ScreenKiss Vol.053

1999年 10月 26日 配信
ScreenKiss Vol.053

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’

Vol.053

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆>☆1☆The Sixth Sense(シックス・センス)☆>☆2☆HEART(ハート)☆>☆3☆HEART(ハート)☆>☆4☆マトリックス☆>☆5☆バックステージ:原瀬 涼子☆ScreenKiss______________________________________________________________>
 今回のタイトルの「薄羽の蝶」は実際、電車の中で席を譲ったお爺さんが作って、
 くれた、という監督ご自身のご経験からという事ですが、作品では、あと、どの
 位までがノンフィクションなんですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 祖母とは遠く離れて住んでいたので、ほとんど会う機会がなかったのですが、病
 院でボケた祖母を見た時のショックがとても大きかったのを覚えています。それ
 が、ボケた祖母に会う、最初で最後の機会でした。

 脚本を書くにあたって、ボケたお婆ちゃんを持つ友人にボケた人はどんな行動を
 するのか聞くうちに、ある友人から、オムツを嫌がってむしってしまう人がいる、
 という話を耳にしました。その時に、フワフワと雪のようにオムツが舞っている
 イメージが涌いて、それをやってみたいと思いました。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 おばあちゃんが登場するシーンはとても印象的なのですが、あの降ってくる雪
 (実はおむつ)が光に映えてとても美しいですね。でも、とても苦労されたとか。

>原瀬___________________________________________________________________>>
 そうなんです。ここのシーンは私も大好きです。おむつ撒き機も、色々改良して
 いって。これは美術部の人と相談して「どうしたら、雪に見えるだろうか」って。
 全部手作りなんですよ。綿をちぎってやってみたりしましたが、最終的には和紙
 が一番奇麗に見えるのがわかって。ただ、カットが変わって、現実に戻った時に、
 床に落ちているのは綿です。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 シナリオについては、大分御苦労があったようですが、シナリオは基本的に完璧
 に書かれてから撮影に臨まれるのですか?それとも、撮影されながら、手を入れ
 ていかれるんですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 さっきお話した、ボケた人はどんななのかという事を、老人介護の本を読んだり
 しました。由美子の心の移り変わりに関しては、自分自身が同じ位の年齢である、
 という事もあって、あまり変えたりはしなかったのですが、はじめのシナリオの
 弱い部分を補強するように直していきました。

 ラストカットの、お婆ちゃんが若かりし頃の友人の名前を呼んで、由美子がそれ
 に答えてあげるところは、あとから書き足した部分です。

 ラストをどうしようか、と悩み続けていたのですが、アルバイトの最中に急に思
 い付いたんです。思い付いた途端に、ああ、これなんだ、これなんだ、ととても
 嬉しかったです。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 現場で変更という事はありましたか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 若い役者さんですと、それも可能だったんですが、年輩の役者さんだとそれが少
 し無理だという事が、リハーサルしている時にわかったんです。で、彼らには前
 もって、少なくとも前日には、台詞を渡して本番までに覚えてきて貰うという形
 にしました。

 由美子役の上野さんは、本当に勘のいい方で、ここをこうしてみて、と言うと、
 すぐに巧くやってくれるんです。その上、決して間違えたりしない。演じるのが
 初めて何て、嘘でしょう、という位。

 上野さんて、何でも出来ちゃう凄い人なんだ、と思うんですよ。どっしり構えて
 いて、人の気持ちまで楽にしてしまうところがあって、スタッフも、他の役者さ
 んも救いになっていた部分があるんじゃないでしょうか。男性スタッフは、皆、
 上野ファンになっていました。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 ところで、役者さんのお話が出たところで、あの電車のお爺さん役の方(児玉数
 夫/映画評論家)は、顔に惚れ込んでくどかれたそうですが。

>原瀬___________________________________________________________________>>
 そうなんです。本当にお顔が好きで。この人がじゃないと嫌だって位。最初は断
 わられそうだったんで、「とにかくお顔が好きなんです」って事をたくさん言っ
 て。やっぱり、人ってほめられると嬉しいじゃないですか。多分それで、受けて
 頂けたのかと。彼の経歴などは、全然存じ上げなかったんです。

 他の役者さんに関してもそうなんです。上野さんも、ぱっと見て、この人は、私
 がまだ分かってない部分の由美子を持っている人だって思いました。

 お母さん役の辻本さんも、児玉さんとお会いした会場で、一目惚れして出て頂い
 たんです。ぱっと見で、この人だ!と思い込んだ方ばかりで、クランクイン前や、
 クランクイン直後は、初演技の方々に、ちゃんと演技指導出来るだろうか、ちゃ
 んと演技して貰えるだろうか、と正直なところ、不安は大きかったのです。が、
 皆さんにやって頂いて、本当によかったと思っています。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 今、振り返ってみて、どんな事が印象的でしたか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 苦労とかって、終わってみると忘れてしまって、いいことばかり思い出されます
 が。自分の中で、映画を作っていくという事にとまどいがありました。10人から
 のスタッフでやっていくというのも初めての事でしたから。そのスタッフと、ど
 うやってコミュニケーションをとり、自分はどう采配していけばいいのか、とい
 う事で悩んでしまいました。

 役者さん、スタッフ、作品と自分との距離がわからなくなった時もあります。そ
 れが一番辛かったかと思います。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 それは、どのようにして、御自身の中で調整されていったのですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 皆が心配してくれて、とりあえず、中断して落ち着くまで休みをとってみようと
 いう事になりました。その後からは、スタッフとも話あって落ち着きました。

 何が不安だったかというと、学校の課題で撮っている訳ですから、スタッフも、
 本当にやりたいと思ってくれてるのか、とか、自分の要求をどこまで彼らに求め
 ていいのか、とか。

 彼らが、心配してくれてるのが分かってからは、色々注文も出せるようになって
 巧くいきました。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 では、もう次回からは大丈夫ですね。次回も監督をされたいという事でしたが。

>原瀬___________________________________________________________________>>
 そうですね(笑)。今回みたいに気の合うスタッフがいてくれれば、と思います。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 この作品は今年7月のぴあフィルムフェスティバルでも上映されていますが、そ
 の時の反応はどうでしたか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 一番驚いたのは、結構大きい会場(有楽町、国際フォーラム)だったのですが、
 お客さんがいっぱいで。ちゃんとした会場で上映するのは初めてだったので、興
 味をもってくれるのか心配だったのです。

 会場からの質問は、あまりなかったんですが、「チョウチョは何で、青いんです
 か?」とか。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 何故、青かったんですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 実際貰ったチョウチョが青かったのと、美術部が黄色いのや、ピンクのとかを
 作ってくれたんですが、青が一番奇麗だったんです。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 ご自身が経験された事、という事でしたが、実際はどんなシチュエーションだっ
 たんですか?心境的にも由美子さんのような葛藤はあったんですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 少し混んだ電車に乗っていた時、前の席が空いたんで座ろうと思ったら、お爺さ
 んがじ〜っとこっちを見ているんです。座りたいんだな〜て思って席を譲りまし
 た。そしたら、鋏と薄い青い紙を鞄から出して、何かやってるんです。

 「この人ちょっとボケているのかな〜」って思って嫌な気分になりました。多分、
 亡くなった祖母の事を思い出したからだと思います。そのお爺さんが、新宿に着
 いた時に作っていたものをくれて、それが蝶だったんです。何だか感動してし
 まって。

 その頃はアルバイトをしていて、「これからどうしようかな〜」という事は考え
 ていましたね。何となく生活していて、これからどうしよう、という不安をその
 蝶々が救ってくれたんだと思います。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 影響を受けた監督などはいますか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 余裕もなくつくっていたんですが、あとで考えると、監督より、結構漫画の影響
 が強いんではないのかなって。例えば大島弓子とか、岩館真理子とか、そういう
 透明感のある線の細い作品の影響はあるんじゃないかと思います。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 ご自分では漫画は描かれないんですか?よく監督さんは絵コンテ描かれるでしょ
 う?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 それが、描かないんです。下手だし(笑)。絵コンテも顔は丸で胴体はこんな
 で・・・(胴体っぽい感じを指でなぞってみせる)

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 監督ご自身が、御自分の作品に出演される予定はないんですか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 それは、ないです。それに演技が下手なんです。カリキュラムにも役者としての
 課程はないし。自意識が強いのか、凄いあがっちゃって。

 人を観察するのは好きなんですが、自分が観察される側は恥ずかしいんです。本
 当はこうして話するのも恥ずかしいんです。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 次回作の構想は決まっていますか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 恋愛ものをやりたいんです。こないだ書いたのは夫婦の話なんですけど。試写会
 で、ベルトリッチの新作『シャンドライの恋』という映画を見て、恋愛映画って
 いいなぁ、と思って。単純なんですけど。

 やはり、体験とか身近な事からしか思い付かないので。あまりに自分と懸け離れ
 たところでは頭がついていかなくて。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 今日は卒業式だそうですが、今後のご予定は?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 監督としてやっていきたいんですが、どうなるのかな、と。特に野心とかがなく
 て。コンペで受賞したりすれば、その後の制作がやりよくなるとか、あるかもし
 れませんが、撮りたい時に撮りたい作品が撮れればって。まぁ、一番我侭なのか
 もしれませんが(笑)。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 もし、配給会社から、あまり原瀬さんが気が向かない題材ながら、“是非撮って
 下さい”というオファーが来たらどうしますか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 う〜ん、一応考えてみますけど。やりたい主題なら受けるかもしれませんが。私
 は結構臆病なので、周りに安心できる人がいないと出来ないんですよ。頭も回転
 しなくなってしまうし。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 この学校へ入学する以前と入学後のイメージの差はありましたか?

>原瀬___________________________________________________________________>>
 特に凄い期待もしてなかったので、そんなにギャップはなかったです。ただ、と
 りあえず1本撮れれば、と思っていましたので、それが現実になったわけですか
 ら。とりあえずの目標は達成しましたね。

>ScreenKiss______________________________________________________________>
 最後に我々のメールマガジンの読者へのメッセージがあれば。

>原瀬___________________________________________________________________>>
 見て頂けるのでしたら、気に入っていただけると嬉しいです。落ち込んでいる時
 に、友達に手を握られたり、抱き締められると、素直に泣けたりするじゃないで
 すか。そういう些細な優しさみたいなものが、少しでも伝わるといいなぁと思っ
 ています。

 〜今日はお忙しい中、ありがとうございました。〜

 *原瀬監督への質問等はScreenKiss 鳥野韻子まで御寄せください。

                                鳥野 韻子

__________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____
                                    □

┏━┓                       I N F O R M A T I O N
┃F┃登録・解除・お問い合わせなどについて
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◇星(★)の意味___________________________◇

  このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。

◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇

  このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出
  来ます。こちらでの作業は一切しておりません。

  まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)
  マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/
          mail_backnum?freemail_id=412)
  メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008
  ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007
  ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)
  Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)
  emaga (http://www.emaga.com/entertainment/intro/film.html)

◇◇サービス______________________________◇

  ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。
  http://www.ScreenKiss.com/

  Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。
  http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585

◇◇広告募集______________________________◇

  ScreenKissでは、広告を募集しております。
  詳しくは、[email protected]

◇◇協力・提携_____________________________◇

  AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/)
  Le Petit Bouquet日本語版(http://www.metamondes.com/PetitBouquet/)

◇◇お問い合わせ____________________________◇

  色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお
  願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。
  mailto:[email protected]

◇◇スタッフ______________________________◇

  【編集長】      【記事執筆】
   中津川 昌弘     鳥野 韻子
              立野 浩超
              山下 裕
              MS. QT MAI

◇◇ScreenKissについて_________________________◇

  映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・
  論評するメールマガジンです。

  Copyrights(C), 1998-1999 ScreenKiss
 掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。

┼                                   ┼