ScreenKiss Vol.234

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.234
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □ハリウッド映画新作情報:シュガー・アンド・スパイス   □シリアル・ラヴァー   □キャンディ・ラヴァー・ガール   □Lies/嘘   □キッド >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆ハリウッド映画新作情報:シュガー・アンド・スパイス☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     シュガー・アンド・スパイス     Sugar and Spice     ★★★★☆     (2001年/アメリカ・日本公開未定)     監督:フランシス・マクドーガル     出演:マーリー・シェルトン、ミーナ・スバーリ  学校でカリスマ的人気を誇る、美女5人のチアガール達。そのリーダーが、これ  また学校イチ爽やかなアメフトのクォーターバックと恋に落ち、妊娠してしま  う。どんなに人気者で美しくても、高校生である彼らにはお金も無く、彼女達は  友達のため、そして自分の夢のために強盗を企てるのだが・・・。  主人公を演じるマーリー・シェルトンはヘザー・グラハム的な、金髪青い目のお  人形顔で、お洋服やお部屋はいつもピンク色。髪にはいつもリボンを付けてい  て、まるでバービー人形のよう。方やボーイ・フレンドは金髪にいつも青いシャ  ツ。  この極端なまでの可愛らしさが逆に彼らの内面の空虚さを示しているようだ。物  質的には恵まれ、苦労も知らない。そして気にするのはおしゃればかり。でも頼  れるのは親ではなく友達や彼氏・・・。なんとなく今の日本の若者にも通じる気  がする。  強盗を企てるきっかけもキアヌ・リーブス主演の『ハート・ブルー』の強盗シー  ンがクールだからという理由のみ。作戦を練るために『レザボア・ドックス』な  ど犯罪映画を手分けして見るシーンには苦笑してしまう。  『アメリカン・ビューティ』でもアメリカの闇の部分が巧みに表現されていた  が、本作はコメディーでティーン映画、一見可愛いのにそのへんの毒を見事に表  現していて脱帽してしまった。ちなみに『アメリカン・ビューティ』で美の象徴  となったミーナ・スバーリが今回はブルネットの髪で母親が刑務所にいるはすっ  ぱな少女を演じている。  強盗のシーンのスタイリッシュ?な映像や思わずア然としてしまうオチなど退屈  せずに楽しめる。ハリウッド映画やティーン映画なんて!という人にこそお勧  め。  付け加えると、最近では珍しい1時間30分程度の短さもあっさりしていて小気味よ  い。                                MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆シリアル・ラヴァー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Serial Lover     1998年/フランス/85min/カラー/1:2.35     監督・脚本:ジェームズ ・ユット     出演:ミシェル ・ラロック、アルベール・デュポンテル     www.crest-inter.jp     4月28日(土)よりシブヤ・シネマ・ソサエティにて公開  ミステリーの出版社の編集者、クレール。彼女は35歳の誕生日に3人のボーイフレ  ンド(実際は同居人を入れて4人)を招待して、夫選びを決意。が、ディナーが始  まると同時にその悪夢は始まった。次々と「偶然」彼等は事故死していくのだ。  丁度その日、二人組の泥棒を追跡するセリエ刑事も附近を捜索しており、怖く  なったクレールは妹に助けを求めるが・・・。  『バットマン』かと見まごう程の奇怪なカメラワーク。お約束の不穏な音楽。全  て昔の怪奇もの路線を踏襲しながら、漫画を地で行くおふざけな映像。不愉快な  人を血祭りにあげていくブラックコメディ『シリアルママ』と異なり、我らがヒ  ロインに殺意は皆無。「そんなバカな!」と思いつつスクリューボールコメディ  のようなスピーディな展開に気が付くとエンド・マークが。  冷蔵庫、ナイフ、電話線、そして何故かスケート靴等、家の中に転がってるもの  が凶器。危険なのは観客だけが知っていて「あっ!そこに居ては危ない!後ろも  見ろ後ろ」と叫びたくなるようなそんな感じが何とも言えず計算されたチープな  トリック。こうなったら観客は完全に監督にしてやられているわけだ。  極め付けは繰り返し歌われる「Only You」。お間抜け泥棒の人間ミュージック  ボックスも変だけど、カッコマンなのにずれてるセリエ刑事が「君は一人でも勇  敢だった。自分の強さが分かったね」とクレールを慰める台詞とこの歌、そして  彼のラストシーンを重ね合わせると効果は数倍!つまり彼女は誰にも頼らず(と  いうか頼れず)生きていく運命なのだ。変人に囲まれて一人、美しく冷静に対処  するクレールが逆に浮いて見えるのも可笑しい。  さて、この作品は実は3年前のフランス映画祭で1度見ている。それで今回は余  裕の鑑賞。すると実に細かいところまで行き届いた「お遊び」に気が付く。「ま  ずい選択」「クリームの殺人」等のふざけた本のタイトル。家の中のポスターも  悲劇の展開を暗示し監督に半分流れるイギリスの血のせいか、ご丁寧に落ちて来  る写真はヒッチコック。監督の来日時のノリノリの雰囲気は早々に死んでしま  う、サシャそっくり。実は監督の分身と確信している私です。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆キャンディ・ラヴァー・ガール☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Lover Girl     1997年/アメリカ/88min/カラー/ヴィスタ     監督・脚本:リサ&ジョー     出演:タラ ・サブコフ、サンドラ・バーンハート、        クリスティ・スワンソン     http://www.cinemacafe.net/theater/css     4月14日(土)よりシネセゾン渋谷にてレイト公開  毋は彼と行ったバカンスから戻らない、仕方なく長年音信普通の姉を尋ねたら門  前払い・・16歳のジェイクの夏休み。そんな彼女に手を差し伸べたのは、マッ  サージパーラーで、姉さん株のマーシー。ひょんな事からジェイクはオーナーに  内緒でここで働き出すが・・・。  いわゆる風俗営業が舞台のこの映画。でも全然淫ぴなイメージがなく、働く女性  も健康的で逞しい。それに対して常連客はなんだか情けない奴ばかり。女の武器  を最大限利用するこの商売、「バナナと思えば平気よ」というたキャンディ  (ジェイクの源氏名)のあっけらかんとした発言も笑える。  16歳のジェイクを演じるタラ ・サブコフ、実は製作当時は24歳!20歳の時にも何  と14歳の男の子の役でデビューしたのだそうだ。小柄で童顔の彼女だが、実際は  デザイナーとしてレーベルも立ち上げている。その彼女の作中でのファッション  も見物。TシャツGパンのガキんちょ姿から、どうみても学芸会的お仕事服まで。  それにジェイクのキャンディ好きも半端じゃない。舌を緑に染めて人工甘味料の  固まりみたいなキャンディは、どぎつい甘さなのにそれぞれ主張していてアメリ  カ社会のようだ。  「固い殻の下に甘いものが隠れている」とはマーシーの事。「始めは刺激的だが  食べ過ぎると口内炎になるし、お腹をこわす」とは、この商売の事。彼女なりの  キャンディ哲学が結構鋭いところを突いたりしてなかなかだ。ポップな音楽も楽  しい。  本当、アメリカのキャンディの甘味は凄い。舌は痛くなるし飽きるし。でもこの  甘さ、しゃっくりが出た時にそっとなめると意外と止まるんですよ。1度試して  みて。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆Lies/嘘☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     1999年/韓国/108min/カラー/アメリカンヴィスタ     監督・脚本:チャン ・ソヌ     出演:イ ・サンヒョン、キム・テヨン、チョン・ヘジン     http://www.imageforum.co..jp     4月28日(土)よりシアター・イメージフォーラムにて公開  芸術家Jに憧れる同級生ウリの代わりに彼とコンタクトを取った女子高校生のY。  