ScreenKiss Vol.237

バックナンバー

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.237
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □ブリュノ・デュモン監督記者会見   □ユマニテ   □ハリウッド映画新作情報:デンジャラス・ビューティ   □クレイジー・イン・アラバマ(ビデオ)   □街の灯 >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆ブリュノ・デュモン監督記者会見☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     『ジーザスの日々』『ユマニテ』監督ブリュノ・デュモン来日記者会見     (2001.1) ■ブリュノ・デュモン(Bruno Dumont/1958〜)  フランス北部バイユール生まれ。哲学教師、広告業界、ジャーナリストとして活  動の後、民間TV局で産業映画、教育映画を撮り、約10年間に40本作製。長編第1作  『ジーザスの日々』がプロデューサーの目にとまり、商業映画デビュー。97年カ  ンヌ映画祭カメラドール特別賞他、ジャン・ヴィゴ賞、アヴィニヨン、シカゴ等  国際映画祭で多数受賞。続く第2作『ユマニテ』では99年カンヌ映画祭審査員グラ  ンプリ、主演男優、女優賞の三冠に輝く。次回作は米国西海岸で撮影予定の『The  End 』。  両作品は既にフランス映画祭横浜にて上映され、今度で3度目の来日となった監督  は黒の革ジャンで決め、なかなかのハンサム。静かな声で会場の質問に穏やかに  対応する姿はなかなかの紳士でした。  前者のタイトルは、E・ルナンの「イエスの生涯」にインスパイヤされたもの。こ  の中でイエスは聖人としてでなく人間的に描かれていたが、彼も20世紀末のモダ  ンなイエス像を描きたかったという。舞台となったバイユールには実際にフレ  ディの様な青年が存在し、観客は彼の人生とタイトルとの距離を埋めていく事に  なる。後者は探究すべき問題としての「人間性」に着目したから、という事だ。  2作品は共通して「性」が重要なポイントとなっているが、この点については以  下のように語った。「作品で扱う『性』は『死』と共にあくまで主題として捉え  ているので、決して扇情的な表現は取らなかった。映画は自我解放の一つの手段  であり、映画から学ぶ事で自由になれる、という単なる娯楽とは異なる役目があ  る。すると、人がセックスを直視出来ないのは、フラストレーションや罪の意識  に負う所があるが、映画を見る事でそれらの足枷から解放されると思ってい  る。」  また今回は検閲の関係で修正画面にし、R-18指定となっての公開となったが、こ  れに関して更にこう語る。「検閲問題はむしろ観客に問い掛けたい位だ。フラン  ス映画祭横浜での検閲フィルムにはショックを受けたが、ショットは残っている  ので観客は何に手が加えられたかが理解出来るので、修正で済んだだけ良かった  かもしれない。」  2作とも出演者はアマチュアだが、その事は「アマチュアにこだわっているので  はなく、あくまで自分の選択肢の一つとしての決断。産業的な事に固執していな  いので1度巧く行ったから、という理由で同じ俳優と仕事をしたいとは思わな  い。やり方としては人物像そのものでキャスティングするので、脚本を読みこな  して貰うというより、むしろ彼等自身に体現してもらうという方法をとってい  る」  ハリウッド的娯楽作品も増加しつつある、フランス映画業界については、経済的  影響をもろに受けやすい昨今、所謂シネフィルも減少化して、アート系作品は難  しい状況に置かれているとしながらも「商業作品『のみ』をつくろうとする人は  最悪!でも誰も見たくないような作品をつくる人も最悪!」。彼は、新しい感覚  を元に後世に残る「芸術」作品こそ必要と考えている。  何やら一部「哲学的」問答もあって、なかなか教養講座な?記者会見ではありま  した。少々難解な部分をクリアさせたいと、翌々日行われた『ユマニテ』上映と  その後の監督とのQ&Aにも出席する予定が何と大雪に見舞われて断念!かえすがえ  すも残念でありました。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆ユマニテ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     L'HUMANITE     1999年/フランス/148min/カラー/シネスコ     監督・脚本:ブリュノ・デュモン     出演:エマニュエル ・ショッテ、セヴリーヌ・カネル、        フィリップ・テュリエ     http://www.bitters.co.jp/     1999年カンヌ国際映画祭審査員グランプリ・最優秀主演男優、女優賞     5月12日(土)よりユーロスペースにて公開  町外れで少女がレイプされ殺害された。繊細な担当刑事ファラオンは、心を痛め  る。彼も事故で妻子を1度に失っている。そんな彼を気遣うドミノ。彼女のデー  トに付合い、そのセックス迄目の当たりにしながらも淡々と日々を送る彼。そし  て漸く逮捕した犯人に会った彼は・・。  ローアングルで捉える下半身を剥き出しにされた、無惨な少女の死体。淡い思い  を寄せるドミノが挑発しながら大きく拡げる股。ファラオンが垣間見てしまう、  ドミノとジョゼフの肉体がぶつかりあう音も激しいセックス。自転車を漕ぐファ  ラオンの口を伝う涎。リンゴを齧った後の彼の嘔吐する音・・。表現の仕方に  よっては美しい筈である人間の身体や、営みを「現実は醜いものよ」と半ば投げ  やりに言い放つドミノの言葉をなぞるかのように、監督はかくもリアルに描い  た。ここにはバック音楽という救いも一切排除されている。  こうした現実に対称的な存在がファラオンだ。曾祖父の描いた少女の絵を眺める  彼の脳裏には惨殺された少女や、何も語られない彼の過去を彷佛していたのかも  しれない。仔豚を撫で、植物を愛でる彼の目は常に優しい。眼差しはいつも窓の  外で、まるで透視しているかのようだ。  しかし、何ごとにもマイペースな彼の行動は時に滑稽でさえある。誰がカップル  のデートに便乗するだろうか? が、ジョゼフの愛があくまでエロースなのに対し  て、ファラオンの愛はすべてを慈しむアガペー的な愛なのだと気付く。彼は無言  で人々を抱擁する。たとえそれが麻薬売買の常習犯であろうとも、また少女レイ  プの犯人であろうとも。そしてハグされた人は何故か癒された表情を残す。  彼は彼の内なる声に従っているだけかもしれないが、その手はまるで神のそれの  ように赦しを与えているかのようだ。勿論、作品は少女惨殺の犯人探しという核  を持ってはいるが、最も刑事的でないファラオンを配する事で単なるジャンルも  のの域を越えた。それにしても、性器のシーンなどは例によってボカシが入り、  R-18指定が付いた。こういった事態が生じる度に「人間の身体そんなに見るに耐  えないものなのかい?」と質問してみたくなるのは私だけでしょうか?                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆ハリウッド映画新作情報:デンジャラス・ビューティ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Miss Congeniality     ★★★☆☆     2000年/米(日本公開未定)     監督:ドナルド・ペイトリー     出演:サンドラ・ブロック、マイケル・ケイン、        ベンジャミン・ブラット     ゴールデン・グローブ主演女優賞ノミネート  FBIのスゴ腕捜査官グレイシー(ブロック)は、仕事一筋で色気とは無縁の生活。  ある日、ミス・コンテストを狙ったテロ事件が発生し、彼女はこともあろうにミ  ス・ニュージャージーとしてコンテストに潜入することになってしまい・・・。  サンドラ・ブロック扮するグレイシーのお局ぶりには参りました。かみはひっつ  め、黒ずくめのヨレヨレファッションはもとより、大混雑のスターバックスでFBI  を特権に並ばずに買い物するなんて・・・。あなたの会社にもこういう女、いま  せんか?  彼女って何故かすごい美人役とかが多かったけど、こういう3枚目の役がこんな  にハマることにもビックリだし、ミスコン出場の際の変身ぶりにも驚き。  彼女の変身に貢献する英国紳士をマイケル・ケインが洗練された雰囲気で好演。  方やグレイシーの相棒役をジュリア・ロバーツの彼氏として注目の、ベンジャミ  ン・ブラットがフレッシュに好演。こういうキャスティングのバランスも良い。  テロ事件自体は、犯人もすぐにわかってしまい深みがないのだが、ミスコンとは  女性蔑視なのか、女性が美しくあることや強くあることの素晴らしさについて考  えさせられ、実は奥の深い作品である。  最近、オシャレする気力ないしー。と思っているあなたも、思わず気合を入れた  くなるパワーが貰えますよ。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆クレイジー・イン・アラバマ(ビデオ)☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Crazy in Arabama     ★★★★☆     1999年/アメリカ(日本劇場未公開)     監督:アントニオ・バンデラス     出演:メラニー・グリフィス、デビット・モース  アメリカで大ベストセラーとなった小説を俳優バンデラスが、妻メラニー・グリ  フィス主演で初監督した話題作。日本では劇場未公開のまま、ビデオ発売となっ  た。  公民権運動が激しかった60年代のアラバマ州。子沢山の美女ルシール(グリフィ  ス)は夫の虐待に耐えかね、彼を殺害しその首をタッパーに入れたままハリウッ  ドを目指す。いっぽう彼の甥っこピージョーは、彼女の兄のダヴおじさんの家に  引き取られ、ひょんなことから黒人に混じって公民権運動に参加すること  に・・・。  小説は500ページ強の長編だが、映画の方は長過ぎることなく巧みに場面を切り替  え進んで行く。確かにピージョーとおばあさんの交流など、本に描かれている詳  細な部分は描ききれていないが、映画としては主人公の行動がきちんと描かれる  ほうが大切かと思うので丁度よいと思う。  殺人、人種差別という『クレイジー』な行動を通じ、ほんとうに馬鹿げているこ  とはどんなことなのか、真の自由とはなんなのかを問うテーマ性は、むしろ映画  のほうが色濃く表されており、自分自身はスペイン出身でありながら、これだけ  アメリカ色の強い作品に仕上げた監督バンデラスの腕前が伺える。  ただ、かえすがえすも残念なのが主演のグリフィス。チャーム・ポイントの金髪  は黒髪に染めてしまっているし、ルシールを演じるにはちょっと若若しさに欠け  ていて、舌足らずのセリフがわざとらしく鼻につく。私情を挟まず、他の女優さ  んを使ったほうがよかったのでは・・・。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆街の灯☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     City Lights     ★★★★★     1931/アメリカ/89分/白黒     製作・監督・脚本・作曲・出演:チャールズ・チャップリン     出演:ヴァージニア・チェリル、フローレンス・リー、アラン・ガルシア  映画館でのリバイバル上映、またビデオ、DVDや衛星テレビ等で観る事が可能な過  去の作品群。現在に至っても影響を及ぼし続けているそれらの作品を、邦洋の東  西を問わずご紹介しているが、今回はチャップリン特集の4回目として、名作中  の名作『街の灯』をお伝えする。  放浪者チャーリーは、街で出会った盲目の花売り娘(V・チェリル)に恋をする。  だが、金がないので花を買えないし眼を手術し治す事も出来ない。チャーリーは  一生懸命働くがまだ足りない。酔いどれ富豪と仲良くなり彼から大金を貰うが、  泥棒と勘違いされる。一旦は警察の手を逃れ彼女のもとに駆けつけたチャーリー  だが、とうとう警察の御用に・・・・・・。出所したチャーリーは彼女を再会す  る。今は眼の見える彼女だが、チャーリーを恩人だとは分からない。みすぼらし  い格好のチャーリーを憐れみ小銭を与えようと手に触れた時、初めて真実に気付  く。  ボクシング・シーンの抱腹絶倒、詩情溢れるラストに代表されるように、笑いと  涙がちょうど五分五分の内容。また、チャップリンの作品では女性が大いなる役  目を果たすが、彼の作品いずれを観てもチャップリンがフェミニストであった事  がわかる。その中でも今作は、彼のフィルモグラフィーにおいて最もフェミニズ  ム溢れる作品と思う。  トーキーの波押し寄せる時代の中においても、今作で依然パントマイム劇に終始  したチャップリン。セリフは相変わらずないが、音楽とSE(サウンド・エフェク  ト=効果音)の2つをつけサウンド版として仕上げた。ちなみにセリフ、音楽、  SEの3つは、映画における音の3大要素である。  サイレント映画はセリフがないため、しばし字幕でセリフや状況を説明する。ラ  スト、チャーリーが恩人だったと気付く時の字幕の“YOU”は、トーキーでは表現  出来ないと絶賛されたほどの名字幕。  今作の盲目の花売り娘とチャーリーの恋物語は、事故がもとで失明したサーカス  の道化師と病身の神経質な娘の実話をモデルに作られたもの。また盲目の娘は、  チャップリンの母親の姿を投影させてもいる。  次回は、『モダン・タイムス』をお伝えします。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、info@ScreenKiss.comへ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   info@ScreenKiss.com ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