シネマライズ

映画館

地下の劇場は1フロアー約220席。最前列ではさすがに仰ぎ観る感じになるが、最後列まで見易い。段差も大きく前の人の頭が気になることはまずない。椅子はボトルホルダーこそないがゆったりした座りやすい椅子。前面右上の禁煙のサイン、前方左側の扉に非常口のサインが終始点灯しているのが残念。

自動販売機のジュースは紙コップで小150円、大200円。カウンターではその他ボトルジュース、スナックの販売があるが、カウンターの商品の価格をすこし値下げして欲しいし、カウンターをベースに演劇の劇場風に展開するという方法をお薦めするが、人件費の問題があるのだろうか、かんたんにはいかないようだ。入場者の列は左側の階段下の入り口前から並び、ホールにいっぱいになるといったん区切って入口の階段へ列ができる。たいていは1階の正面口まで列が伸びている場合はその回をあきらめて次回1時間前に出直したほうがいい。

2階の劇場は2階席があり合計約300席。1階席はほとんど段差がないが、画面が上の方にあり前の人の頭を気にすることはない。ただし、多少仰ぎ見る感じになり、画面との距離が近い分プラネタリウムの様でもある(ちょっとおおげさか)。2階席は反対に多少上から見下げる感じになり、どちらも問題はないのだが、ベスト席は2階席の一番前か、1階席の後ろのほう。椅子の色は地下が青い生地だがここは赤い生地。この色の感覚はシネ・アミューズがまねているようだ。

地下と同じく前方右上には禁煙のサイン、左前の扉には非常口のサインが終始点灯している。自動販売機、カウンターの内容は地下と同じだろう。

ここの列は通常階段をあがってチケットを切る人が立っているガラスの扉の前に順に階段を下がっていき外まで列をつくる。よっぽど混んでいる場合は、中の1階と2階の扉の前に列を作り、いったん区切って外の階段に列をつくる。この場合階段を降りて、正面まで列ができている場合は立見であろう。

立野 浩超