必要だろう。  字幕は英語と日本語の他にスペイン語、ポルトガル語、中国語、韓国語とタイ語  らしき文字が選択できる。吹き替えは英語と日本語が選択できる。元々DVDは1枚  で各国語の字幕が入れることが出来ることを想定していたので、こうなっていく  ことは当然だろう。  しかし、このディスクがインターナショナル版として制作されたのではないと思  われるのは、中南米のスペイン語圏の人間や在日韓国人や中国人などを対象に収  録したのだろう。中国語と言っても幾つかの言語があるだろうし、フランス語や  ドイツ語が入っていないのも不自然である。  このように日本におけるメジャー外国人層までターゲットにしたのは素晴らしい  が、肝心の日本人向けとしては、本編以外の特典映像や情報は英語のみだ。しか  もインターフェイスは英語のみでヘルプ画面を用意してありここに各項目に付い  ているアイコンの意味が日本語などで書いてあるのである。  コンテンツとしては、監督による音声解説まであるのだが、これに関しては字幕  さえも無いのである。だから英語が理解できないと意味がない。プロダクション  ノートや出演者のデータも見れるが英語だけだ。ただしカットされた未公開シー  ンに関しては字幕付きで見ることが出来る。  もしこれらの事が僕の操作ミスだけで出来ないのだとしたら申し訳ないのだが、  仮にそうだとしても分かりにくいことだけは間違いない。  つまり英語版としては、かなり充実した内容だが、日本語版としたら映画本編し  か無いと言っても過言ではない。  マイナー映画で予算がないのならまだしも、ブルースウィリスが出ているほどの  映画でこれは手抜きと言っても良いだろう。 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇今週のうわさ____________________________◇ ◇  故マリリンモンローの遺品が競売にかけられることになった。彼女の使っていた  ボールペンが500ドルからと言うものあるが、彼女が送ったポストカードが  7000ドル、水着やウェディングドレスまで出展されている。 ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、info@ScreenKiss.comへ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   info@ScreenKiss.com ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