マトリックス

聖書や理論数学を下敷きにし、ギリシャ神話や不思議の国のアリスを引用して、実に複雑な世界を創っている。物語が終盤へと進むにつれて、予言者ヨハネ、裏切者ユダ、キリストの奇跡と死そして復活と、まったく聖書をなぞっていく。これは科学が先端的にってきた現代に、時代が精神性を要求し宗教への郷愁を孕んできたことの反映だろう。現実が仮想空間だという設定は、「トゥルーマン・ショー」を思い出させるが、ヒューマンなタッチの「トゥルーマン・ショー」とは異なり、この映画は無機質でばりばりのSFXである。

手や足が切断されても、あたかもその手や足があるかのように痛いと感じるという。それは脳が、かつてあった手や足を覚えており、その部分が痛さを感じるから、すでに失ってしまった手や足にも痛さを感じるらしい。だから、脳内を走る電気的な刺激と脳を含めた肉体を別のものと考えることが可能になる。しかし、仮想社会でも人間が実感をもって生活している以上、それが現実ではないとは言えないだろう。この映画は全面的な整合性があるわけではないが、論理的な矛盾を差し引いても充分に楽しめる。

この映画の凄いところは、CGIやSFXを多用して仮想空間の話にしていながら、その背景には精神的な物語がたっぷりと隠されていることである。ヒロインの名前が三身一体のトリニティ(キャリー=アン・モス)だったりだけではなく、まずネオという設定が新たな社会の救世主である。コンピューターという原罪で汚染された人間を救うのが、またコンピューターオタクの人間である。これはキリスト教がユダヤ教から生まれながら、ユダヤ人とは一線を画していることによく似ているし、単なる過去への回帰とも違うスタンスである。そうでありながら、キリストのように救世主が人間を救うのではない。ネオに救世主の役をやらせながら、現世を救いきれない終末は、むしろユダヤ教的な世界ですらある。

演技の下手なキアヌ・リーブスには、喜怒哀楽を微妙に表現せずに済むこうした映画がはまり役である。また、ヒロインを演じたキャリー=アン・モスが、無機質な映画の雰囲気と合って、とても格好良かった。そして、エージェント・スミスを演じたヒューゴ・ウーィービングの演技が抜群に上手かった。

ラリーとアンディー・ウォシャウスキー兄弟は、「バウンド」を1本撮っただけのほとんど新人である。これほど金のかかった映画を、それほど実績のない若い監督に、ハリウッドは良く撮らせるものである。若い監督でも、上手い売り込みと才能があれば、大金を投資するアメリカの体質がこうした映画を作らせるのだろう。それにしても、アメリカの監督たちはよく勉強している。それは画面の端々から充分に感じる。彼等の愛読書に、ゲーデルが入っているというのも理解できる。

匠 雅音

マトリックス

この映画はSFXものに当たるかも知れないが、スターウォーズのような映画を毛嫌いする人間でも、一見する価値はありそうだ。

このコマーシャルも上手くできており、この映画にはしっかりとしたストーリーがあるが、この広告を見た限りではそれは分からない。むしろこの作品で使われているCGを駆使した部分はこのコマーシャルで全て見れてしまうと言っても過言ではないが、もちろんこれは映画館で見たいものだ。

この作品を見ていくと、始めのうちは主人公の男性が混乱するのだが、これは見ている僕らも混乱し、どうなっているのか?と言う気持ちになる。後半の部分ではストーリーが見えてきて単調になりがちだが、この映画の特徴でもある最新のSFXが使われより楽しめる。

このストーリー、確かに新しいのだが、こういう近未来的な物語にはどこか共通するものがあるような気がする。昔見たアニメーションの映画の「地球へ」とかテレビの銀河鉄道009の哲朗が永遠の生命を手に入れるために旅をするが、それはただ単に建造物の一部にされてしまうだけというのだ。

今回の作品で、キアヌ・リーブスは復活したように書かれているが、はまり役なのかどうか分からない。確かにコンピューターのプログラマーという点では良いのだが、カンフーのシーンはもう少し迫力が欲しかった。しかし、その穴を埋めるべくキャリー・アン・モスやロレンス・フィッシュボーンがアクションを補完している。

