ScreenKiss Vol.087

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

  ,.`☆

  .;^☆ S C R E E N K I S S

.’

Vol.087

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □映画ミニ情報(プレゼントのお知らせ)   □雨あがる   □シュリ >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆0☆映画ミニ情報☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ □PFF(ぴあフィルムフェスティバル)シアター2月  お知らせとチケットプレゼント  この度ぴあ(株)のご厚意により、2月のPFFシアターの『斎藤久志監督映画講  座』4講座に各回ペア5組、合計40名の読者の皆様をご招待致します。  ■応募要領  下記の質問にお答えの上、ご応募ください。  1)ご希望の講座・日時    A;助監督経験の意義「フレンチドレッシング」2/25(金)6:30p.m    B;「自分の作品」とは何か?「はいかぶり姫物語」2/27(日)12:00p.m    C:自己と他者の作品評価のズレとは何か?「夏の思い出」2/27(日)3:00p.m    D:演出とは何か?「ロマンス」2/27(日)6:30p.m  2)住所 3)氏名 4)年齢 5)職業 6)電話番号  7)PFFを知っていたか否か(E 知っていた F 知らなかった)  8)インターネットを使って映画情報を見る回数(月平均)  9)今回の応募理由  ■メール送付先  

 ■締めきり

  2月20日(日)24:00

 内容については85号に詳しく載っています。

__________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____

                                    □

>>☆1☆雨あがる☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     監督:小泉尭     出演:寺尾聡、宮崎淑子、三船史郎     1999年日本/91min.     1999年ヴェネツィア国際映画祭緑の獅子賞  時は享保年間。剣豪の浪人、三沢伊兵衛は、妻と共に雨の為大井川で足留めをく  い、安宿で数日を過ごす。貧乏な人々や、思いがけない領主との出会いがあり、  雨があがったある日、また2人は旅を続けて行く。  邦画では、色々な意味で話題になった作品。ヴェネツィアは、勿論黒澤監督ゆか  りの地だが、この賞は「もっともエコロジカルな作品」に贈られるものだそう  だ。確かに雨上がりの森の木々の様子などは、爽やかな空気が肺に送られてくる  ような気分になる程澄んでいる。  黒澤監督が生前“見終わって晴々とした気分になる事”をこの作品に求めたとい  う。原作は監督のお気に入り?山本周五郎の作品はこうした人情を主題にしたも  のが多い。前半の暗い宿の中で、貧乏人達がささやかな酒宴に酔いしれる場面は  『どですかでん』的下町風情、雨あがりの美しい風景は『夢』の1話目みた  い・・・と、黒澤監督の手法を実に忠実に守って仕上げた感じがする。  時代劇お約束のポーズに、妙に水戸黄門ちっくな笑いの殿様役の三船史郎は、太  い眉が父親そっくり。剣さばきの見せ場が多いながら、寺尾聡演じる主人公だけ  が、舞台っぽくない台詞まわしで、一人芝居がかっていないところが面白い。  スタッフ、キャストともに黒澤監督ゆかりの面々という事だったが、制作協力に  Elie Chouraquiの名前が出ていたのが気になった。フランスの監督(『メランコ  リー』『君が嘘をついた』)と同一人物なのだろうか?  さて、題字は黒澤監督の手によるものを、そのまま使用しているが、17日(木)  から新宿高島屋で開催される「黒澤明の世界展」では、こうした作品の資料が見  られる。製作ノート等は作品と照らしてみるととても興味深い。黒澤作品に興味  のない人でも充分楽しめる。(2/29・火まで。新宿タカシマヤ)                                 鳥野韻子 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆1☆雨あがる☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     監督 小泉堯史     脚本 黒澤明     キャスト 寺尾聰、宮崎美子、三船史郎     上映時間 91分     配給 東宝/アスミック・エース エンタテインメント  世界で一番有名な日本の映画監督・黒澤明。97年に没するまでに作った「七人の  侍」から「どですかでん」まで、全作品が名作!というマスター・オブ・シネ  マ。  その黒澤監督が最後に映画化できなかった脚本が、この「雨あがる」。それを、  長年黒澤作品の助監督を務めてきた、小泉堯史がメガホンを取り、黒澤組のス  タッフとキャストが集結して出来たこの映画。これぞ黒澤!というエッセンスが  詰まっています。  作品は、武芸の達人ながら、不器用で仕官がかなわない主人公伊兵衛とその妻た  よが、止まない雨に足止めをくらって泊まった宿での出来事を綴っていきます。  ある日若者同士の決闘の仲裁をした伊兵衛は、ある藩主の目にとまるが、伊兵衛  が、他の泊り客たちの為にした賭け試合の事が、藩主に知れてしまう・・・。  登場人物の自然体で優しい生き方が、黒澤が生涯テーマとした「ヒューマニズム」  を感じさせる、渋い感動作です! __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆シュリ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     1999/韓国/124分/ビスタ     監督 カン・ジェギュ     出演 ハン・ソッキュ、キム・ユンジン、チェ・ミンシク  おすぎの言うことも今回ばかりはあながちいい加減ではない。もう何度も聞いて  いる、韓国では「タイタニック」を抜いて興行成績を塗り替えたハリウッド顔負  けのアクションムービー、という宣伝文句。これもそんなに大嘘つきではない。  とにかく出だしから北朝鮮側の特殊部隊が行う訓練シーン。迫力十分で、本当に  こんなことをやっていそうな感じさえする、妙な説得力をこのシーンに感じるの  は私だけか?途中でのガンアクションシーンも「仁義なき戦い」ばりの手持ち撮  影で、迫力と勢いを映像でしっかり伝えている。  役者についても撮影前にアクション指導を徹底的に叩き込まれたという評判どう  りの動き。あまりカッコいいとは思えない主役のハン・ソッキュ、韓国の世良正  則−チェ・ミンシクあたりはやはり結構頑張っていて、いい存在感を持っている  2人だと思う。さらにハリウッド映画ではあまり聞かれない軽い感じさえする発  砲音。どうも本物の銃はこんな音らしい。とにかく作った側の気迫がダイレクト  に伝わってくる。  極めつけは、北朝鮮のキム・ジョンイルも観て激怒したらしい、韓国は善、北朝  鮮は悪という挑発的な南北間のストーリー。この監督は本当に南北統一を望んで  いるのかと疑うほどの攻撃的姿勢である。このあたりでも気迫がみなぎってい  る。でも、現在の南北情勢からすればこんな話が実際起こっても全く不思議でな  いと思ってしまうあたり、とてもタイムリーであり、妙にリアルなのである。  それにしても私自身、様々な宣伝によりアクションムービーという印象が観る前  にあったようだ。でも観終わって、むしろラヴストーリーの方に強く印象を残し  た。主人公2人の関係を作品中に多く描いていたように思うし、それ以上にたぶ  んラストの展開によるものが大きかったのだろう。特に留守電を聞くシーンあた  りは音楽の入れ方も絶妙でドラマチックな印象を残した。ラヴストーリーでみる  とやはりどことなくアジア的なものを感じる。かといってチープな作品にありが  ちな男女間のクサいシーンもあり、その点でいうとやっぱりハリウッドっぽさ  も。  娯楽作品としては、十分に面白くて、分かりやすく、テンポもある。韓国映画の  存在を知らしめるのに十二分な作品。                                   ゆたか __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆シュリ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     監督・脚本 カン・ジェギュ     出演 ハン・ソッキュ(「八月のクリスマス」)/キム・ユンジン/        チェ・ミンスク     上映時間 124分     配給 シネカノン/アミューズ  今まで馴染みの少なかった韓国映画。ところが、ここに来てハリウッドを蹴落と  す勢いのスゴイ映画がやって来た!  本国では7人に1人が観た、という驚異の動員数を記録し、"シュリ・シンドローム  "という言葉まで生みだす社会現象となったこの作品。  ロバート・デ・ニーロが全米での上映権獲得を考えている・・・、フランスの老  舗映画雑誌「カイエ・デュ・シネマ」が特集を組んだ・・・、などなど、など、  世界中が韓国発のこの作品に注目しています!  冒頭のパワフルな訓練シーンから、大スタジアムでの決死のクライマックスま  で、観るものを釘付けにするスーパー・エンターテイメント作品です!  スパイ戦にハラハラし、アクションにドキドキし、ラブ・ロマンスに涙する、超  話題作!  川崎チネチッタで上映中。この映画館は、客席数844人のチネグランデ、1〜  8号館まであるチネチッタと、場所が離れた駅ビルのBEという10スクリーン  からなる総合映画施設。  チネチッタのビル1階にはスターバックス・カフェがある他、レコード店、映画  雑貨を扱う店、書店などあり、ゆっくりと半日過ごせる。  映画の前売り券は、川崎駅を出て左手の丸井9階に『チケットぴあ』があり、チ  ネチッタで上映中の映画券を購入可能。ペアチケットもよく見かけます。  また、ここで行われる話題作の先行レイトショーでは、前売券での鑑賞が可能。  比較的始まる時間が早いことが多く、帰りの電車を気にしなくてすむかも。                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ┏━┓                       I N F O R M A T I O N ┃i┃登録・解除・お問い合わせなどについて ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   ClickIncome  (http://clickincome.net/mg_lt/mag/m00000031.html)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇サービス______________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Backnumber.toを利用したバックナンバー再送信サービスもあります。   http://backnumber.to/list.asp?userid=10007585 ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇協力・提携_____________________________◇ ◇   AntenneFrance(http://www.antennefrance.com/) ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   mailto:[email protected] ◇◇スタッフ______________________________◇ ◇   【編集長】      【記事執筆】      【ヨーロッパ支局】    中津川 昌弘     鳥野 韻子       hana               立野 浩超               山下 裕               MS. QT MAI ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   映画に関して、「人物」「作品」「映画祭」「制作」と言った観点から紹介・   論評するメールマガジンです。   Copyrights(C), 1998-2000 ScreenKiss  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。 ┼                                   ┼

タイトルとURLをコピーしました