ScreenKiss Vol.243

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■
  ,.`☆
  .;^☆ S C R E E N K I S S
.’
Vol.243
■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

>☆ C O N T E N T S ☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆S_c_r_e_e_n_K_i_s_s☆>☆1☆フリーキー・ラブ☆でも話題を呼んでいる作品。

 ドラッグの売人をしている青年アレックスは、金を払わない客とトラブルにな
 る。そんな彼に客の恋人の女性フレッドが近づいてくる。彼女は気のある素振り
 を見せたかと思えば、クラブで一人ぼっちでいた寂しげな女性、シルヴィアを誘
 え、とけしかけたりもする。ひょんなことからホテルで一室を共にした3人の感
 情が交錯する・・・。

 とにかくセリフが活きた作品。『ときどき無性にパイが食べたくなるの。』と
 いった日常的なことから『セックスと愛は別のものなの?』などの恋愛論に至る
 まで、実際に自分が口にしたことがありそうなものばかりでなんともリアル。

 内向的でシャイだけど感情をストレートに表すシルヴィアと、大胆で小悪魔的な
 のに、実は感情を素直に出せないフレッド、女性であればどちらに感情移入する
 かでこの作品の見方が変わってきそうで面白い。男性であればどちらを選ぶか、
 とかね。

 今回監督をはじめ、主演の3人が揃って来日した。(ルーは夜のパーティから参
 加。)

 パーティ会場では、抜けるような白い肌にブルーのドレスが繊細なイメージの
 キャロリーヌと、モデル出身の長身を黒いドレスに包み、タバコをくわえたセク
 シーなルーに挟まれて、アレックス役のギヨーム・ソレルが談笑しており、なん
 だか映画そのままの構図にニヤリとしてしまったのでした。

                                MS.QT.MAI
__________________________________________________S_c_r_e_e_n_K_i_s_s_____
                                    □

>>☆2☆リザ☆>☆3☆栄光のあまりに狭き門☆>☆4☆リハーサル(仮題)☆>☆5☆ロンドン映画情報:パール・ハーバー☆