ボサノヴァファン必見の至福の音楽ドキュメンタリー『ジョアン・ジルベルトを探して』

ブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトの行方を追ったドキュメンタリー映画『ジョアン・ジルベルトを探して』が、8月24日より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAにて全国順次公開いたします。

“ボサノヴァの神様”ジョアン・ジルベルトを巡る旅の記録

その類稀なるギター演奏と甘美な歌声によって世界中にその名を知らしめた、“ボサノヴァの神様”と称される伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルト。2003年に初の日本公演を実現し、その後も2004年、2006年と来日を重ね、日本でも多くのファンを持つ。

しかし、2008年8月26日にリオ・デ・ジャネイロで開催されたボサノヴァ誕生50周年記念コンサートへの出演を最後に、公の場に姿を現すことのないまま10年以上もの時が経った。

フランス生まれでブラジル音楽を敬愛するジョルジュ・ガショ監督によるドキュメンタリー、 『ジョアン・ジルベルトを探して』は、 ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ジョアン・ジルベルトに会うため、リオ・デ・ジャネイロに出向いた顛末を描いた1冊の本「オバララ ジョアン・ジルベルトを探して」をガショ監督が手に取った時から始まった。その懸命な追跡にも関わらず、マークはジョアンに会えないまま本が出版される1週間前に自ら命を断ったという。

ガショ監督は、マークの旅に強く共鳴し、ジョアンゆかりの人々や土地をブラジル中尋ね歩く。ジョアンの存在を近くに感じながらもあともう一歩のところで会うことができないガショ。果たして、彼は憧れの人に会うことができるのか…?

ジョアンの元妻ミウシャや、マルコス・ヴァーリら有名ミュージシャンも多数登場

ジョアン・ジルベルトの代表曲「デサフィナード」や「オバララ」の楽曲に乗せて、ガショ監督がジョアンを探し求めてリオの街を訪ね歩く姿が映される。場面写真でもイパネマビーチなどリオ・デ・ジャネイロをはじめ、若きジョアンが過ごしたヂアマンチーナに至るまでブラジルの美しい風景の数々が印象的だ。

また、本編では、ジョアンの元妻である歌手のミウシャや、マルコス・ヴァーリ、ジョアン・ドナートなどブラジルを代表する有名ミュージシャンも多数登場。人前から姿を消した今もなお多くの人々を惹きつけてやまないジョアン・ジルベルトの魅力を語る貴重なインタビューが収められており、予告編でもその一部を垣間見ることができる。

ファンのみならず、ボサノヴァファンも垂涎の至福の音楽ドキュメンタリー。期待をさらに高める予告編と場面写真を、是非いち早くご覧ください。

監督・脚本:ジョルジュ・ガショ 出演:ミウシャ、ジョアン・ドナート、ホベルト・メネスカル、マルコス・ヴァーリ

2018年/スイス=ドイツ=フランス/ドイツ語・ポルトガル語・フランス語・英語/111分/カラー/ビスタ/5.1ch/DCP 
原題:Where Are You, João Gilberto? 字幕翻訳:大西公子 字幕監修:中原仁
後援:在日スイス大使館、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ東京、ブラジル大使館
協力:ユニフランス 配給:ミモザフィルムズ 宣伝協力:プレイタイム

クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

グスタフ・クリムトとは一体、何者だったのか?
貧しい生い立ちから華やかな社交界で注目される術とは?
先週末公開の新作映画から一部を特別公開!

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。人間の不安や孤独や恐れを、世紀末的官能性のなかで描いたその作風は、今も色褪せることなく輝きを放ち、人々の心をとらえ続けている。

 
本作『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』は、その没後100年となる2018年に製作された注目の美術ドキュメンタリー。豊富な映像資料で、クリムトとシーレが生きた19世紀末ウィーンに花開いたサロン文化と、彼らの愛と官能性に満ちた絵画をつまびらかに見せつける。その精密な絵画の世界は、我々見るものを、いつしかウィーンの世紀末にいざなってゆく。


本作はまた、4月23日より7月10日まで東京都美術館にて開催されている「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の特別タイアップ企画でもあり、映画と展覧会を併せて楽しむこともできる。さらに日本語ナレーションを俳優の柄本佑が担当。海外ドキュメンタリー映画のナレーションは初めてとなる柄本の参加も話題の作品だ。


