ビデオでシネマ 一覧

ちょっと古い作品をビデオで楽しもう

NO IMAGE

「ヒューゴ・プール(96米)」

6「ヒューゴ・プール(96米)」東映ビデオ オープニングの良さに惹かれてついご紹介 映画には、ほんのワンシーンとか、たった一言のセリフとか、そんな些細な何かがとても気に入ったために好きになる作品もあるんじゃないだろうか。こんな言い訳めいた前振りをしたのも、察しのよい方ならもうお分かりですね。そう、今日ご紹介する『ヒューゴ・プール』がその類なんでありマス。

記事を読む

NO IMAGE

ビデオでシネマ

ビデオでシネマ ちょっと古い作品をビデオで楽しもう!

記事を読む

NO IMAGE

サリー・ポッターの「タンゴ・レッスン」

ビデオでシネマ 1.サリー・ポッターの「タンゴ・レッスン」 この作品、劇場公開の宣伝文句に「官能」とか「エロス」とかいった言葉が飛び交っていたので、期待してでかけた男性がごまんといたそうな。ウソウソ、冗談。でも実は私はこのシゲキ的な宣伝文句にゲンナリして、映画館にいかなかったのだ。

記事を読む

NO IMAGE

恋人たちのポートレート

このコーナーは見損なった作品、もう映画館では見られそうもない作品、あるいは未公開の作品に出会えるビデオのご紹介がてらの勝手な感想をお送りします。2「恋人たちのポートレート」★フツーでした。「ミナ」のマルティーヌ・デュゴワゾン監督の作品と聞けば見てみたいと思う人もいるはず。何を隠そう私もその一人で、ロードショーを見逃したためビデオが出るのを手ぐすね待っていたんですね。

記事を読む

NO IMAGE

アキ・カウリスマキの「浮き雲」

プレーンだからおもしろい 花田清輝の作品集を読んでいたら、坂口安吾の「あきらめアネゴ」と称する小文を紹介するくだりが出てきて、この「あきらめアネゴ」というネーミングを私はけっこう気に入ってしまったのでした。銀座並木座の最終上映週に見た「晩菊」の、細川ちか子扮する役柄をふと思い出し、言い得て妙だと思ったのです(ちなみに清輝の小文は「日本人の感情表現」。興味のある方はご一読を)。

記事を読む

NO IMAGE

「ダライ・ラマ」The Dalai Lam

宗教家はエラいのか? 今回はシネマといってもドキュメント。「阿片戦争」がレンタル中だったので、じゃあ同じ中国系でと手に取ったのがこのビデオだ。制作が97年とあるのは、ハリウッド映画「セブン・イヤー・イン・チベット」を意識して作られたってことだろうか。それはともかくダライ・ラマ14世の半生に焦点を当てつつ、チベットの宗教社会を描いたなかなかおもしろい作品である。

記事を読む

NO IMAGE

「てなもんや商社」

5「てなもんや商社」 監督:本木克英/出演:小林聡美、渡辺謙 他 堅すぎて、ちとザンネン 邦画というヤツがどうにも苦手で、ここ数年、古いもの以外はほとんど見ていない。が、タイトルが何やらありそな「てなもんや商社」、ロケ先が中国、そして主演がアイドルタレントではなく小林聡美とくれば、それなりに笑わしてくれるんじゃなかろーか――と期待を胸に見たのだが、手堅すぎてガッカリでした。

記事を読む

スポンサーリンク