オランダ映画祭 ’99

オランダ船リーフデ号が大分県に到着したのは、1600年の4月。2000年は日蘭友好400年に当たります。そこで ’98年より3年間に亘り開催されている「オランダ映画祭」。今年は2回目です。東京を皮切りに順次全国を巡回する予定。

オランダ映画といえば、最近は『アントニア』『キャラクター・孤独な人の肖像』に続き、『アムス→シベリア』『ドレス』等が公開されています。

Four Fresh! ’99+2 後編

映画美学校の生徒さん達のフレッシュな作品を紹介する、Four Fresh!。

今年は第一期高等科生の作品を加え『Four Fresh! ’99+2』としてユーロスペースにて公開中です。

後編は、Bプログラム作品3本をご紹介致します。

後日、『意外と死なない』と『薄羽の蝶』の監督のインタビューを掲載します。

スケジュール等詳細はScreenKiss Vol.44を参照ください

■Bプログラム9月25日(土)~10月1日(金)

◇『薄羽の蝶』カラー/16mm/23分(+2)

Four Fresh! ’99+2

映画美学校の生徒さん達のフレッシュな作品を紹介する、<Four Fresh! >が、昨年に続き、今年も渋谷のユーロスペースでこの秋、レイト公開されます。監督、撮影は勿論、製作等に至るまで全て、学校の生徒によるものです。この機会に、是非新しい才能をみつけに出掛けてみませんか?

作品については、2回に分けてご紹介します。後日、『意外と死なない』と『薄羽の蝶』の監督のインタビューを掲載します。

□スケジュール

PFFアワード99

□『あおい夏』1998年/カラー/8mm/25分

監督・脚本・編集:渡辺充浩出演:中村雪子、高田信吾、土屋直子

◇ストーリー夏のだるい日射しの中で、延々繰り広げられる男女4人の人間関係。それぞれが、変化を求め、それでいて離れられない青春のひとコマ。

フランス映画祭って

この映画祭は、フランスでも封切りされたばかりとか、または封切り前の作品を見られる貴重な機会でもありますが、フランス語を学ぶ人たちにとっては、また別の意味で、足を運んで損はないイベントです。来日ゲスト達のユーモアたっぷりの舞台挨拶や観客との質疑応答の内容が逐一、一流の通訳達によって訳されていく、その様子を目の当たりにできるしあわせ。フランス好きの人には、実にたまらない場なのです。

総評

毎年6月の恒例となったフランス映画祭横浜も今回で7年目を迎え、10 日~13 日の4日間、桜木町のパシフィコ横浜は大勢の人で賑わった。

梅雨とはいえ、連日真夏日の中、9:00台からの1本目の上映もほぼ満席という盛況ぶりで、初のレイトショーも、かなりの観客が席を埋めていたのには吃驚した。