父の跡をたどって

作品紹介

★★

話題にすべきはまず主演のギョーム・カネだろう。日本未公開の「ザ・ビーチ」ではレオナルド・カプリオと共演しているという。ただし、先日映画館で流れていたコマーシャルを観る限りギョーム・カネは1ショットしか出てこない。もちろん本編ではそんなことはないのだろうが、あまりにも日本では無名だから。ロードショウ公開後にこの映画の評価が高ければ彼の日本での評価、人気もウナギ昇りになること間違いないのでは?ハリウッドの役者となるとフランス映画祭には決してやってこないものだから、これで最後のお気軽な来日だったのかもしれない。

さて、実物はかなりい男なのだがフランス映画は概して役者の不細工な面を映し出すので、この映画でもあまりぱっとしない。ロランス・コート同様に髪型がいまいちよくないのでは?

ロランス・コートに「映画よりかわいく見えるね」と聞いたところ、「ありがとう。髪型を変えたからかしら?!」とのコメントでした。

作品は詐欺の種類をもう少し増やしていけば楽しめるのではなかったか。ほとんど楽しめないのにエンディングでは笑顔を誘う演出であった為、エンディングがよくないという最悪の結果になってしまった。