朝生 賀子

作品紹介, 制作・監督

新コーナー「Iris’ detections」

ScreenKiss って言うミーハーな名前の割には、結構マイナーな作品やくどい記事をターゲットにしている我々ですが、映画を紹介する以外にも新進映画監督や作品を世に広めようと言う目的もあるのです。

とは言っても、有名な作品や監督を紹介するのよりも大変だと言うことはご存じだろうか?たとえば、有名であれば事務所や連絡先がはっきりしているし、もしマクドナルドで会ったとしても、勇気があれば声をかける事が出来る。

しかし無名の人間というのに知り合うのは、結構難しい。もしかしたら電車の隣に座っている人間は映画監督をしているかも知れないが、どんな作品を作っているかとか分からない。調べることも大変だ。過去の作品がビデオで簡単に見れることはないだろうし、経歴なども調べることは難しいだろう。

実際横浜フランス映画祭では、ごく有名な人物を除き、誰が監督なのか?どんな作品出来ているのか?分からない。サインをもらっても、これが誰のサインか後で迷うことになる。「あなたは、誰だか知らないのですが、取りあえずインタビューさせてもらえますか?」と言うのでは、いくら何でも失礼だろう。少なくても日本に来ているわけだから、本国ではそこそこの知名度があるに違いない。

こんな訳で、まだ無名の作家を取り上げるのは、なかなか困難なのである。そうとは言えども、Iris’ detectionsでは、まだ日の目を見ない、もしかしたら有名になるかも知れない、映画人・作品を紹介していく予定だ。何しろ、インタビュー対象の作品や経歴など全く知らないで、話してくることがほとんどであろうし、だからといって辛辣さが無くなることは無いだろう。「ぴあ」などの記事などを読んでいるときのように作家や作品を判断しないで頂きたい。

さて、第一回は新進映画監督の「朝生 賀子」を紹介しよう。

大阪出身で大阪写真専門学校(現在はビジュアルアーツ専門学校・大阪)を卒業している。在学中に制作したものも含め7作目に当たる作品「キミタチニアイタイ」を9月に上映を行う予定だ。

この作品は、本人にとって初めて劇場で観客に見せる事を目的として制作したもので、今までの作品は学校の課題であったり先生などへ評価してもらうためのものであった事らしい。

監督以外にも、助手や製作サイドの色々な仕事をしているようで、たとえば「ガメラ2」の制作進行・企画VTRの助監督なども行っている。

彼女自身は色々な協力を自然受けることが出来、比較的スムーズに事が進んでいると言う印象を受けた。特に積極的に色々なところへのアピールをすることは少なく、多くの方々から依頼をされたり上映なども好意的に受け入れられた様だ。それだけに才能があるのかも知れない。

現在は静岡県浜松市にすんでいるのだが、これも非常に興味深い話だった。

僕自身映画監督にあこがれていた時期があり、在米中に何人かの映画監督に出会った事があった。その時にやっぱり問題になることは、制作の費用である。

もし一本の作品を作るとすれば、最低2000万は必要だと言われたことがあるが、これだけのお金を個人で用意することは難しい。特に駆け出しの作家にとっては、殆ど個人で用意する以外にないと思われる。

しかし彼女はスタッフを全てボランティアで揃え、制作費は殆どフィルム代程度ですみ、普通かかる費用の10分の1程度ですんだ様だ。

当然26才の人間がいくら低額で作成できたとしても、経済的には苦しくなることはある。その時に手を差し伸べてくれたのは、浜松にあるシネマ・バリエテと言う存在だ。

このシネマ・バリエテとは「ムーブメント」と言われる存在なのだが、20年も続いているのは、この浜松のシネマ・バリエテぐらいだそうだ。

今回の作品は東京で撮影されたのだが、その終了後大阪で編集を終え、現在浜松に住んでいるのは、このシネマ・バリエテとの関係からだ。

日本では映画業界は斜陽と言っても悪くないのだが、政府が映画業界に強力にサポートしているフランスでは、有名な俳優がまだ名もない監督の作品に出演してくれることもある。果たして日本ではどうなのだろうか?

彼女によれば、日本でもその様なことはあるというのだ。実際彼女の作品でもガメラシリーズ全作品に出演している蛍雪次郎などもノーギャラで出演してもらっていると言う。日本でもしっかり話せば理解してくれる人間は多くいるのだと言うことを感じた。

彼女は自分で「映画作家」と言うのだが、それはイメージや実験的な映像を扱う映像作家とは違うという事を話していた。ストーリーがあり登場人物がある作品を作っていきたいというのだ。

今までの作品もタイトルや紹介文を見る限りでは青春とか恋愛映画である。雰囲気的に彼女はZARDが好きだと見たがどうであろう。

最後に9月2日、3日に浜松東宝劇場で公開する「キミタチニアイタイ」を少々紹介しよう。まだこの作品は見ていないので、パンフレットに書いてあるストーリーのみを簡単に……

ケーキ屋さんでアルバイトを始めたトミオは、二人の女の子に引かれながらも出会う事さえ出来ないでいる。全てが曖昧な「イマドキ」の、希薄な関係や痛み、ゆがみをみつめる-たぶん「青春エイガ」。

なお、この作品は浜松を皮切りに全国で公開していく予定だそうだ。

ScreenKissでは、まだ駆け出しの映画人を積極的に応援していきたいと思っています。もし我こそはと思われる方、是非編集部までご一報を!