ラン・ローラ・ラン

作品紹介

★★★

一言でいうと実に面白い作り方をしている。音楽のスピード感と画面のスピード感が一致している点は強く評価できる。また走っているローラを追いかけたり並走するカメラワークもスムーズで、同時にローラの表情もいい。大して美人ではない(美人には写っていない)ローラ役のフランカ・ポテンテは走りながらも顔で演技を続けていて、息か汗でもかかってしまいそうだ。同時に自分が息切れてしまうような錯覚に捕われるほど。

これは99年サンダンス観客賞を受賞しているだけあって、観客が一様に驚きと興奮を感じることは確かだ。

ストーリーは20分の出来事を3回繰り返すのだが、各回ともに多少の違いで笑いを誘いながらその内大きな結果の違いが生じて行く過程は楽しめる。

ドイツ、オランダ辺りの最近の映画は独特の雰囲気がある物が多い。明らかにその他の国でとられた映画とはストーリー展開や人物の特徴が違い、この映画も同様にテクノ、又はサイバーパンクSF的な印象が強い。ローラの赤髪も目を引くものがある。走り去っていくローラにとって、目立ちすぎるほどの真赤な髪は常に観客の目を釘付けにするために必要な小道具といったところか。監督のコンセプトをうまくまとめた映画だった。

ただし、3回も繰り返されるとさすがに変化しない繰り返し部分は飽きがきて、退屈さを感じる。変化しない部分を時間的に短縮してさらに凝縮することができなかったのだろうか。走り続ける事でスピード感を常に保っていたという事は、その重要性を感じてのことだろうが、81分という時間が十分なスピード感を保つことができる時間とは思えない。81分以下にすることができない理由があったのではなかろうか。

立野 浩超