卒業目前に初めて会った2人はその日から深い仲に。それは処女を捨てる相手を  自分で選びたい、という彼女の選択でもあった。デートを重ねるうちにJのS的な  性癖が露になる。それに耐える事が愛と思うY。仕事で別居中の妻に会いにパリに  行った彼の帰国を待ちわびるY。大学生になった彼女はひょんな事でS側になる  が・・。  さて、原作は猥褻文書で有罪にされ、ローマ法皇からは「よろしくない映画」の  お言葉を頂き、海外マスコミにも「芸術かポルノか?」と物議を醸し出したお騒  がせ映画である。確かに女学生らしい好奇心で始まったJとの初体験にどこか田舎  臭さが抜け切れていなかったYが、彼との行為を通して段々と大胆に、積極的に、  そして男に優位に立つ事を自然に身に付けていく樣は、同性ながら恐ろしいばか  りの変身ぶりだ。そんなYにのめり込んでいくJ。韓国版『倦怠』SMヴァージョン  といったところか。  家出したYと点々と居場所を移動するJ。Yが彼女の監視役だった兄の死で、この逃  避行にピリオドを打ちたいと言った時に彼は思わず怒鳴る。「俺はどうな  る!」。完全に立場が逆転。こうなると分別もなくしたただの単細胞な男。男の  弱さと女のしたたかさ。  物語の大半が密室のセックス&SM(&スカトロ)。貧弱な身体をアクロバッティ  ングに駆使して頑張る姿は、痛ましくもあり辛く苦しくさえある。しかもモザイ  クもボカシもない潔さは凄い(よく映倫を通過したものだ)。美しいセックスは  幻想の様に思えてくる位だ。  「お道具満載」アタッシェケースや、殴る為の棒作りに真剣に励む様は妙に可笑  しい。そもそもセックスは非常に個人的な事柄だが、こうして見ると第三者的に  は案外滑稽な営みなのかもしれない。JのS的性癖がその生い立ちにあるように、  一歩間違えばドメスティックバイオレンスになりかねない。しかし、これを愛と  勘違いしてしまう事でこれらの区別が曖昧になっている事もあるだろう。  この作品の面白いところは、最初の方で時折映画の撮影風景を入れている点だ。  これを全編「つくりもの」のドキュメンタリー風ととるか、映画そのものととる  かで受け取り方が違ってくるだろう。見る側の自己投影の目安になるかもしれな  い。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆キッド☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     The Kid     ★★★★★     1921/アメリカ/53分/白黒     製作・監督・脚本・作曲・出演:チャールズ・チャップリン     出演:ジャック・クーガン、エドナ・パーヴィアンス  映画館でのリバイバル上映、またビデオ、DVDや衛星テレビ等で観る事が可能な過  去の作品群。現在に至っても影響を及ぼし続けているそれらの作品を、邦洋の東  西を問わずご紹介しているが、今回から、映画界最高の天才チャールズ・チャッ  プリンの長篇作品をご紹介していく。  山高帽にちょび髭、丈の短い上着にダブダブのズボン、そしてドタ靴にステッキ  という独特のスタイルでお馴染みの放浪者チャーリー。数多くの作品で、チャッ  プリン演じるこのチャーリーが、人間の悲喜を体現し笑いと涙を誘ってきた。弱  者に優しく、富や権力を有する者には痛烈に風刺し笑い飛ばす。そして人間の在  り方を問い、我々に数多くの事柄を投げ掛けて来る。それを完璧に計算しつくさ  れたパントマイムで演じ切る。  彼は監督としても優れた才能を発揮し、同時代のサイレントの大スター、ストー  ン・フェイスのバスター・キートンやロイド眼鏡でお馴染みのハロルド・ロイド  が後年活躍の場を失ったのに対し、チャップリンが映画界最大の巨人としてその  地位を保ち続けたのも、チャップリンという偉大な監督の存在があった為と言わ  れるほど。  演出家としてのチャップリンは、鋭い洞察力を持ってして笑いの中に人間の醜さ  や愚かさ、また悲劇性をも表現している。彼の作品を観ると、人間の良心につい  て深く考えさせられる。映画監督は、作品の中に自伝的内容や自身の思想を反映  させるという。チャップリンもまた、人はどうあるべきかどう生きるべきかと  いった事を常に作品に提示している。彼ほど思い遣り、心の平和への願いを描い  た監督はいないと思う。まさに尊敬に値する人物だ。  さて、そろそろ作品紹介に入ろうと思うがその前にもう1つ。今回ご紹介する  『キッド』はチャップリン初の長篇作品である。ただしセリフがない。これはサ  イレント(無声映画)といって、映画誕生から約30年セリフがなかった時代に作  られた作品の特徴。  フィルムは、ビデオと違って絵は写せても音は録音出来ない。セリフの登場は、  録音機材の技術革新を待たなければならなかった。しかしチャップリンは、トー  キーと言って映画に音が登場した後も、「パントマイムには声は要らない」とセ  リフを頑なに拒否。この事は、映画は視覚に訴える芸術という基本的概念と共通  する。だがそんな彼も、後年『独裁者』においてセリフを用いる。これは、絵で  表現出来ない部分はセリフで補い表現するという映画理論につながるものだ。  今回の『キッド』は述べたようにサイレント。チャップリンの声を聞く事は出来  ないが、彼の動きの全てがセリフとなって聞こえて来る。セリフのある作品は  後々ご紹介する。それでは『キッド』の内容について述べる事にする。  男に捨てられた女(E・パーヴィアンス)が、生んだ赤ん坊を育てる自信がな  く、捨てる決意をし金持ちの車に置き去りにする。しかしその車が泥棒に盗ま  れ、赤ん坊は路上に捨てられる。そこへ通りかかった放浪紳士チャーリー(C・  チャップリン)が拾い上げ育てる事となる。5年後、成長したキッド(J・クー  ガン)のもとに、有名なオペラ歌手になった母である女がやって来る・・・・。  全篇において、冒頭部分の有名な「微笑みと一粒の涙の物語」という字幕が示す  通りの内容。笑いのシーンで特に印象的なのは、チャーリーが子供を拾う場面。  赤ん坊を抱き上げた後、元に戻そうとしたら警察に見られていて、捨てたと誤解  されたので仕方なく拾わざるを得ないという展開は最高だ。感動的な場面では、  施設に入れられそうになるキッドを助け抱き合うシーンが挙げられる。このシー  ンは涙抜きには見られないが、今作の最も感動的な場面だけでなく映画史上の名  場面でもある。  今作でキッドを演じたJ・クーガンが素晴らしい。彼の名演技が作品の感動をよ  り一層高めた言っても異議はないと思う。彼の演技は語り草になってるほどだ。  映画史を彩った数々の子役の中でもナンバーワンと言って良い。  『キッド』は、タイトル通り子供を軸に展開する作品だが、微笑みと一粒の涙の  裏には子供を捨てたという人間の暗い部分が描かれている。映画では、男に捨て  られた女という悲劇的設定ではあるが、子捨てという設定は、自分勝手な気持ち  だけで安易に子供をもうけ、養育に関して無責任な親が目立つ現代人にも通じる  メッセージとして受け取る事が出来る。それとは逆に、育て親のチャップリンの  姿を見て、子育ての意義というものも同時に教えてくれている。また、子供を捨  てた母親が罪悪感から慈善活動に精を出すという点について、人間の心の内を見  事な洞察力を持って描いているのはさすが。  チャップリンの作品は、社会的メッセージが強く表れたものが多い。今作を含め  全部で8作品取り上げるが、『キッド』でもそうだったように、それらのメッ  セージを現代の状況と照らし合わせてご紹介出来ればと思う。全世界において、  ミッキーマウスと同じくらい知らない人はいないといっていいほどの超有名人  チャップリン。名前は知ってても、意外と作品を観てない人が多いのに驚く。今  回からご紹介するのにあたり、1人でも多くの人が彼の偉大さを知るきっかけに  なればという思いがある。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   [email protected] ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク