金融腐蝕列島:呪縛

「金融腐蝕列島:呪縛」
1997年の第一勧業銀行(映画の中では、朝日中央銀行ACBと改名されている)の総会屋への融資をめぐり、揺れに揺れた銀行内の様子を描いたもので、重厚で本格的な映画に仕上がっている。経営陣の混乱・無責任さを目にした若手4人が、第一勧銀を再生するために、身をなげうって活動を始める。この映画は、経営陣の腐敗を主題にしているのではなく、北野(役所広治)片山(椎名桔平)松原(中村育二)石井(矢島健一)の若手4人組、なかでも北野の銀行再生が主題である。

ある組織が存亡の危機に立たされたとき、外部にいる人間たちは、当事者たちの苦悩を無責任にあげつらうことができる。しかし、内部にいる人間にとっては事情は大違いである。その内部にいる人間とても、事実の把握に奔走することは外部の人間と同じであるが、内部の人間の第一の関心は、組織の維持であり再生である。とりわけ、その組織を愛し、その組織の崩壊を座視できない者たちは、外部の圧力のなかで組織を再生させるための行動に出る。それは健全な組織であればあるだけ、再生のための行動が強力になされる。

組織が円滑に動いているのは、その組織が社会に上手く適合しているからである。ところが一度歯車が狂い、没落に向かい始めると、上手くいっていた原因がすべて負の要因になる。第一勧銀は、第一銀行と勧業銀行が合併してできた銀行だから、頭取と会長がそれぞれの出身母体から互選されていた。それがこの銀行の温厚な行風を作っていたが、逆風下になるとそれが無責任体制となり、誰もことの本質に立ち向かわなくなる。今まで長所だったことが、すべて欠点となってしまうのである。

第一勧銀は、幸せな銀行だった。無責任な役員たちにたいして、自行を愛する社員をたくさん抱えていた。そして、全役員を解任し、新たな出発に向けて、新役員体制を作ることができた。その過程を映画は、とても肯定的に描いていた。第一勧銀は株主総会の公開ほか、情報開示する姿勢を打ち出すなど、次々に改善策が打たれる。この事件を最初から追っていたカメラマンに、第一勧銀に口座を開こうかなと言わせている。不祥事を扱いながら、第一勧銀の宣伝映画になっていた。

映画としてみても、いまだ日本映画の良き伝統は死に絶えていないことを知らせてくれた。丁寧に作られたセット、惜しみない物量、充分なライティング、物語にあった発色など、職人的な映画作りは健在である。実に丁寧に良く作り込んである。最近の日本映画では出色であろう。

東映が力を入れたせいだろうが、力のある役者たちがたくさん出演している。面白いことに経営者たちの人物像が、自殺した久山(佐藤慶)を除いて個性がないのも、いかにも日本的な企業風景である。彼等は、くっきりと際だった個性を持たず、誰が誰だか判らない。役員のなかで誰かと誰かを入れ替えても、気がつかないくらいによく似た人たちである。そのなかで、最高顧問の佐々木(仲代達也)に悪のカリスマ性を演出するために、彼の足を不自由にさせたように思う。健常者のままでは、いくら仲代達也でも悪人という強烈な個性を、あれほどに演技できなかったかも知れない。

仲代達也や佐藤慶など年寄りたちの存在感があるのに対して、根津甚八など中年の俳優たちの存在感が希薄である。それは旧来の農業的人間像から、浮遊する情報的人間像への変転を表しているのであり、今後ますます軽い人間が多くなっていくだろう。土着的な存在感とは違った意味での、透明な存在感が生まれてくるに違いない。

ブルームバーグという実在のアメリカの放送局が、実名で映画に全面的に協力し、プレスクラブの中にあるスタジオや、アンカーウーマン和田(吉村麻由美)の教育を提供していた。吉村麻由美のアンカーウーマンは女性の社会進出をたびたび口にし、ややきれい事な感じがしたが、それでも日本のキャスターとは違った責任感を感じた。ところで、観客の年齢層が非常に高く、中高年それも銀行員と思われる風体の人たちが多く、若い人たちの多いいつもの映画館とは違って、なんだか不思議な雰囲気の観客席だった。

原田真人監督、1999年の日本映画。

匠 雅音

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク