カジモド

■カジモド QUASIMODO D’EL PARIS 1998年(100分)

監督・主演:パトリック・ティムシット
出演:リシャール・ベリ、ヴァンサン・エルバス、メラニー・ティエリー

ストーリー:
富裕な家庭の息子だったカジモドは、呪いで醜い顔に。それ故両親に捨てられた彼は、神父フロローのもと、教会の鐘つきをしている。が、そんな彼も20才に。

しかし、フロローの監視なくして外出もままならない彼は、ある日美しいエスメラルダに一目惚れ。そんな折、ここエル・パリでは女性連続殺人事件が発生。彼が容疑者とされるが・・・。

コメント:
古くはアンソニー・クィンの主演で、最近はディズニー映画で知られる古典を、大胆に解釈。醜い事でちっとも卑屈にならない、元気一杯の青年カジモド。

対するフロローもただの悪人ではなく、カジモドを我がものに独占しようとする複雑な心理を折り込み、しかもハイテクに強い切れ者としての人物像に仕立てた。

さすがのティムシットも、20才のナイーブさの表現には苦労したとか。

黒髪が印象的なヴァンサン・エルバスが今回、キラキラの金髪で登場したり、いつもはセクシーなリシャール・ベリが変態ワル神父を楽しそうに演じていたり、とキャスティングもなかなか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク