バッファロー’66

作品紹介

★★

ビンセント・ギャロのことをあまりに各誌、各人がよく書きたてるため、かなり期待して行ったが、中身はうすっぺらな脚本で、ギャロ自身の演技も希薄。いままでの映画で見せつけた存在感がいっきに消えてなくなりそうだ。もちろん彼は変態風な役柄をこなすには最高の役者で、この手の映画には彼が出演すべきだろう。

ただ、この映画では彼が監督であったが為に自分のわがままがそのままとおりすぎて、はどめが効かなくなったのではないだろうか。演技がくどい。彼が監督、脚本、音楽、主演と一人で何もかもやりすぎた結果だろう。

さて、ギャロ以外にも触れておかなければならない。クリスティーナ・リッチはアダムス・ファミリーのころの面影を失い、ただのおでぶとなってしまった。あの体格があの癖のある映画にはお似合いだが、彼女のこれからの女優人生を考えると悲しくなってくる。個人的にはアダムスファミリー時代から、Dearフレンズ(95年)でロジー・オドネルの子供時代を演じていた彼女の姿までが気にっているが、もう過去の面影はない。彼女の太っていく姿はテレビ(シネマ通信)でも報じられていたと記憶しているが、あそこまでとは思わなかった。

ただしバッファロー’66は98年の映画で、その後の情報ではかなりダイエットに取り組み、いまはスレンダー(?)な姿にもどっているらしい。近日日本公開の「ラスベガスをやっつけろ」にも出演しているが、同じく98年の映画であるから体格は同じだろうが、99年には4本の映画出演が予定されていて、引き続き活躍が期待できる若手個性派女優の一人だといえる。

バッファロー’66でリッチの演技は、その演技上の評価よりも化粧と、肉付きで印象を高めた結果演技がごまかされ、かつ存在感がある為に観終わったときにまるで名演技をしていたかのような、個性あふれる役柄だったかのような錯覚に陥ってしまう。実際は三流の個性を演じていたいに過ぎなかったが。

一方、家の中と路上では監督としてのギャロの目線の素晴らしさを実感するシーンもあるが、ボーリング場の場面では「ビック・リボウスキー」を思い出さずにはいられないのも残念だ。映画としては随分違うボーリングシーンではあるが、一度観ればその関連にすぐに気付くだろう。

立野 浩超