ScreenKiss Vol.228

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.228
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆<   □映画からフィルムがなくなる! フル・デジタル・シネマの時代   □ハリウッド映画新作情報:アンチトラスト(原題)   □ベルリン国際映画祭情報6   □あなたのために   □アタック・ナンバーハーフ >☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆< >>☆1☆映画からフィルムがなくなる! フル・デジタル・シネマの時代1☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛  ミニ・シアターに行くとフィルム缶が椅子の下に置いてあることがあります。映  写室から漏れるフィルムの回る音。気持ちが高ぶる瞬間といったら大げさでしょ  うか? この100年間、映画とえばカラカラ回るフィルムでしたが、ようやくこの  フィルムが無くなる時代に近づいてきました。  レコードやテープレコーダーがCDやMDに変わり、さらにデジタルでダウンロード  するだけの時代向かう昨今、フィルムで撮影した映像を現像し、焼き増しして、  フィルムを映画館で映し出すという手順も、CGやデジタル・ビデオで撮影し、コ  ンピューター上で編集し、衛星通信で映画館のハードディスクにダウンロード、  それをデジタル映写機で映し出すという流れに代わりつつあります。映写技師は  ビデオデッキを操作する感覚です。そんな時代がもうすぐそこまで来ています。  今回スクリーンキスでは、今までに日本で導入されている3スクリーン(東京・  広島)でDLP技術のデジタル映画を見る機会のあった人ばかりにではなく、まだ  『DLP CINEMA』という言葉を聞いたことのない人にとっても分かりやすいよう  に、映画の未来形としてこの最新技術をレポートしてみました。  「もちろんDLPとは何か? から始めなければならないでしょうね。DLPってなんで  すか?新しい映画会社?」  DLP(Digital Light Processing)とは、簡単に言えばコンピューターのハード  ディスクから直接画像をスクリーンに映写する技術のこと。今まではせっかくデ  ジタル・ビデオで撮影してパソコンで映像編集した自作ムービーも、フィルムに  プリントしなければ映画館での上映ができなかったわけです。液晶プロジェク  ターを使用する事はできますが、画質が物足りない。最近新発売された機種では  かなり画質の向上を図っているようですが、構造的な問題があります。  この技術を用いて、ードディスクを接続すれば、フィルムにプリントすることな  く巨大スクリーンに投影されるという事が可能になる訳ですよ。液晶プロジェク  ターより明るくコントラストもはっきりしていますから、画質に不満を感じな  い。  ちなみに今どこの映画館にもある映写機は、光の前で色付きのフィルムを回し  て、光に色をつけてスクリーンに投影しています。液晶プロジェクターの場合、  フィルムの代わりに光源の前に液晶のフィルムを置き、コンピューターの信号が  液晶を変化させ、光に色を付けるということになります。つまり光を遮るのです  が、一方DLPの場合光を極小の鏡を用いて光を反射させているのです。この点で  まったく異なる技術ということが分かりますね。  続く                                 立野 浩超 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆2☆ハリウッド映画新作情報:アンチトラスト(原題)☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     AntiTrust     ★★★★☆     2000年/アメリカ     監督:ジョン・ヘイリー     出演:ティム・ロビンス、ライアン・フィリップ、クレア・フォラーニ、        レイチェル・リー・クック     日本年内公開予定  コンピュータ・エンジニアのマイロ(フィリップ)は、友人達と一緒に新しいプ  ログラムの開発に燃えていた。そんな折、大手コンピュータ会社『シナプス』の  社長、ゲイリー(ロビンス)から引きぬかれ、成功への道を約束される。しかし  その後、彼の親友が殺される事件が起き、彼は言い知れぬ陰の力を感じ始めるの  だが・・・。  ロビンス演じるゲイリーの、眼鏡に白髪混じりの坊ちゃん刈りスタイルが何とな  くビル・ゲイツを思わせ、この大手企業のモデルはもしや・・・、なんて思って  しまう。  盗聴の恐怖を描いた『エネミー・オブ・アメリカ』を思わせるストーリーではあ  るが、爆発や銃乱戦などアクション要素の強いこちらに比べ、コンピュータのみ  が武器となる本作の方が、現代的であり、心理的恐怖感は強い。  なかでも、社員の生まれてから現在までのあらゆる情報が全てコンピュータ登録  されているくだりには、ゾーっとするものがある。  タイトル通り、誰を信じたら良いのか解らない究極の状況に、コンピュータ一つ  を武器に立ち向かうオタク青年のか弱そうなキャラが、線の細い美青年のフィ  リップにはまっている。最後まで白か黒か解らない2大美女の共演は『ワイル  ド・シングス』を思わせるが・・・。  また、シナプス社の内装や、社長の超豪邸、和風のデコレーションなど舞台美術  がなかなかユニーク。デザインやインテリアに興味のある方にもお薦めデス。                