ところでこの監督、ウォシャウスキー兄弟なんて今までほとんど聞いたこと無いはずだが、それでお金がかかるSFXの作品を撮れたと言うこともかなり驚きである。多分次回作も期待されているだろうし、物語もそれを臭わせる終わり方をしている。

彼らがもっとビッグになって、帰ってくることを願いたい。

マトリックス

マトリックスとは何か?
matrix
1.母体、基盤 2.母型 3.[電]マトリックス、行列 4.[電算]マトリックス(入力導線と出力導線の回路網)<リーダーズ英和辞典>よりこんな意味である。

予告編は何回見ただろうか。でも・・・ついに、「マトリックス」を観る時が来た。そして、何かが分かる時が来た・・・

・・・素直に面白い。何よりもカッコイイ。かといって、ハリウッドの近未来映画によく見られがちな、空虚な単純さはない(・・・ストーリーが少々ややこしい、深いというのか)。とても広がりのある世界を体感する。

さらにアクションは、CGやワイヤースタントなどを織り交ぜながら、ストレート、スピーディー、そして強烈なインパクト。そして何でか、カンフーや柔術が出てきて、しまいには、アクロバットや空を飛ぶ始末。・・・何でもあり。

映像に関しては、一つ一つのショットがきまっていて、とても絵になる。CGの使い方も効果的で、映画にうまく溶け込んでいる(現実の世界であるネブカドネザルはどことなく「エイリアン」的では)。そして、アクションシーンの編集についても、実に上手い。・・・目を奪われる。

個人的に特に印象に残るシーンは、何といってもビルでの銃撃戦。とにかく撃って撃って撃ちまくり、さらにはスローモーションの乱れ撃ち。側転しながらマシンガンを撃ちまくるショットには、思わずイッツクール。ここでは、もはやサム・ペキンパーやジョン・ウーもかすんでしまう。・・・圧倒される。

役者に関して言えば、特にキャリー・アン・モスがすばらしい存在感。スタイルが良いので、黒ずくめのコスチュームも良く似合い、アクションについても、動きが美しく、様になっている。もちろん、キアヌは言うまでもなく。・・・文句なし。

で、・・・マトリックスとは何か?

映像的な部分でのマトリックスについては、実は・・・、すでに映画を観る前に大部分は分かっていた・・・。

要するに、私にとっての目新しい印象深い映像は、もう予告編でかなり見てしまっていたのであった・・・・・・。

映画を観終わり、ふと・・・、続編とは果たして期待できるのか?どうも大味になりそうなストーリー展開。さらにこれを上回る、インパクトのある映像を果たして見せてくれるのかどうか・・・・・・。ウォシャウスキー兄弟さん、どうか頑張ってください。

山下 裕

マトリックス

既にwww.whatisthematrix.com/japanはご覧でしょうか?結構凝ったつくりのこのサイトは、映画の秘密を垣間見る事ができるお勧めです。(しかし結構重たいので56Kモデムでないと。)

カンフーを取り入れたワイヤースタント(ワイヤーワーク)と毎秒1万2千コマをあやつるマシンガン撮影の魅力は映画が始まると共にいきなり登場する。この映像を見るだけでも価値がある。

独創的なストーリーの枠組みもあり、このSFはSFファンでなくても問題なくすんなりと入り込めるのではなかろうか。

視覚効果監修のジョン・ゲイターいわく、「「アキラ」や「北斗の拳」を目指し、日本のアニメがやっている動き表現したかった。」と。いまハリウッドはジャパニメーション(日本のアニメーション)を研究していることに間違いない。

緑のコンピューターをイメージさせるカラーは見ているうちに脳裏に焼き付き、自分の中でも次第に理解していくWhat is The Matrix の答えと共に、マトリックスがここに存在しているのではないかと錯覚させるだろう。

但し、日本的というか中国的なイメージのシーンになるとやはりハリウッドの一番弱いところ。いいかげんなインテリアは惨めだ。なさけない掛け軸、建築に泣かされる。

3部作のうちの第1話というこのストーリーはまだ始まったばかりで、実際この映画を見終わってすぐさま第2話を期待してしまった。次回作では未来での戦闘が続くのだろう。第1話だけでは「ブレードランナー」に及ばないSFという評価だが、2、3話で完結した暁にはもしやそれを超える事ができるのかもしれない。第2話しだいでは第3話が今回のSTAR WARS EPISORD 1のようにシリーズのように迎えられることもあるのではなかろうか。反対に第3話が作られないという可能性も十分にあるが。

実際そのころにはさらにCGはグレードアップしているから、今回の映像を超えたものが生まれるのは間違いないわけだから、それをいかにコントロールしていくか、まとめていくかが監督の手腕だ。ただ使うだけではろくな作品がうまれない。今見てもまだ新鮮に感じる「ブレードランナー」や、その他の名作がなぜそうなのかという辺りに答えがかくされているのだろう。

立野 浩超

STAR WARS

皆さんご存じの通りいよいよ日本上陸です。

6月12日の有楽町での大試写会以来、初上映が6月26日の先々行オールナイトとなり、つまりこの日が実質オープニング。

早朝から座り込んで列の先頭を埋めた一部コスプレ、最低でもSTAR WARS-Tシャツを着ていたファンのことは新聞、テレビでご存じでしょうが、実際は約3時間前には並ぶ必要があったようだ。

私が観た、ジュラッシックパークの時はそれほど混みあっていなかった印象の川崎のチネチッタ(チネグランデ844席)では8時からの上映で都内で一番先に見られるということもあり、2時間前にはすでに400人を超す列ができていた。

会場7時の前に、列の順にパンフレットの販売が行われ、最後に達する前に売りきれ。仕入れが現定数ということで当日ほしくても手に入らなかった人もいたありさま。これも策略かと思ったが実際あの800円の写真満載のパンフレットは信じられないほど売れていた。これほど売れるのも本当に珍しいですね。映画を観る前には決してパンフレットを購入しないポリシーでも、あの雰囲気では買ってしまうだろう。私の前の列のほぼ7割が購入したと思われる。もちろん会場後も館内のグッズ販売コーナーには列が上映間近まで途切れることなく続き、多くの品目が売りきれ状態。形態電話ストラップは 「ヨーダしか手に入らないよ」との声が聞こえてくる。

この雰囲気はまるで某映画祭のオープニングを思わせる。しかしゲストもないのにこの熱気にはあきれる部分も正直いってあるが、STAR WARSファンの多さを実感する。年輩者の数人のグループが「ヨーダが若く見えるんだって。髪が多いらしいよ。」と盛りあがるのをに耳をかたむけると、少々間違えた記憶を曖昧に話しているようだが、この映画を楽しもうという周囲の気運が伝わる。

さて、映画に関して書くとついつい批判ばかりになりがちだが、果たしてこの映画に対して批判が可能かどうか自分に対して疑問を感じてしまう。なぜなら私も1ファンだからだ。

まずオープニンブ前の最初の宇宙に消えていく字幕に関しては何も言うことないだろう。あれは一種の特許のような物で、洗練されたオープニングであり、ソール・バスも驚きの文字の演出だ。これをしっかり読むことは確かにストーリの理解を助けてくれる反面、まったく読めなかった場合でも全体のストーリーの骨格がしっかり している為か難なく理解できていく。

引き続き2人のジェダイが多少のアクションをこなしながら進展してくあたりは確かにいい構成となって、観客を引きつけながら物語の骨格をしっかりと形作る。このあたりは観終わった後では忘れがちで脚本のよしあしの判断には入れられないことが多いが私にとっては最も重要な要素の一つとなる。簡単なことのように思われるがこれがなかなか難しく、フランス映画祭のコメントでも触れたが、この前半には説明口調になり人物関係をはっきりさせることに徹した場合の退屈さがない。STAR WARSシリーズでは最初の第1作・新たなる希望(77年)でも同様に唐突なオープニングを見せつけられている点を考えると、この映画が本来9部作であることを思いださせる。1本2時間だとすると合計18時間の映画なのだから、細かい説明は省いても全体像が見えてくるといったところだろう。

但しまれに映画界の中には「実はこの映画は8時間物として撮影している。配給会社の意向に制約されて編集で2時間にした。」というわけのわからない発言があるが、もしオリジナルのまま8時間見せつけられた場合の退屈さは想像を絶する。

この映画は演技を見せる映画ではないが、ユアン・マクレガーは最近の映画を観る限り演技達者な役者だし、リーアム・ニーソンもそれなりの演技ができる役者だ。ナタリー・ポートマンはどうも演技が幼稚な気がするが、それでもあの衣装とへアースタイルで圧倒してくる。宣伝とおりにCGは美しく、更に実写部分との違和感がない映像をつくりあげている。舞台も次々と移り変わりその風景に驚きを感じる。素直に楽しめる映像で、それこそこのままディズニーランドに移してアトラクションのできあがりといったところ。

さらにダース・モールのいかにも塗りたくったフェイスペイントといい、はだかのままのC3-PO、CGではないヨーダの動き、3色そろったラートセーバーといいこの世界がスター・ウォーズだと言わしめている。

随所に日本的なデザイン、黒沢的なグンガン族の戦闘シーン、日本のロボット物アニメの影響を感じさせるメカニカルデザイン。いまにもハン・ソロ船長(ハリソン・フォード)がでてきそうなジャバ・ザ・ハットの城。文句のつけようがない。

ネタがばれていようが、実際に映画館にいかなければ損をする。また、映画館でみなければ観たうちに入らない。

とにかく必見。ただし、もしあなたがSFや、アクション物なんて観ないという人であれば、もちろんたとえこれを観てもその意見は変わらないでしょうから、そんな人がむりやり恋人に引っ張られて観てしまうことのないように注意。

立野 浩超

「ロスト・イン・スペース」はココも見どころ!

クリスマスから新春にかけて注目度大の洋画といえば、やはり SF 映画「ロスト・
イン・スペース」か。アメリカでは公開するやいなや、あの「タイタニック」を
追い抜ぬいてたちまち興行成績トップに躍り出たという作品。日本でも 12 月 12
日の一般公開に先駆けて5日(土曜)の夜に新宿で先行ロードショーが行われた
ので、もう見た人もいるかもしれない。

ザンネンながら私は見なかったが、その代わり日本ビクターショールーム「ニッ
パーズギンザ」の「 SF 超大作『ロスト・イン・スペース』、オープニングの6
分間の CG はどう作られたか?」と銘打ったイベントを覗いてきました。

そう、この映画、ゲイリー・オールドマンの怪演も見ものらしいけど、SFX がお
得意なハリウッド製だけあってそっちのワザもかなりのものらしい。とくに CG
は全 756 ヶ所、「ジュラシック・パーク」の2倍以上も使用しているという。
で、この日はその道に詳しい日比野陽一郎なるお方が、とくにすごいといわれる
オープニングの6分間について解説をしてくれた。(話は少しそれますが、参加
者は老若男女さまざまでした。後半にデジカメかなんかを取り出して写し始めた
初老のカップルまでいたのにはビックリ。若い女性が意外に多かったのはゲイリ
ー人気のなせる技でしょうか。後で分かったのですが、フジテレビの CG 担当者
も来ていて、なるほど、専門家にとっても注目度大の映画なのかと知ったのでし
た)

さて、「オープニングの6分間」について。何と、宇宙も地球も主人公たちが乗
っている宇宙船ジュピター1も、戦闘機(バブルファイター)もみーんな CG な
んだそうな。CG 映像にちょっと詳しい人なら驚きもしないだろうが、私は何も知
らないシロートなので驚いた。ホリゾント(青バック)を使った合成映像なら TV
番組でさえ多用されているのは知ってるが、まさかここまで何もかもが CG で構
成されてるなんて思いもよらなかったのだ。だって、映像がほんとにリアルなん
ですよね。

戦闘機バブルファイターの場合、主要キャラクターの一人、ダン少佐が乗ってい
るシーンは、操縦席(ほんとに椅子のみ)と操縦桿とダン少佐だけが本物。本体
も背景の宇宙も CG だ。しかもダン少佐の顔がよく判別できないぐらい戦闘機
が小さく映る部分では少佐さえニセ者。CG の本体の中に少佐の顔写真を張りつけ
た CG 人形を乗せているという。ただし人形といっても人間の動作をモーション
キャプチャーなるソフトで読み込んだデータを使用して、人間同様の動きをする。
つまり、たとえ観客にははっきり見えないシーンでも、戦闘機の中ではこの CG
人形が手抜きせずちゃんと演技しているってわけなのである。日比野氏は「カンタンなんですよ」とか言って、 CG 人形の作り方をチョチョイとやってみせてくれたが、実際に映像の中にいちいちそれを組み込むことを考えたらけっこうな手間。省いてもいいようなところも省かずきっちり描いていく、これが CG でリアリティを出すコツなのかもしれないと感心したものだ。

ちなみに、私にはその数字の価値がとんと分からないのだけど、バブルファイターが 25 万ポリゴン、ジュピター1にいたっては 320 万ポリゴン。日比野氏が感動をこめて話していたから、かなり忌みのある数値なんだろう。

おもしろい裏話をひとつ。「オープニングの6分間」では宇宙の塵がひっきりなしに飛んでくる。これもすべて CG なのだが、この塵、まず動きから作るそうな。アトランダムに飛んでくる塵が向こうから手前へと移動する、その軌道を最初に設定するので、物体の形は当初は球や四角柱などプレーンなもので代用することが多い。この映画のときにはユーモア溢れるスタッフが物体のいくつかをテディベアで代用した。そう、クマさんですね。軌道の設定が終わると、いよいよ物体を宇宙の塵らしい形に置き換える作業に入る。しかしこの塵、無数に近いほど大量にあるから置換作業はとてつもなく大変だ。それでどうやらひとつふたつ置換忘れがあったらしいのである。日比野氏の話だと、画面の中には何やらテディベアっぽい塵があるとか無いとか。そういや私が見たときもそんな形があったような……。

見事テディベアを見つけた人には賞金を差し上げます!

なんてのはウソだけど、もし「ロスト・イン・スペース」を見に行ったら、宇宙の場面ではちょっと目を凝らしてみては? クマさん型の不思議な塵を発見するかもしれませんよ。

日比野氏は他にもいくつかの例について実際に目の前のパソコンをいじって実演しながら説明してくれたので、何も知らない私でも CG の作り方についてかなり知ることができ、なかなかおもしろいイベントだった。CG の好きな人のために付け加えれば、「オープニングの6分間」を製作したのはイギリスの The Magic Camera Campany。他に「ベイブ」をはじめとするクリーチャー製作の第1人者ジム・ヘンソン工房など、全 12 工房が CG 作りに参加している。もちろん NASAのアドバイスもあり。使用ソフトウェアは Avid Media Illusion / Elastic Reality / 3D Studio Max / Light Wave など。

映画ファンのために付け加えれば(とっくに知ってるだろうけど)、この作品は65 年から 68 年にかけてアメリカ CBS で放映された TV ドラマ「宇宙家族ロビンソン」のリメーク。テレビ番組で主要な役柄を演じた俳優たちは、今回、映画の中では別な役でさりげなく登場しているそうだ。またテレビ版は日本テレビで土曜深夜に放送されているので、興味のある人は見てみたら? けっこう笑えます。

それにしてもハリウッドの技術は進んでる。それに、俳優さんも大変だと今回はつくづく思った。だって、操縦席と操縦桿だけのちゃちなセット、青い壁を背景に、スピード感あふれる宇宙戦争を演じてみせなきゃならないんだからね。こういう演技で万が一アカデミー賞を貰えたとしたら、1.演技の天才、2.選んだ奴等がアホ、3.あるいは同業者として同情した、のいずれかだろう。まあ、1ってことはほとんどないと思うけど。

□12月12日、全国の松竹洋画系、東急系でロードショー
監督:スティーブン・ホプキンス
(「エルム街の悪夢5」「プレデター2」など)
CAST:ジョン・ロビンソン/ウィリアム・ハート
妻モリーン・ロビンソン/ミミ・ロジャース
長女ジュディ・ロビンソン/ヘザー・グラハム
次女ペニー・ロビンソン/レイシー・シャベール
長男ウィル・ロビンソン/ジャック・ロビンソン
ダン・ウエスト少佐/マット・ルブランク
ドクター・スミス/ゲイリー・オールドマン

quittan