フランス映画紹介

ねじれた愛去年の「嘘は真実」でもユダヤ教を扱っていたけれど、この作品ではそれにゲイが加わって物語的に幅。各キャラクターの扱いがきっちりして面白かった。

アントワーヌ・ドゥ・コーヌ(男優)実物はまず普通のハンサム。作品ではあごひげをはやしたゲイの役でクラリネットを吹く様など実物よりハンサムでした。でもなかなかウィットのある素敵な印象でした。

エリザ・ジルベルシュタイン(女優)昨年の映画祭での「正装のご用意を」で出演していました。「ミナ」で有名だけど「恋人たちのポートレート」ははじめちょっとずれた可愛い女の子をさせるとピカ一。笑顔がとても可愛い。

ジャン-ジャック・ジルベルマン(監督)映画館も経営していると言う監督。とってもおしゃべりで本人自体楽しげな人でした。

ジャンヌと素敵な男の子

ヴィルジニー・ルドワイヤン(女優)ここ数年映画祭で来日している。映画も実物も申し分なく可愛い!

マチュー・ドゥミ(男優)お母さん(A.ヴァルダ)の顔を色濃く踏襲した感じ。「百一夜」では華奢な少年風だったのに実物は結構たくましげ。

変人たちの晩餐会終始笑える。絶妙な間や展開上手い脚本と役者の賜。さすが舞台作品。

ティエリー・レルミット(男優)この人も思い入れが強いのですが、、、舞台挨拶はオープニングより超ラフ。超簡単なサインがちょっとがっかりだったけれど2ショットを頼んだら立ってくれただけでも感激!背は高いが思ったよりがっちりしていた。

パパラッチ監督の前作が頭にあったので覚悟していたら割と社会的な面もあり、心の琴線に触れる所あり、で意外な期待はずれだった。

アラン・ベルベリアン(監督)この人の第一作目のしょーもない「カンヌ映画祭殺人事件」のチラシでは表記がバーバリアンになっていて一体どんな人だろうと思っていたらDホフマを可愛くしたような人。

ヴァンサン・ランドン(男優)(個人的に私のお気に入り)「女と男の危機」で組んだ(これまた私の好きな)パトリック・ティムジットと再び組んでよいコンビネーション。得意の哀愁漂う中年がはまっていました。

エリーズ・ティエルロワ(女優)この人「シリアルラバー」でも登場。ブロンドの典型的な美人。作品の中より本物の方がエレガント。それでいて物静かで好感が持てた。

情事のあとかなり女性の個人的感覚の映画。愛人との別離語の苦しさってのがすさまじすぎて妙に生々しくて何か疲れる。編集者とスランプの作家の砂時計のような関係をも表現、、、と言うところは解るのだけれど。

ブリジット・ルーアン(女優)個人的には(大好きな)「オリヴィエ オリヴィエ」のお母さんの役が印象的だったが、ちょっとスーザン・サランドン似の可愛らしい人だった。

シリアルラバー巧くコミックを取り入れたテンポの早い作品。何となく話の先が読めるが結構楽しめる。

ジェームス・ユット(監督)サイン会に行ったら妙にハイでこんな人が友人に一人でもいたら結構うるさいけど楽しいかも、、、と言う感じの人でした。

ミッシェル・ラロック(女優)最近「ペダル・デュース」「僕のバラ色の人生」と映画祭でも出演作が続いている。映画の中では割とプライドが高いインテリ役が多い彼女、実際はヘヤダイなどかすごいブロンドで思ったより落ち着いた雰囲気の人

ルール違反プログラムの説明ではなんだかコメディーかと思ってみてしまったのでどうもシリアスな内容に驚愕してしまった。実名で役者が本人を演じるのは珍しいことではないけれど、後半の密室での進行は舞台劇のようだ。

アリエル・ドンバール(女優)「海辺のポーリーヌ」「美しき結婚」などロメーヌの常連。最近はアンリ・ベルナールとの結婚で「知」と「美」の結婚とか言われていたくらい美しかったが、やはり老けました。風邪で来られなかった友人へサインを頼んだら元気になってと言ってくれました。

愛と復讐の騎士フランスでは公開したそうで、フランス人によれば比較的評判は良いとのこと。

ヴァンサン・ペレーズ(男優)「インドシナ」「恋人たちのアパルトマン」「愛と巡り会い」と段々頭が寂しくなってきたというイメージが強く、確かにそうだったけれど本人はとても良い感じの人見方が変わりました。

マリー・ジラン(女優)「さよならモンペール」で一気にファンになった私。あれから数年経っても少女臭さは抜けても可愛らしさが変わらない。彼女の周囲は華やかなオーラがあったのは気のせいでしょうか?

映画評論家 坂田洋子