クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代

グスタフ・クリムトとは一体、何者だったのか?
貧しい生い立ちから華やかな社交界で注目される術とは?
先週末公開の新作映画から一部を特別公開!

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。人間の不安や孤独や恐れを、世紀末的官能性のなかで描いたその作風は、今も色褪せることなく輝きを放ち、人々の心をとらえ続けている。

 
本作『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』は、その没後100年となる2018年に製作された注目の美術ドキュメンタリー。豊富な映像資料で、クリムトとシーレが生きた19世紀末ウィーンに花開いたサロン文化と、彼らの愛と官能性に満ちた絵画をつまびらかに見せつける。その精密な絵画の世界は、我々見るものを、いつしかウィーンの世紀末にいざなってゆく。


本作はまた、4月23日より7月10日まで東京都美術館にて開催されている「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の特別タイアップ企画でもあり、映画と展覧会を併せて楽しむこともできる。さらに日本語ナレーションを俳優の柄本佑が担当。海外ドキュメンタリー映画のナレーションは初めてとなる柄本の参加も話題の作品だ。


鑑賞後の来場者からは「映画を観て、背景を理解してから展覧会に行けば、展覧会の理解がより深まる」などの感想があがっている。


今回、解禁された本編動画では、柄本佑が吹き替えを担当しているイタリア人俳優ロレンツォ・リケルミーの案内で、「グスタフ・クリムトとは一体何者だったのか?」という部分にフォーカスしたシーンが切り取られている。

その貧しい生い立ちから、洗練されたウィーン社交界で上流階級の女性たちと関係を築くようになるまで、彼がどのような術を使ってのし上っていったかが、貴重な資料とともに語られる。

特に、動画後半では、彼の死後、親密な関係をもっていた多くの女性たちが「クリムトの子を授かっている」と法廷に訴えがあったことなど、当時のウィーンを騒がせたゴシップも語られ、クリムトの人となりがうかがえる。

グスタフ・クリムトとは?

世紀末ウィーンを代表する画家。ウィーンの工芸美術学校に学ぶ。初期にはアカデミックな作風で才能を認められ、劇場の壁画装飾などで名を馳せる。1897年に保守的なウィーンの画壇から離脱し、「ウィーン分離派」を結成。自ら初代会長として分離派会館を中心に多くの展覧会を開催しながら、新しい造形表現を追求した。

同世代の芸術家らと共に、絵画、彫刻、建築、工芸の融合を目指す総合芸術を志向する。エゴン・シーレら次世代の画家達にも多大な影響を与えた。

タイトル:『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』 
英題:KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
出演:ロレンツォ・リケルミー、リリー・コール 監督:ミシェル・マリー 脚本:マリアナ・マレリ
2018年/イタリア/イタリア語、ドイツ語、英語/カラー/94分/ドキュメンタリー
協力:朝日新聞社 後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム 
配給:彩プロ 宣伝:テレザ、プレイタイム、佐々木瑠郁