ScreenKiss Vol.232

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.232
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □ハード・デイズ・ナイト   □ドッグ・ショウ   □山の郵便配達   □いのちの海   □スターリングラード >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆ハード・デイズ・ナイト☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     A Hard Day's Night     1964年/イギリス/88min/モノクロ(デジタル・リマスター・バージョン)     監督:リチャード ・レスター     出演:ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン        リンゴ・スター、ウィルフレッド・ブランビル     http://www.shochiku.co.jp/aharddaysnight/     3月31日(土)よりシネマライズにて公開  熱狂的な追っ掛けファンから逃れて、列車に飛び乗ったビートルズ。そこには何  故かマネージャーの他にポールの祖父が。実はこの爺さん、カジノですってんて  んになりかかるわ、4人のサイン入りブロマイドをコンサートの列に売り付ける  わ、と行く先々でトラブルメーカー。爺さんの差し金で町をふらついていて警察  に拘束されたリンゴ。刻々とコンサートの時間は迫って来て・・・。  昨年は「ビートルズ大全」が出版され、米英でナンバー1になった作品集「The  Beatles 1」CDが発売、日本ではジョン・レノン記念館もオープンした程、世界中  がビートルズで涌いた。そんな彼等の一番ノリノリの時代を目のあたりに出来る  作品だ。しかもライブシーンの中に子役時代のフィル・コリンズがいたりするそ  うだから、ファンは気を付けて目を凝らしていると色々な発見が出来るに違いな  い。  日本では1964年公開当時『ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!』という  邦題だった。これはいわばファンサイドのタイトルだが、原題はビートルズサイ  ドのネーミング。この後4本の映画に出ているが、「ビートルズを見たかったら映  画で」「聞きたかったらレコードで」という後の彼等の発言にも納得出来る位、  まさに「犬みたいに」働いていた時代だ。  彼等の発言、ファッションが当時のモードに影響してい点も興味深い。独特のあ  のヘアスタイルは勿論だが、映画でも彼等の英国特有の固い英語の響きながら  ちょっとした言葉遣いが新語的に遣われている。伝統を引き摺る反面、非常に  尖った部分を持つ英国の2面性が表れているようだ。典型的な紳士然としたポー  ルの祖父が一番変わっている設定も同様かもしれない。  日本で初公開の際は何でも前夜から列が出来て警官まで出動。当日はとうとう  2000人にまで膨れ上がって打止めになったそうだ。映画館の中ではファンが絶叫  してパニックになったというし、凄まじい迄のファンの様子は何処でも、何時の  時代も同じようだ。しかし、今の時代にこれだけカリスマ性のあるミュージシャ  ンっているのだろうか?                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆ドッグ・ショウ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Best in Show     2000年/アメリカ/90min/カラー/35mm/ヴィスタ     監督・脚本・出演:クリストファー ・ゲスト     出演:ジェニファー ・クーリッジ、ユージーン・レビー、        マイケル・ヒギンズ     www.dogushow-cinema.com     ボストン批評家協会賞エクセレント・フィルム・メーキング選出     3月31日(土)よりシネマライズにて公開  愛犬ワイナマラとセラピーを受けるヤンエグ夫妻。派手な男性遍歴を持つ妻とテ  リアを溺愛する左足が2本あるジュリー。趣味の腹話術でハウンドドッグと心通  わせる?釣り具店主のハーラン。プロハンドラーとヘアサロン経営のゲイカップ  ルの愛でるシーズー。チャンピオン歴を持つスタンダード・プードルのオー  ナー。皆、権威ある?ドッグショーに挑戦する5組。果たして今年の栄冠は誰に?  たっくさんの犬が登場して、ドッグショーの裏側まで見学出来る、犬派には嬉し  い限りの映画。でも、ここで「可愛い」わんちゃんを期待してはダメ。アニマト  ロニクスはもっての他、彼等はあくまで気品高く、どこまでも犬らしい。対して  飼い主達は皆一様にどこか変。ショーの司会者もどうしようもなく変。  昨年アメリカで、「ペットのネーミングブック」というのを見かけた。犬猫は勿  論、鳥や兔、果てはカメレオンに至る迄「ボディの色に由来する」「有名人にあ  やかる」何ていう方法や「好まれる名前ランキング」の紹介まで書いてあった。  映画でも「この子は絶対に黄色と黒の蜜蜂の玩具でないとダメなの!」と言って  喚く飼い主が出てくるが、本の隣には人間の子供のかと思われるような人形がず  らりと並んでいた。  日本のペットショップでも結構圧倒されていたのに、アメリカのこの凄さには負  ける。ペットフードに至っては何をかいわんや、である。だが、この作品で謎が  解ける。ペットを通じて自分達の自己表現を実現させるべく、彼等は日夜努力?  しているのだ。チャンピオン決定後の彼等のその後を見ればよく判る。  テリア中毒?夫妻は本格的にテリアソングでデビューし、チャンピオン犬オー  ナーはレズに目覚めてその分野で成功。ハーランは腹話術に本腰を入れ、ワイナ  マラーを返品してパグにした夫婦は円満になった。それにしてもナチュラルな犬  の前に人間の何と愚かしい事か。子供と動物とは共演するな、とよく言うけれど  動物ってやっぱり、その存在だけで人間をいとも簡単に越えてしまうんですね。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆山の郵便配達☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Postmen in themountain     1999年/中国/93min/カラー/ヴィスタ     監督:フォ・ジェンチイ     出演:トン ・ルゥジュン、リィウ・イェ、ジャオ・シィウリ     http://www.iwanami -hall.com 又はhttp://www.eigafan.com/     1999年中国金鶏賞、モントリオール映画祭観客大賞     4月7日(土)より岩波ホールにて公開  足の故障でやむなく長年務めた郵便配達を引退する事になった父。息子に引き継  ぐ日、彼は息子に同行する。犬を連れ、険しい山道を数日かけて歩き通す2人。  今迄になく親密な時を過ごす父と子は、それまで知らなかった相手を見い出し、  初めて互いを深く理解しあう。そして次の配達の日。息子を見送る父の姿があっ  た。  これと言ったハイライトがあるわけでもなく、淡々と続く父子の旅。だが、ここ  に家族の絆や、忘れかけている人間の持つ優しさ等が嫌味なく綴られ、清清しい  感動を呼ぶ。そして、この父子をサポートする忠犬、次男坊の存在。うーん、不  覚にも目頭が熱くなってしまった。  郵便物を背負って山道を歩き通す・・これだけで何やら戦前の中国の墨絵のよう  な風景が浮かぶかもしれないが、1980年代のお話である。親の背中を見て育つと  いうが、年中不在の父はまるで現代のサラリーマン家庭と変わらない。父は説教  がましい事は、何一つ言わないが、息子の知らない「郵便配達人」としての姿を  見せる。初めて素直に「父さん」と呼ぶ息子。「郵便物より軽いね」・・父を背  負った彼の台詞も泣かせる。  「ある男が毎日彼女にラブレターを書きました。そして彼女は郵便屋さんと結婚  しました」という笑い話があるが、ここでの父の存在のようだ。必要とあらば盲  目の老人に手紙を読む。それが例え白紙だとしても・・。「考えることなしに人  生はない」という父の思いはこんなところにも出ている。  息子の知らなかった両親の出会い。また同じように美しい山里の娘に心惹かれる  息子。血統?と思いきやここで彼は考える。「山里の娘は毋さんのように、いつ  も故郷を思い出すから(結婚しない)」。毋の寂しさ・・。そう言えば登場する  女性達が、皆驚く程美しい。しかし、息子役のリイゥ・イェとその毋役ジャオ・  シィウリが同年齢とは吃驚だ。中国的なスローテンポと現代風のポップスを上手  に使った音楽も耳に心地よい。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆いのちの海☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Closed Ward     1999年/日本/102min/カラー/35mm     監督:福原進     出演:上良早紀、頭師佳孝、林泰文、安岡力也、芦屋小雁、有馬稲子  かささぎ病院の入院患者には、知的障害の昭八、幻聴だったチュウさん、死刑か  らの生還者である秀丸等がいた。不登校の島崎由紀も通院を始め、治療の一環と  して陶芸を学ぶ傍ら彼等と交流を持つようになる。入所者の一人、ヤクザの重宗  はしょっちゅう乱暴を働いていたが、ある日、由紀に目をつける。それが殺人事  件にまで発展するが・・。  