ScreenKiss Vol.250

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.250
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □チェブラーシカ   □焼け石に水   □キシュ島の物語   □モータル・トランスファー >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆チェブラーシカ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     yebypawka     ★★★★★     1969-74年/ロシア     監督:ロマン・カチャーノフ     原作:ウスペンスキー『チェブラーシカと仲間たち』     http://www.cheb.tv/  ロシアから連想するものって何だろう?大変失礼だがなんだか寒くて貧しいイ  メージやら、アメリカのスパイ映画の敵国やらでどうもマイナス要素が強くあり  ません?  しかーし!ロシアはかわいいもの大国でもあるのだ。何を隠そうマトリョーシカ  のコレクターでもあった私としては声を大にして言いたい。モスクワオリンピッ  クのキャラ、小熊のミーシャの大ファンでもあった私としては(歳がばれ  る・・・。)このロシアから来た人形アニメの可愛さを支持しない訳にはいかな  いのですよ。  こういうおとぼけで朴訥な可愛らしさを持ったキャラって絶対CGなんかじゃ創り  だせないんですよ。蝶が飛ぶシーンで釣り糸が見えたっていいじゃないですか。  それが手作りの味なんですよ。映画で子供達やチェブの仲間たちが遊ぶシーン、  こういう遊びをしてる子供がいまどきいますか?  連日超満員の宮崎アニメや、ディズニー映画も確かに良いけど、私が母親になっ  たら子供に見せたいのは絶対この映画だね。お金はなくても楽しい仲間がいれば  人生は素晴らしい、力を合わせればきっとできる!(ちと共産主義っぽい  が。)ってなことを教えるには最適だもん。  わにのゲーナの歌うミョーに哲学的な歌と、哀愁漂うアコーディオンの音色も相  俟って、その可愛らしさに涙までしてしまったのでした。HPは必見です!                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆焼け石に水☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Gouttes d'eau sur pierres brulantes     ★★★★☆     2000年/フランス     監督:フランソワ・オゾン     出演:ベルナール・ジロドー、アンナ・トムソン     http://www.eurospace.co.jp  町で声をかけられた中年男性と一夜を共にし、一緒に暮らし始めた青年フランツ  は、次第に彼に夢中になり始める。しかし、2人の甘い生活には倦怠感が漂い始  め、更に2人の前のお相手が現れたことから運命は悲劇へと向いはじめ・・・。  ゲイとかストレートとか関係なく、恋愛って思えば思うほどつらくなるのねー、  と妙に納得。それにしても"だれが食わせてやってるんだ#☆ぢメシ#みたいな台詞  を連発するレオには頭にきたね。こーゆー男に泣いてすがって生きるフランツの  姿がまたいじらしいんだ。これってコテコテ演歌の世界じゃん、ある意味。こう  いうの虐げられるのが好きな女って多いんだよ(この場合は男だけど)。  それにしても性転換した男性ベラを演じた女優のアンナ・トムソン(ややこしい  なあ。)の存在感はすごい。ラスト、レオを見据え涙ぐむ表情は『オール・アバ  ウト・マイ・マザー』のマリア・パレデス以来の顔力がある。このシーン、ぐっ  ときました。  それぞれが破滅に向うラストシーンは何気に『アメリカン・ビューティ』っぽい  なあと思ったのですが、そういえばこのレオの役、ハリウッドでリメイクするな  ら絶対ケビン・スペイシーにやってほしいなあ。相手はライアン・フィリップ  か、やっぱり。  原作は実際に舞台にもなっているらしいけど、映画自体も第1幕、という風に舞  台構成になっており、登場人物も4人だけの密室劇となっているという訳で舞台が  好きな方にもオススメ。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆焼け石に水☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Gouttes d'eau sur pierres brulantes     2000年/フランス/90min/カラー     監督:フランソワ ・オゾン     出演:ベルナール・ジロドー、アナ・トンプソン、マリック・ジディ     http://www.eurospace.co.jp.     2000年ロベルリン国際映画祭テディ2000賞     7月21日よりユーロスペースにて公開中  アナとのデート中に誘われて中年男性レオポルドの部屋に行ったフランツ。彼は  レオポルドに魅せられ、そのまま同居してしまう。しかし次第に不協和音の様相  を呈していく2人。フランツとのよりを戻そうと訪れたアナ。そこへレオポルド  が出張より戻り、彼に捨てられ性転換をしたヴェラもやって来て・・・。  キューブリックの原案を踏襲した『A.I.』、R.W.ファズビンダーの未発表脚本を  映画化したこの作品・・嘗ての天才達の作品が世に出る機会が多いのは再映化と  共にいいネタのない事の象徴なのだろうか?ともあれ、この作品は『マリア・ブ  ラウンの結婚』『ファズビンダーのケレル』などの独特の作品を生み出したドイ  ツのR.W.ファズビンダーが19歳で書いた戯曲が原作だ。  彼の活躍した1970年代のドイツを舞台に4人の登場人物が部屋の中だけで繰り広げ  る舞台劇。第1章〜3章まではベッドの上の裸の人物とトレンチコートの人物、  類似した台詞が人間関係を表してシンクロする。そして4章で彼等の関係が一気  に変化する・・という緻密に計算された演出だ。原作にちゃんとオゾン風の味付  けがなされている。  それにしても人間とは愛に対してかくも無防備になるものか、と愕然とする。タ  イトルの『焼け石に水』は原題もそのままで、一度熱した愛は抑えがきかないと  でもいう事か。あるいはその逆も言えよう。人を愛そうとするとその事がまた他  人を傷つけてしまう、という愛の不条理さを見事に表現してくれた。  どんなに愛していても情熱は永遠ではない。誰をも虜にするレオはそこを承知  で、常に目新しい恋に溺れていく。しかしそれを受容出来ないフランツには悲劇  が待っている。怪しい魅力のベルナール・ジロドー、次第に女の子っぽくなるマ  リック・ジディ、女性を強調するようにほとんど裸体に近い出演シーンのリュ  ディヴィーヌ・サニエ、そして性転換の元男性アナ・トンプソンの一途な可愛ら  しさ・・とキャストも申し分ない。  キッチュな衣装と音楽、さりげない室内装飾。効果的に使われる鏡や窓の多用。  こうしたお膳立ての上に「より愛するものは、常に敗者になる」というキャッチ  コピーが心に刺さる。そう言えば近頃売れ筋の恋愛ハウツー本でも「愛しすぎた  ら負け」とアドバイスしていたっけ・・。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆キシュ島の物語☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Les Contres De Kish     1999年/イラン/72min/カラー/35mm     監督・脚本:ナセール・タグヴァイ『ギリシャ船』、     アボスファズル・ジャリリ『指輪』、モフセン・マフマルバフ『ドア』     http://www.bitters.co.jp/kish     8月4日(土)よりシネ・アミューズにて公開  『ギリシャ船』:海岸に漂着した段ボールを集めている夫。外国製品に恐れを感  じる妻は次第に精神を病んでしまい祈祷を受ける事に。回復して戻ってみると今  度は・・。『指輪』:貧しさで進学を諦めた青年は、海岸で孤独な作業の仕事を  得る。与えられた仕事以外にも魚を売るなどしてコツコツと金を貯め、妹の夫と  なる男に指輪を購入する。『ドア』:全財産のドアを売る為、砂漠を担いで歩く  男とその娘。途中郵便配達員や楽団と出会いながら、海岸でドアの販売交渉をす  るが・・。  1999年の東京国際映画祭で1度見た記憶がある。プレスシールを腕につけていた  筆者を見たナセール・タグヴァイ監督が熱心に語ってくれるも言葉が判らなくて  顔面蒼白になった覚えが強烈に刻まれている。しかし、言葉の壁があっても一生  懸命に何かを伝えようとしてくれたその時の温かな空気が心地良かった。そのせ  いか、今回改めて見たこのお伽話の中に彼等の気質が息づいているように感じら  れた。  『ギリシャ船』はSONY、AIWAなど馴染みのある段ボールがカラフルに浮かび(確  か、これらは集めた本物の段ボールではなく作り物だと言っていた気がする)祈  祷師のリズムとラストの空き缶のぶつかる音がシンクロされ、音と絵の美しさが  見事にマッチしている。科学の発達で怖いものの怖さが判らなくなっている現  代、本来の人間の素朴な心理を突いてくれる。  『指輪』では「海」がこの監督作品で初めて登場した。実際、出稼ぎに来ていた  青年が出演しているそうで、動きに無駄がない。また壁に貼ってある写真などか  ら「きっと置いてきた恋人との結婚資金を貯めているに違いない・・と思わせな  がら妹思いの兄の姿が浮かび上がるラスト。この辺の演出も秀逸。  そして『ドア』。娘のサミラも『ブラックボード』で黒板を担がせた人を登場さ  せていたっけ。番地を担いでいる限り手紙を届ける「公務員的」ポストマンは、  これを税務署に置きかえたらもっとブラックだったかも。頑固な仔山羊を連れた  娘が唯一笑みを浮かべるのは楽団との出会い。セレモニーを追って動く彼等の姿  が自由に映ったのかもしれない。        1話以外は最低限の台詞だけ。音が重要な登場人物だ。エンディングクレジット  も音を中心に各章の区切りをつけていたのが印象的。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆モータル・トランスファー☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Mortel Transfer     2001年/122min/カラー     第9回フランス映画祭横浜     監督・脚本:ジャン=ジャック ・ベネックス     出演:ジャン=ユーグ・アングラード、エレーヌ・ドゥ・フロージュ  精神分析医のデュランは窃盗癖のある患者、オルガのアリバイ証明に虚偽の証言  をして彼女を救う。それが彼の悪夢の始まりとも知らずに・・。オルガの夫は政  界のフィクサーだが妻へは日常的な虐待をしていた。彼女からその告白を聞いて  いるうちにデュランはいつしか寝入ってしまう。が、目覚めた時、彼女は死体。  果たして彼が殺したのだろうか?  昨年の映画祭でこの作品に関しての記者会見が行われたものの、映画はほんの触  りだけで1年間も「続きを見たい!」という欲求不満にかられていた。漸くの全  編上映でわくわくしていたところ、上映前にちょっとだけ監督と話をする機会が  あった。監督にとって7年振りの新作。楽しみにしている旨を伝えたところ  「今、すご〜く緊張しているんだ、わかる?」と言って手を握ってきた。本当に  手が汗ばんでいる。  「どうして?フランスではとっくに公開して好評と聞いてます」とトンマな質  問。「でも日本のお客さんは初めてでどう反応してくれるかと思うと・・」「監  督のファンが沢山待っていて、チケットも完売だそうですよ」と又追い討ちをか  けてしまった私。「だからこの作品で嫌いになるかも・・」始めは冗談かと思っ  たら目は真剣。おお〜大御所にしてこの謙虚さ。ますますファンになってしまっ  たのは言うまでもありません。  さて、映画はコメディ、サスペンス、ロマネスク・・とジャンルに縛られない作  品にしたかったとの事で悪夢のシークエンスはデジタルにして1分間に400カット  以上も費やしたという緻密さ。映画という「夢」と主人公の「悪夢」の表現とし  てブルーを基調にした画面づくりをしたのも、色の持つ現実との距離感の為とい  う。  寝ている間に殺人に巻き込まれ、あらぬ疑いをかけられた末に精神分析医と思え  ぬ行動を余儀なくされる主人公。彼が真面目にもがく程、スクリーンのこちら側  は冷静に滑稽さを堪能出来るという残酷さ。そこへ一見無関係の路上生活者の存  在がクローズアップされ、やがて事件が解決されるが、このキーパーソンを演じ  るのはミキ・マノイロヴィチ。繊細はイメージのデュランと対をなしていてキャ  スティングも最高だ。                                 鳥野 韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   [email protected] ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク