エントラップメント

★★★

日本人にとって泥棒といえば「ルパン三世」ではなかろうか。また、ルパン三世の映画版といえば「カリオストロの城」ではなかろうか。あの脚本にはほれぼれする。

泥棒が主役の映画「エントラップメント」の魅力は、あのわくわくするような泥棒のテクニックであってしかるべきだろう。007シリーズのように道具が主役となり、我々には欲しくもない重要機密フィルムを盗み、お国のために働く姿、帰国すればゆっくりできる英雄とは違い、こんな道具があっても不思議ではないと思われる程度の泥棒の7つ道具を使いつつ、だれでもほしがる金銀財宝を盗んでいく。しかも世界中でインターポールの指名手配犯人だから、安住の地はない。それが泥棒とスパイの違いで、映画の違いだろう。

オープニングでいきなりその泥棒のテクニック、道具を駆使し、見事なアイデアでレンブラント(絵画)を盗んでいく。わくわくする泥棒劇の始まり。

一気に引きつけるハリウッド流のテクニック。しかしそれが次第にキャサリン・ゼダジョンズ(ジン役)がショーン・コネリー(マック役)に体を見せ付けるお色気シーンに続いていく。トレーニングと称して、ハリウッドでいわれる「ホモセクシャル映画と思わせないための演出」となってくるのだ。つまり全く男性が女性に魅了されるシーンがないと、その男性はホモの設定だと思われるらしい。それを避けるためだ。

実際そんなシーンがなくてもいまさら毛嫌いする人もいないだろうし、反面そういったシーンを期待してくる客もほとんどいないだろう。

あの長ったるいトレーニングの場面では多少飽き飽きするが、引き続き行われる泥棒のテクニックに期待をしながら待ちわびた。

しかしながら、その後の映画はただのダイ・ハードであった。あのビルに忍び込む賊のように、ジン&マックが美術館にはいりこむ。あのビルで独り孤独に逃げながら戦っていたシーンは、ジン&マックが逃げ惑うシーンにつながるようだ。

結局はこの映画も、ある程度は楽しめるようにできているお決まりの構造で、それがハリウッド映画の気軽さでもあり、つまらなさでもある。

最後にあのキャサリンのメイクに関して一言。常にどのような状況下でも目の上下に黒いラインをいれて、同じようなメイクをバッチシほどこしている。

化粧の臭いが漂うようなあの色はなんとかならないのだろうか。状況や時と場合によってはメイクに大きな変化をつけていればそれほど違和感を感じないだろうが、あれでは緊張感もどこかに吹き飛んでしまう。

立野 浩超

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク