セレブレーション

作品紹介

先週の記事より反論を頂いたので、その方からの評をこちらでご紹介いたします。ScreenKissでは、読者の方からのご意見もご紹介いたしますので、我はと言う方はご投稿ください。(ご期待に添えないこともあります)

父親の60歳の誕生日に、子供や親戚が集まってお祝いを開く。一見どこにでもある平和な風景である。しかし、そこで繰り広げられたのは、尋常ではない親子の対決だった。車の鍵を隠された親戚たちは、親子対決の観客兼審判として残ることを、強制されてしまった。

宴会の場での長男クリスチャンの告白に驚きながらも、母親はそれは作り話よねと言いながら、そうした話は内輪の時にして欲しかったと言う。良識にあふれた人たちは、問題のある時は当事者同士で充分に話し合うのが良いという。家庭内の問題の時は、家庭内で充分に話し合えと言うわけだ。ちょっと見は正しそうな発言だが、家庭内での人間関係が上手くいっていないから、問題が起きたことに彼等は気づいていない。家庭が問題を起こしたのだ。犠牲者を生み出した家庭が、独力で問題を解決できるはずがない。

親の体験を子供に伝えることが有効性を失ってきた現代、親の恣意は次世代の教育に障害になってきた。そのため、旧来の躾を廃して、子供の生きる力をそのまま伸ばそうという、社会的な空気が生まれてきた。それがこの映画の背景である。この映画は最近公開された「ファザーレス」と同じ主題である。

家庭内の顔と家庭外つまり社会的な顔は、本人の中で一体化しているので、家庭内の顔だけを直すわけにはいかない。とくに親はすでに長く生きてきたので、彼や彼女自身の生き方全体にかかわってくる。小さな時にできた親子関係は、長い間にわたって固定し、親が本当に現役を退くまで上下関係は続く。生まれたときから作られてきた親子関係は、実に強固である。だから、そう簡単には関係が変わるわけがない。家族が対決するときは、この映画のように観客が必要なのだ。

この父親のように、子供たちに近親相姦をしていたり、また虐待していたりすれば、問題は簡単である。今や、いくら家庭内の問題とはいえ、外の人たちもそれに介入する。しかし、家庭的にも良くできた人で、社会人としても品行方正だが、親子関係が破綻したとなると、その非難はすべて子供の方へ来る。立派なご両親なのに、どうしてあんなお子さんができたのでしょうね、と言うわけだ。暴力を振るう親など、親に問題がある場合のほうが解決は簡単だろう。親は子供に愛情を持っているとみんなが思っているから、ことはやっかいなのである。

ロバート・デ・ニーロとシャロン・ストーンが演じた「カジノ」でもそうだったが、非の打ち所のない素晴らしい夫で、妻の言うことは何でも聞き、妻をいたわる。それでも荒れていく妻。これでは妻の方が、悪く言われて当たり前である。親子でも同じで、この映画でも父親はホテルの経営者で、立派な社会人である。立派な親と子供の関係こそ、子供には何とも言いようのない重圧であり、桎梏なのである。親子関係の本質が、少しづつだが理解され始めたので、こうした映画がつくられる。 この映画でも、家族の絆を確認しようとしながら、そのそばからこぼれ落ちていってしまう様が、良く描かれていた。近親相姦や暴力は論外としても、親もどう子供に対して良いか判らない。男性だけが人間だった時代から、女性も人間だと言ったフェミニズムを経て、今や子供も人間なのだ。子供は未成熟であるがゆえに親に監督権があるのではなく、親は子供という命を一時的に預かっているだけなのである。子供は子供のままで自立した人間である。

この映画は、手持ちのカメラで撮られたようで、画面が簡単に転換し、カメラが狭いところにも入っていっていた。舞台は田舎のホテルだけ、出演者は全員でも40人くらいと、きわめてこじんまりと制作されている。技術的には感心しないことが多かった。それでも見るに耐えるのは、やはり主題を支える問題意識のせいだろう。

トマス・ヴィンターベア監督はドグマ95に属し、純潔の誓いに署名しているのだそうだ。それは、「すべてロケで撮る」「セットを組んではいけない」「音楽を使ってはいけない」「人工照明の禁止」「手持ちカメラ」などと言った十戒を守るのだそうだが、まったくナンセンスな話だ。ドグマ95に属するラース・フォン・トリアー監督が作った「奇跡の海」は、最悪だったではないか。

技術の選択肢は多い程良く、技術に溺れることによって、画面の緊張感が薄れるとしたら、ただ下手だというに過ぎない。この映画で、照明不足により顔にモアレのようなものがかかって妙な効果がでていたが、あれは単に怪我の功名だろう。SFXなどを使ったからと言って、良い映画ができるわけではないのは確かだが、技術を嫌うことなく技術に溺れることなく、きちんと主題を押さえてって欲しい。1998年のデンマーク映画で、怪しげな技術ながら現代的な鋭い問題意識にもとづいた優れた映画であると思う。

本文全体は下記にて公開
http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/セレブレーション.htm
匠 雅音