フランス映画祭の中の逸品「変人たちの晩餐会」

フランス映画祭

 一昨年の「ルコントの大喝采」。昨年の「家族の気分」。
 年間を通して日本にくる外国映画のなかで、コメディーはもちろん多いし、いく
 つかはそこそこ笑える。ただその中でも心底笑える映画となれば、これは2、3
 本と少ないもんだが、その中の1本が最近はフランスから来ているようだ。しか
 もその1本が毎年フランス映画祭で見られる。選考の良さからか、フランスコメ
 ディー映画のレベルが高いのか?

 まったく笑いのセンスが違うような(はっきり言えばくだらない)多くのフラン
 ス映画を見るにつけ、フランスコメディーのレベルが特に高い訳ではないと感じ
 るから、まずは映画祭の選考にかかわる方々に感謝すべきだろう。

 今年の第6回フランス映画祭でもまた来た。「変人たちの晩餐会」は心底笑える
 1品。アメリカのテレビ番組的なちょっと大袈裟な演技で、コメディーのパター
 ンは世界どこでも通用しそうな、人を小馬鹿にするタイプ。こう聞くと嫌気を感
 じる人も多いだろうが、観ているとそんなことを感じる暇もなく進んでいく。こ
 のテンポは脚本がうまいからだろうし、役者も脚本を熟読した上で笑いのつぼを
 十分把握した演技を感じさせる。

 みんながそこそこの個性で責めてくる。ティエリー・レルミットは特別な個性を
 感じないが、そこはこの映画の中でもっともノーマルな感じの人を演じているの
 で、はまり役といえるし、ジャック・ヴィレルは丸い顔を更に丸くした演技が独
 特のまじめな人柄をうまく演じている。

 監督は劇作家出身で、舞台を見ているようなテンポがうまくカメラを駆け巡るし、
 この脚本はそのまま舞台でも成功をおさめそうだ。この手の映画ノは、アドリブ
 を多用する場合と、脚本に全て書いてある場合があるが、演技がいきすぎない為
 には脚本がしっかりしていなければならないと思う。あくまでもそこそこの表情
 で、そこそこのアクションで演じてこそおもしろい。この映画にももちろんいき
 すぎの場面(演技)もあるが、そんな場面もこのテンポにアッという間に飲み込
 まれてしまう。とにかく久しぶりの傑作だったから、今年のフランス映画祭 No.
 1は文句なしにこの1本!

                          映画評論家 立野 浩超