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆3☆ベルリン国際映画祭情報6☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ □ニュー・ジャーマン・フィルムズ  2000/2001年にすでに公開済みのドイツ映画を集めたNew German Films部門で上映  された、日本公開の可能性の高い2本を紹介する。 □No Place To Go (Oskar Roehler監督)  オスカー外国語映画賞ノミネートを期待された、ドイツ国内でのレビューがすご  ぶる良かった作品である。ベルリンの壁の崩壊、という政治的背景をバックに、  かつて一世を風靡した実在の女流作家を描いた実話であり、実の息子が監督して  いる。  「No Place To Go (行き場がない)」というタイトルが突き刺さるストーリー  だ。Hanna Flandersは西ドイツ出身でありながら、共産主義的思想ゆえ東ドイツ  でより名声を博していた。しかしドイツは統一し、彼女の小説を出版してくれる  会社は最早ない。家族からも見放され、金もなく、身を寄せる場所を探してさま  よう。プライドと現実の板挟みの中で何とか生きようとする主人公と、あまりに  も冷たい現実の有り様が、白黒の映像で美しくも悲しく描かれている。  「孤独」の恐ろしさ、苦しさが身に迫る作品だ。日本の配給会社も興味を持って  いる気配あり。日本公開も遠くないはず。 □Der Krieger und die Kaiserin (The Princess And The Warrior)   (Tom Tykwer監督、ドイツ)  「ラン・ローラ・ラン」のTom Tykwer監督の新作。ローラ役の主演女優フラン  カ・ポテンテを再起用しての今作は、監督の「運命の廻り」についての深い興味  を前作以上に感じる作品である。  ある海辺の町に住む女性のもとに手紙が届く。手紙を読んだ彼女は看護婦のSissi  に手紙を書く。そこが廻りゆくストーリーのスタート地点だ。  手紙を受け取ったSissiは銀行に向かうが、その途中、絶体絶命の事故にあう。彼  女を助けたBonoのとの運命を一途に信じた彼女は、居所も分からない彼を探し当  てる。そしてSissiとBonoの運命が絡みあってゆく、、、。  「カン・カン・カン」とリズムよく鳴り響く音で始まるオープニングがまず高揚  感をそそる。話の途中まで「一体何が言いたい映画なのか?」と疑問に思いつ  つ、見せられてしまうぐいぐい引き込む映像は力強い。様々な要素を含んだス  トーリーが、ばらばらな状態から少しづつ全容が見えてくるようになるのだが、  話の構造の大胆さに監督のただならぬ才気を感じる作品だ。  信じたものをどんなに拒否されても信じつづけるSissiを演じるフランカの魅力  は、この作品の見所のひとつ。そして監督の「運命」についての執拗なまでのこ  だわりは、この作品により哲学的な意味を与えている。一発屋ではなかった監督  の底深さを見せつけられた、見応えある129分だ。                                   hana __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆4☆あなたのために☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Where The Heart Is     ★★★★☆     2000年/アメリカ     監督:マット・ウィリアムス     出演:ナタリー・ポートマン、アシュレー・ジャッド     http://www.foxjapan.com/movies/wthi/  17歳の妊婦ノヴァリー(ポートマン)は、恋人と一緒に車で町を出る途中、オク  ラホマのウォルマート(注:米国の大手スーパー)に置き去りにされ、そこで出  産するハメに。やがてそんな彼女を町の人々は暖かく迎え・・・。  原題の『Where The heart is/ハートはどこに』は主人公が恋人にお腹を触らせて  赤ちゃんの心音を聞かせたときに言う台詞。このエピソードがラストで生きてく  る。彼女の見知らぬ場所での自分さがしという物語とも重なる言葉で非常に意味  深い。(のに、変えるなって思いません?)  私は何故かナタリー・ポートマンの作品って全部見ているのだけど、感心するの  は一作ごとに確実に綺麗になっていき、演技も磨かれていること。優等生で知ら  れる彼女だけど、その裏にはただならぬ努力があることでしょう。  そんな彼女の成長振りが、世間知らずでおバカなノヴァリーが、精神的にも外見  的にも成長して行く5年間の過程と上手くシンクロしている。  子だくさんの肝っ玉かあさんを演じたアシュレー・ジャッドや、信心深い植木や  さんを演じるストッカード・チャニングなど、とにかく女性キャラの魅力全開の  映画で、男は女を殴ったり、酔っ払ったりロクなもんじゃない奴ばっか。故に、  監督は女性か?と思ったら意外にも新人の男性でした。  女は強し!という物語は『オール・アバウト・マイ・マザー』的なんだけど、結  局それぞれ愛する男を見つけて行くあたりはいかにもハリウッド的。そのへんを  すんなり受け入れられないと楽しめないかも・・・。ラブシーンの度に流れるク  サイ音楽はちと興ざめ。  とはいえ、どんなにヒドイ目にあっても人生捨てたもんじゃない!と思わせてく  れる説得力があり、今落ちこんでます、って人にはとりわけお薦めの癒し系の作  品である。  ところで日経新聞によると、ウォルマートは来年にも日本に進出の予定とか。映  画のように上手く行くわけはないのでくれぐれも住みついたりしないように!                                 MS.QT.MAI __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ >>☆5☆アタック・ナンバーハーフ☆<< ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛     Satree-Lex     2000/タイ/104分/カラー     監督・脚本:ヨンユット・トンコントーン     出演:チャイチャーン・ニムブーンサワット、        サハーパープ・ウィーラカミーン、ジョージョー・マイオークチィ、        ゴッゴーン・ベンジャーティグーン  今回は、4月に渋谷の「シネクイント」で公開が決定している、タイ発信のエン  ターテイメント・ムービー『アタック・ナンバーハーフ』をご紹介する。タイ映  画と言えば、1995年に岩波ホールで上映された『ムアンとリット』があるが、そ  れ以降、お目にかかる機会が全く無かった。タイ映画には、インド映画のように  歌と踊りという絶対的要素がないが、今作の『アタック・ナンバーハーフ』は、  娯楽映画であるのでストーリーが分かり易い。今作は、“カトゥーイ”、いわゆ  るタイのゲイが主人公となっている。  あらすじを簡単に述べると、オカマによるバレーボール・チームが、オナベの監  督と共に、国体のバレーボール大会を目指し優勝するというもの。単純かつ出来  過ぎの内容に、100%作り物と思うが、これがなんと実話というから驚き。観てる  時は実話とは信じ難いが、観終わったら納得させられる作りになっている。  今作で描かれたカトゥーイは、タイでは数多くいるという。しかしながら、社会  的なレベルは低かった。だが、今作により、タイの人々の意識を改革させたとい  う。タイの若者の間では、登場人物の真似をし女装した“サトリーレック族”な  るものが街に溢れたという。また、カトゥーイに対する肯定派、否定派に別れ賛  否両論を繰り広げるなど、メディアを巻き込む社会現象にまでなったという。そ  れらの効果もあってか、結果、映画は大ヒットとなり、タイ映画界歴代興収第2  位(1位は『タイタニック』)を記録しただけでなく、香港でも大ヒットを記録  した。  最後に、今作の出演者の中に本物のカトゥーイがいるという。あまりにも堂に  入ってるので、演技とは思えない俳優もいるが、本物は意外や意外、劇中最も美  しく、画面栄えする人。誰の事を言ってるのか、観て、ご自分の目で確認してみ  て下さい。ある意味、実話以上の驚きです。                                 吉田 浩二 __________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____                                     □ ◇◇星(★)の意味___________________________◇ ◇   このメールマガジンで表示されている星は5つが最高で、1つが最低です。 ◇◇メールアドレス変更・解除______________________◇ ◇   このメールマガジンの購読解除は、ご登録された発行元のホームページより出   来ます。こちらでの作業は一切しておりません。   まぐまぐ   (http://rap.tegami.com/mag2/m/0000007585.htm)   Pubzine (http://www.pubzine.com/detail.asp?id=1547)   Melma     (http://www.melma.com/mag/31/m00000031/)   マッキー!  (http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/           mail_backnum?freemail_id=412)   メルポット  (http://melpot.net-planning.co.jp/) ID:0000000008   ココデメール (http://mail.cocode.ne.jp/) ID:0200300007   emaga (http://www.emaga.com/music/intro/film.html) ◇◇広告募集______________________________◇ ◇   ScreenKissでは、広告を募集しております。   詳しくは、[email protected]へ ◇◇お問い合わせ____________________________◇ ◇   色々な情報やアイディアや感想などありましたら下記のアドレスまで投稿をお   願いします。そのほか編集に協力して下さる方も募集しています。   i[email protected] ◇◇ScreenKissについて_________________________◇ ◇   ホームページでは過去に記事を参照できるようになっています。   http://www.ScreenKiss.com/   Copyrights(C), 1998-2001 ScreenKiss Entertainment  掲載された記事はいかなる形式であれ許可なく転載は禁じられています。  発行人・編集長 中津川 昌弘 ┼                                   ┼

タイトルとURLをコピーしました