鑑賞後の来場者からは「映画を観て、背景を理解してから展覧会に行けば、展覧会の理解がより深まる」などの感想があがっている。


今回、解禁された本編動画では、柄本佑が吹き替えを担当しているイタリア人俳優ロレンツォ・リケルミーの案内で、「グスタフ・クリムトとは一体何者だったのか?」という部分にフォーカスしたシーンが切り取られている。

その貧しい生い立ちから、洗練されたウィーン社交界で上流階級の女性たちと関係を築くようになるまで、彼がどのような術を使ってのし上っていったかが、貴重な資料とともに語られる。

特に、動画後半では、彼の死後、親密な関係をもっていた多くの女性たちが「クリムトの子を授かっている」と法廷に訴えがあったことなど、当時のウィーンを騒がせたゴシップも語られ、クリムトの人となりがうかがえる。

グスタフ・クリムトとは?

世紀末ウィーンを代表する画家。ウィーンの工芸美術学校に学ぶ。初期にはアカデミックな作風で才能を認められ、劇場の壁画装飾などで名を馳せる。1897年に保守的なウィーンの画壇から離脱し、「ウィーン分離派」を結成。自ら初代会長として分離派会館を中心に多くの展覧会を開催しながら、新しい造形表現を追求した。

同世代の芸術家らと共に、絵画、彫刻、建築、工芸の融合を目指す総合芸術を志向する。エゴン・シーレら次世代の画家達にも多大な影響を与えた。

タイトル:『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』 
英題:KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
出演:ロレンツォ・リケルミー、リリー・コール 監督:ミシェル・マリー 脚本:マリアナ・マレリ
2018年/イタリア/イタリア語、ドイツ語、英語/カラー/94分/ドキュメンタリー
協力:朝日新聞社 後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム 
配給:彩プロ 宣伝:テレザ、プレイタイム、佐々木瑠郁

『ソード・オブ・レジェンド 古剣奇譚』

Elizabeth Debicki (Eva) & Director Simon Baker (Sando) – Breath – Photograph by David Dare Parker

ハリウッドを代表するヒットメーカー
『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』のレニー・ハーリン監督最新作!

大ヒットRPGの世界を完全映画化した
壮大なるソード・アクション・ファンタジー!


「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション®2019」
新宿シネマカリテにて 7/14(日)、7/16(火)、7/19(金)、7/20(土)、7/22(月) 上映

【イントロダクション】
中国の人気ゲームを原案にTVドラマ化されるや、本国では「宮廷女官 若曦」「宮廷の諍い女」「蘭陵王」を超え、1億人以上(TV+ネット視聴)の視聴者を獲得し、日本でも大ヒットを記録した「古剣奇譚 久遠の愛」 。同じゲームシリーズを原案に、『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』などのハリウッド・メガヒット作品で知られるレニー・ハーリン監督が完全映画化。ジャッキー・チェン主演『スキップ・トレース』に続く、同監督の中国進出第2弾となる。

主演は、アジアを代表する世界的スターのワン・リーホンとK-POPグループf(x)のリーダー、ビクトリア。アジアを代表するキャストが結集した壮大なる中国・時代劇アクションに、ハリウッドの風を吹き込んだ豪華絢爛なるSFファンタジー巨編の誕生だ!!

【ストーリー】

石や木に霊力を吹き込みロボットを作る技術イエンジアが発達し、妖怪と人間が共存する世界。行方不明のイエンジアの名匠シエ・イーを探している弟子のユエ・ウーイーは、手掛かりを求めて師匠の最後の作品となった指輪が出品される競売会場に赴く。

しかし、そこには妖怪“心魔”と手を結び、人間界の征服を企てる空中都市“流月城”の者たちも潜んでいた。指輪は、心魔を倒せる唯一の宝剣の4つの破片の1つなのだ。宝剣を甦らせ人間界を守るためには指輪を流月城に渡すわけにはいかない。かくして、黄金の指輪をめぐってウーイーたちと流月城の王シェン・イエとの壮絶な戦いが幕を開けるのだった!

映画『ソード・オブ・レジェンド 古剣奇譚』
2018年/中国/105分/原題:古剣奇譚之流月昭明
監督:レニー・ハーリン『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』
製作:ベン・ザン 脚本: タン・グァンユアン 音楽:ラッセ・エネルセン
出演:ワン・リーホン『ラスト・ソルジャー』、ビクトリア『もっと猟奇的な彼女』
   ゴッドフリー・ガオ『シャドウハンター』
   アーチー・カオ「CSI 科学捜査班」シリーズ、カリーナ・ン『イップ・マン 継承』
配給:ミッドシップ 
公式サイト:http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2019/