久しぶりに見るかっちりとした、日本映画だ。有明の美しい海。そしてかささぎ  病院の患者の憩いの場である稲荷神社の眩しいばかりの緑。美しい自然をバック  に、それと呼応するかのように澄んだ心を持つ昭八や、全てを受け入れて生きて  いる秀丸・・・。とかく世間からは「特別視」されがちな人々の精一杯の生きざ  まが、干潟に代表される人間の身勝手さと対を成して「原罪」をも考えさせられ  る作品だ。  医務室でチュウさんが覗き見てしまった患者の記録には、画一的に「精神分裂」  「精神遅滞」と記載され、ここでは彼等の個性がまったく無視されている。管理  社会に共通するやり方だ。しかし演じる役者陣は芸達者が揃っている。  ここで唯一病名が書かれていない男・・麻薬中毒のヤクザ、重宗・・がいる。警  察から逃れるために病院を利用した『カッコウの巣の上で』のJ・ニコルソンと同  様な立場ながら、彼はどこまでも凶暴(演じる安岡力也の猛獣のような力み過ぎ  のアクションが、ちょっと浮いていた?!)だ。病名の付いている患者と付いて  いない重宗・・実際はどちらが狂っているのか・・・。  秀丸の印した「無事」の二文字。自分の命がけの最後の殺人を「無事」に終える  事で自分自身の魂の救済を祈った言葉に違いない。そして、その彼の犠牲を全身  で受け止め、生きる意欲を甦らせた由紀。退院の決心をしたチュウさん。その辺  りに、どうしても秀丸の行為にキリスト教的な隣人愛を感じてしまう。  原作は帚木蓬生の「閉鎖病棟」。興味ある方は一読をお薦めする。なお、この作  品は昨夏モントリオール映画祭で上映されているが(Vol.180)今回4/3と4/5に  MXTVで8:00PM前後、映画番組終了後に紹介される予定。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆スターリングラード☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Enemy at the Gate     2001年/アメリカ・ドイツ・英国・アイルランド/132min/カラー     監督・製作・脚本:ジャン=ジャック ・アノー     出演:ジュード ・ロウ、ジョセフ・ファインズ、レイチェル・ワイズ     www.stalingrad-movie.com     4月14日(土)より日比谷スカラ座他にて公開  ドイツの侵攻で苦戦を強いられていたスターリングラードに送り込まれた25歳の  スナイパー、ヴァシリ。一撃必殺の腕は、将校ダニロフに認められ戦線のプロパ  ガンダとして利用される。意思と裏腹に英雄に祭り上げられた彼の噂に、ナチス  から名狙撃手のケーニッヒ少佐がやって来る。その頃女性兵士、ターニャを愛し  たダニロフが彼女の愛するヴァシリを遠ざけようと、より苛酷な戦線に配置する  が・・。  これが実在の人物というのがにわかに信じがたいようなお話である。冒頭のヴァ  シリがスターリングラードで体験する凄まじい激戦の様子は息がつけないほどの  緊張感。殺されに行くような激戦地。敵弾より弱腰な味方に向けられる銃口の怖  さ。このシーンでヴァシリが初めて発する言葉I need a lifeの重み。  「森の狼は3年、ロバは6年生きる。役にたつ者程長生きするのさ」・・ヴァシリ  が恋人ターニャに言う台詞だ。幸運の女神の力も借りて生き延びた彼だが、その  背後に数え切れない程の若者が「同志スターリン」の名のもとに命を散らしてい  る。こうした犠牲の上に生き延びたスターリンが今度は、戦後にあの「粛清」の  恐怖政治を敢行する。何とも言えない虚しさを感じてしまった。  そして、共産主義そのものの嘘くささ。ダニロフが今際の際にこんな事を言う。  「皆が平等な社会を実現すると思った。でも人間の持つ本性までは平等ではな  い。愛に恵まれる人とそうでない人、才能ある人とない人。そうした差への妬み  や欲望にソ連は勝てない」背景には勿論、ターニャを巡るヴァシリとの確執があ  るが。  一方やはり狂人のヒトラーを掲げたドイツ。颯爽と登場する切れ者エド・ハリス  の少佐(複雑な心境の演技は素晴らしい)はドイツの狡猾さを知り尽くした上で  なおも闘う。これは愛国心というより、戦死した息子の為だけだったのかもしれ  ない。  400人殺して英雄になったヴァシリ。どうしてもチャップリンの『独裁者』の有名  な台詞・・一人殺せば犯罪者、沢山殺せば英雄・・を思い出してしまう。間違え  ば凶暴な男。が、正確な仕事ぶりと内面のナイーブな優しさを持つヴァシリをJ・  ロウが愛おしい程に丁寧に演じている。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   [email protected] ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク