desserts デザート

ジェフ・スターク監督ユアン・マクレガー主演
99年ベルリン映画祭・短編映画部門・銀熊賞作品
ビスタサイズ・カラー・4分間の短編

ストーリー(お目にかかる機会がないと思われるため、完全に解説します。)

ユアン・マクレガーが波打ちぎわの砂浜を口ずさみながら歩いている。画面は、青空と砂浜が上下半分に別れている。

そこにふと、エクレアが押しているのを見つけた。音楽は鼓動を表すかのような曲。臭いをかぎ、生クリームをなめてみるとどうやら新鮮でうまそう。

ついつい、ばくっとかぶりつくと突然砂浜にロープが現れる。そして、そのエクレアに隠れていた釣り針がユアンの頬を突き破る。

そのままロープに引かれてユアンはもがきつつも波の中に消えていく。釣られてしまったのだ。

最後に、彼の足跡は波に打ち消されてしまう。

感想

人が釣られてしまうという皮肉がおもしろい。セリフはなく、最後にユアンの叫び声だけが響き渡る。

ユアンの表情は多少大袈裟だが、短編でこういった一発芸的な話には効果的に印象を高める。

立野 浩超

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク