フランス映画祭 一覧

NO IMAGE

監督に注目!ジャック・ドワイヨン

第7回横浜フランス映画祭にむけてご紹介するフランス映画監督シリーズその2はドワイヨンとタヴェルニエです。タイプは違うがどちらもフランス映画らしい作品を撮る監督ですね。 ◇ジャック・ドワイヨン/Jacques Doillon上映作品 「少年たち」

記事を読む

NO IMAGE

監督に注目!クロード・ルルーシュ

第7回横浜フランス映画祭もいよいよ開幕間近です。今年もコメディあり、ラブストーリーありサスペンス物あり。上映作品がバラエティに富んでいて、「フランス映画の今」を知ることができるのが嬉しいですね。 ところで、映画を見るなら予備知識があるとさらに楽しめるのではないでしょうか。そこで今回上映予定の作品の中でもベテランを中心に、何人か監督のプロフィールなどご紹介していきます。

記事を読む

NO IMAGE

「ヒューゴ・プール(96米)」

6「ヒューゴ・プール(96米)」東映ビデオ オープニングの良さに惹かれてついご紹介 映画には、ほんのワンシーンとか、たった一言のセリフとか、そんな些細な何かがとても気に入ったために好きになる作品もあるんじゃないだろうか。こんな言い訳めいた前振りをしたのも、察しのよい方ならもうお分かりですね。そう、今日ご紹介する『ヒューゴ・プール』がその類なんでありマス。

記事を読む

NO IMAGE

フランス映画祭2007

 横浜で1993年に始まったフランス映画祭は来年で15年を迎えることになりまし  た。今年は横浜からいきなり東京・大阪に移転したことにより、今後の開催も  危ぶまれましたが、来年も同様に3月に開催されることが決定しました。  今年は横浜でも開催される予定ですが正確な日付がまだ決まっていません。更  に会場はみなとみらいではなくTOHOシネマズ ららぽーと横浜になる予定

記事を読む

NO IMAGE

フランス映画紹介1

 嘘つきな彼女  来日した監督、主演、制作全員が「巡り会ったのが運のつき」のメンバーの性か  何となく和やかな雰囲気の人たちだった。  マリー・トランティニヤン(女優)  思ったより小柄で可愛い感じの人。  作品では虚言症で、周囲に迷惑をかけまくるのになぜか憎めない役だが、「メラ  ンコリー」といい、この作品といい割にこの手の役がはまり役。本当は解ってい  るのだろうけれど英語を使ってくれなかった。

記事を読む

NO IMAGE

フランス映画祭の中の逸品「変人たちの晩餐会」

 一昨年の「ルコントの大喝采」。昨年の「家族の気分」。  年間を通して日本にくる外国映画のなかで、コメディーはもちろん多いし、いく  つかはそこそこ笑える。ただその中でも心底笑える映画となれば、これは2、3  本と少ないもんだが、その中の1本が最近はフランスから来ているようだ。しか  もその1本が毎年フランス映画祭で見られる。選考の良さからか、フランスコメ  ディー映画のレベルが高いのか?

記事を読む

NO IMAGE

横浜フランス映画祭98

今年の横浜フランス映画祭はエールフランスのストライキにより、 フランスの俳優などの来日が遅れ、そのために予定されていたオ ープニング舞台挨拶が一日ずれました。このときに今回来日する フランス映画代表団(俳優、制作、その他映画関係者)が全て集 まります。 横浜フランス映画祭は出演者がハリウッド映画と比べ有名でない 点もあり、他の大きな映画祭と比べアーティストへのガードも厳

記事を読む

NO IMAGE

第7回フランス映画祭横浜’99上映作品

■ヌーヴェル・イヴLA NOUVELLE EVE1998年/94分共同脚本・監督:カトリーヌ・コルシニ出演:カリン・ヴィアール、ピエール・ル・ラジョ、カトリーヌ・フロ シングルライフに満足している30才のカミーユ。彼女は突然恋に落ちた相手は社会党の活動家で妻子持ちのアレクシス。愛する男性を手に入れるために、あれこれ策を講じて体当たりする女心が、コミカルなのに切なく胸に迫り、主演のヴィアールも一気に注目された。

記事を読む

NO IMAGE

第7回フランス映画祭横浜’99

今年も恒例の横浜フランス映画祭が始まります。6月10日(木)-13日(日)の4日間、今年は7回目を迎え、御馴染みのパシフィコ横浜で開催される。 日程:6月10日(木)~13日(日)場所:パシフィコ横浜料金:前売り券 1000円当日券  1200円 今年は指定席もあるそうです。ウェルカムセレモニーとクロージングは1500円(当日は1700円) チケット発売日は5月14日 ■公開予定の映画作品紹介

記事を読む

NO IMAGE

フランス映画紹介

ねじれた愛去年の「嘘は真実」でもユダヤ教を扱っていたけれど、この作品ではそれにゲイが加わって物語的に幅。各キャラクターの扱いがきっちりして面白かった。 アントワーヌ・ドゥ・コーヌ(男優)実物はまず普通のハンサム。作品ではあごひげをはやしたゲイの役でクラリネットを吹く様など実物よりハンサムでした。でもなかなかウィットのある素敵な印象でした。

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3