シネスイッチ銀座

映画館

第2回シネスイッチ銀座
所在地:銀座4丁目三越のある交差点山野楽器裏

ビルの1階にチッケット売り場。地下と3階の2ホールあり、地下:273人、3階:182人。まわりはチケットセンターも多く、朝11から夜7時まではどこでも購入可能です。映画館で買うのは、絵葉書付きの前売券だけにしましょう。金曜女性割引など、女性にやさしい映画館のイメージがあります。現在いつまでつづけるのか、「グランブルー仏オリジナルバージョン」を上映中で、見にこられた人も多いでしょう。

銀座周辺ではいままで日比谷のシャンテ・シネが作品の質では一番といわれ、“シャンテ系”という言葉もありますが、最近はやはりここシネスイッチ銀座が一番ではないでしょうか。最近改装を終えた館内は、結構きれいで、大きい肘掛けにカップホルダーがついているのはうれしい。ゆったりした座り心地の座席は若干柔らかすぎるという声も聞えますが、館内の段差もちょうどよく(シネマライズのようにきつすぎず、岩波ホールのようにゆるすぎず)、どこからでもよく見える。地下の場合は、2階席がすいていてお勧めの場合も。(ここはシネマライズと同様ですね)入場の際は一応左右の前の入り口から列をつくるのですが、これがくせもの。係員の入場の合図はないことが多く、どちらか一方の列はエンディングタイトルが終わり切らないうちから入り始める事がしばしばで、映画館スタッフに改善してほしい点です。もちろん、観客も、エンディングタイトルの間はまだ音楽もながれているわけですから、静かに立ってもらいたいもんです。

場所柄、年齢層も落ち着いていて、渋谷みたいに肩身の狭い思いを感じることもなく、マナーも比較的いいのではないでしょうか。地下にはポスターも多く、チラシも大量においてあり時間潰しにはなるが、3階の方は少し殺風景です。本があったほうがいいのでは?近くにはマックから、神戸屋まであり、映画館のなかでよく神戸屋のサンドイッチを食べている人をみかけます。(ここでもマナーはいい)

空調がききすぎることが多いので、女性はカーデガンでもあったほうがいいでしょうが、暑いよりは快適ですのでそのままの温度設定にしてください。

次回は、恵比寿ガーデンシネマです。

立野浩超