銀座テアトル西友

立地/銀座テアトル西友は、京橋駅からは近いのだが、JR有楽町駅や地下鉄銀座 駅からだと徒歩10~15分と、ちょっとかかる為、銀座エリアには珍しく「こ この映画館の為にわざわざ外出しました」という自己主張ただよう客が多い。 (深い意味はありません。)

銀座の他の単館系/シネスイッチや、シャンテシネでは眠りにきているのでは? とか、ちょっと臭い人がいて不快に思うこともあるが、銀座テアトル西友にはあまり見かけない。

また、マナーの良さも格別で、客層のよさが伝わってくる。立地条件のよさと言うか、ここの回りにはその手の人も少ないのだろう。

館内設備/自動販売機では紙パックジュースを販売している。映画館では飲食を しないものという前提に立てば十分だろう。飲食を積極的にすすめる最近のシネマコンプレックス形式はそれでいいのだろうが、個人的には食べ物は止めてもらいたい。ただ、咽が乾くと落ち着いて映画をみれなくなる事と、あまり音もしない点では飲み物くらいは許可してほしいものだ。全くの飲食禁止の館内は確かに臭いもなくきれいなのだが、必ず一長一短あるものですね。

トイレは男性用は十分あり、待ち時間なし。女性用はちょっと少ないようだが、この規模の映画館ではしかたないのでは? チラシのコレクションも多く、関連企画として写真やイラストが壁にかかることも多い。

館内は段差が十分あり、どの場所からも実に良く見える。画面のサイズと、館内の大きさが一致していて、端でも後ろ側でも本当に見やすい。もちろん、最前列では見上げてしまうし画面に近すぎて見難いが、それでもまだ我慢できる。満席になれば座布団をかしてくれるので、階段通路に座れるが、ここからでも画面は見やすい。

係員は2階席と呼んでいるが、階段4段程度の段差で別れているだけで、2階席も1階もない1フロアーの映画館。他の映画館の2階席の用に、1階の上に重なるように張り出しているのではない。

今後の企画/ScreenKiss Vol. 039で紹介しています。特色があり、面白味のある企画ですね。各作品の評価はさておき、レイトやオールナイトで過ごす時間は格別ですから、ぜひ足を運ばれることをお薦めします。(仕事帰りは眠たくてつらいこともありますが、、、。)

立野 浩超

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク